follow me

ハッピートイズ。

毎年、恒例で行っている「フェリシモハッピートイズ」のワークショップを今年は、夏にも開催します。今年のテーマは「やさしいコアラさん」。今回は、夏休み企画ということで、親子で1体作っていただく予定。

コアラってどんな顔してたっけ???とか、この時期にあみぐるみはちょっと暑いよね。などとスタッフと話しながら、制作開始。

どうすればかわいい顔に仕上げられるか、ポイントを探りながら作ります。コアラといえば、大きな耳と鼻が特徴。かわいさのポイントは鼻と目の大きさのバランスのようです。

ワークショップの詳細はこちら

ぜひ、夏の暑い1日を美術館で涼しくすごしてみてください。

※ちなみに恒例の冬のワークショップもございますので、大人の方は、冬までお待ちくださいませ。

福。

たなばた列車

この23日から六甲ライナー車内では

六甲アイランド小学校、向洋小学校の生徒たちが書いた

七夕の短冊とともに、かわいらしい七夕飾りで彩られています。

サッカー選手になりたい。ケーキ屋さんになってケーキを作りたい。などなど

今も昔もこどもたちの夢は変わることがないのだな、と

自分のこどもの頃の夢を思い出したりもしつつ、あたたかな気持ちになれました。

そんな七夕仕様の六甲ライナーは

ひこぼし号・おりひめ号として、7月7日まで運行しておりますので

会期終了が近づいてきている『憧れのイヴニング・ドレス展』をご覧いただきながら

行き帰りの六甲ライナーでは短冊に書かれた願いごとを眺めつつ、

幼かった頃の自分の夢などを思い出してみてはいかがでしょうかhappy01

ribbon

『憧れのイヴニング・ドレス』展の会期、残すところ10日となりました

今週は神戸市域においても、週明けから昨日未明まで、大雨や洪水に関する警報が発令され、ひどい雨風が続きましたね。梅雨入り後、あまり雨に降られていなかったところへ台風までやってくると、単純にビックリもしましたが、それ以上に自然エネルギーの大きさをあらためて思い知らされました。
自然エネルギーの大きさも去ることながら、自分と云う存在と外部との関係にも気付いていない大きな領野が潜んで広がっているのではないでしょうか。

今回ご紹介しますのは、高橋昌一郎著『感性の限界 -不合理性・不自由性・不条理性-』(講談社 2012年4月18日刊)と云う本です。
著者の『理性の限界』(2008年)と『知性の限界』(2010年)に続く“限界シリーズ”の三冊目です。『理性の限界』では、選択の限界・科学の限界・知識の限界について、『知性の限界』では、言語の限界・予測の限界・思考の限界について書かれていましたが、今回は、「行為の限界」・「意志の限界」・「存在の限界」といった、私たち人間を説明するのに欠かすことのできない「感性」というものに焦点を当て、「愛」・「死」・「自由」といったものを含め、カーネマンの行動経済学、ドーキンスの生存機械論、カミュの形而上学的反抗など、様々なテーマについて書かれています。
続編であることを気にせず本書だけでも読めますし、前二冊と本書で新たに扱われている3つのテーマをあわせて「不可能性・不確実性・不完全性・不可測性・不確実性・不可知性・不合理性・不自由性・不条理性」の9つの視点から多角的に現実世界の限界に迫るという読み方もできます。
一年のうちでも昼間の時間が長いこの時期、すっきりと目覚めた“朝活”時間の頭のストレッチのお伴にいかがでしょうか。

現在開催中の『憧れのイヴニング・ドレス』展の会期も、残すところ10日となりました。
是非ともお見逃しのないよう、皆さまのご来館、心よりお待ちしております。

kiuri

感性の限界 高橋昌一郎著 講談社 (2012年4月18日)
【目次】
序章 シンポジウム「感性の限界」開幕―結婚披露宴会場より
第1章 行為の限界(愛とは何か、カーネマンの行動経済学、二重家庭理論と不合理性、人間行為の限界と可能性)
第2章 意志の限界(自由とは何か、ドーキンスの生存機械論、進化と不自由性、人間意志の限界と可能性)
第3章 存在の限界(死とは何か、カミュの形而上学的反抗、意識と不条理性、人間存在の限界と可能性)

