follow me

ドレスの素材に注目!

こんにちは。神戸ファッション美術館には、さまざまな時代、地域の衣装がありますhappy01今回は、当館で展示中の特徴的な素材を使ったドレスをご紹介しますbell

まずは、ポール・ポワレのイヴニング・ドレスnote

左は、銀ラメのシルク、シルクゴ-スにビーズ等の刺繍があり、とてもゴージャス。右は、シルクのネットのオーバースカートが印象的です。どちらも華やかなシーンで、キラキラと輝くドレスですshine

次に、パコ・ラバンヌのデイ・ドレスnotes

こちらは、アルミニウムをつなぎあわせたドレスです。ラバンヌは、プラスチック、セロファンなど、それまでにない目をひく素材を使用し、人々を驚かせました。どんな