新着図書☆★☆

ライブラリーに新着書籍が入ってきました。

今回は、食品やインテリアなど計20冊入ってきました。

カテゴリー別にご紹介しますね。

                                                                                                                                                                                                                                               ≪酒 関連≫

『THE WORLD ATLAS OF WHISKY』

資料ID:5500480481 請求記号:2004/WOR

Dave Broomの世界のWHISKY集。

                                                                                                                                                                                                                                               ≪食品 関連≫

『recipes for parties』

資料ID:5500479275 請求記号:2104/REC

『food italia』

資料ID:5500480599 請求記号:2104/FOO

Valerio Costanziaのイタリアfood集。

『THE COOK’S BOOK OF INGREDIENTS』

資料ID:5500415008 請求記号:2106/COO

『Menu Design In America』

資料ID:5500419535 請求記号:2198/MEN

                                                                                                                                                                                                                                               ≪食器 関連≫

『FEEDING Desire―Design and the Tools of the Table 1500-2005―』

資料ID:5500474690 請求記号:2205/FEE

『NEW YORK PARTIES PRIVATE VIEWS』

資料ID:5500480543 請求記号:2207/NEW

『THE  VINTAGE  TABLE』

資料ID:5500415895 請求記号:2207/VIN

『ALBERTO PINTO―Table Settings―』

資料ID:5500476086 請求記号:2207/ALB

Alberto Pintoの美しいTable settings集。

『Colorful Vintage Kitchen Towels』

資料ID:5500415661 請求記号:2299/KIT

                                                                                                                                                                                                                                             

  ≪インテリア 関連≫

『Contemporary Architecture and Interiors―Year book 2011―』

資料ID:5500416112 請求記号:2404/CON

Wim Pauwelsのsimpleかつ上品なinteriors design.集。

『BEST OF 500 timeless interiors』

資料ID:5500416918 請求記号:2404/BES

Wim Pauwelのsimpleかつ上品なinteriors design.集。

『BEST OF 500 contemporary interiors』

資料ID:5500416927 請求記号:2404/BES

Wim Pauwelsのsimpleかつ上品なinteriors design.集。

『Perfectly Kept House is the Sign of A Misspent Life』

資料ID:5500415723 請求記号:2404/PER

『The New Eighteenth-century Home』

資料ID:5500417325 請求記号:2405/NEW

Miche’le Lalandeの木のぬくもりが伝わってくるinteriors design.集。

『ALLEGRA HICKS』

資料ID:5500475409  請求記号:2407/ALL

                                                                                                                                                                                                                                                ≪室内装飾品 関連≫

『Des jouets et des hommes』

資料ID:5500417451  請求記号:2505/JOU

                                                                                                                                                                                                                                                  ≪建築 関連≫

『Versailles ―A Private Invitation―』

資料ID:5500417352 請求記号:2805/VER

『Louis Vuitton―A rchite cture and Interiors―』

 資料ID:5500418171 請求記号:2811/LOU

『THE DEPARTMENT STORE―History.Design.Display―』

資料ID:5500419105 請求記号:2811/DEP

                                                                                                                                                                                                                                                   以上となります。

これらの図書は閲覧室書棚、20~22・24・25・28の場所に並んでおります。

神戸ファッション美術館にお越しの際には、3Fライブラリーにも是非お立ち寄り下さいね。

                                                                                                                                                                                                                      kkk

  • 2012/06/22 |
  • 11:11 |
  • ライブラリー
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

華麗なる夜会のドレス

只今開催中の「憧れのイブニング・ドレス」展も、会期終盤にさしかかりました。展示室には、優美なドレスがたくさん展示され、さながら社交界のパーティー会場のようです。そういう私は、社交界には無縁ですが、ドレスを見ているとありありとその情景が感じられます。

 こちらは、1915年発行のガゼット・デュ・ボントン誌の大型ファッションプレート

ルイス・ストランプルの描いた「コート・ダジュール テラスでのパーティ」という作品。ウォルト、ランバン、パキャン、シェリュイなど、当時活躍したデザイナーの衣装が20点も描かれています。どの衣装もエレガント!貴婦人たちの話し声が聞こえてきそうですね。

こちらは、1949年の「ヴォーグ」フランス版より。

神戸ファッション美術館ライブラリー所蔵

ダンスパーティー会場のスナップでしょうか。華麗なステップとともに、さまざまなスタイルのドレスが見られます。ドレス選びの楽しさと大変さ?が伝わってきますね。

flair 以上の図版は、2点とも展示室にてご覧いただけます!

さらに、その雰囲気だけでも身近に再現したいという方には…

熟読していただいた後のチラシ裏の画像を使って、お遊びをしてみてくださってもよいかもしれません。

fuji H.O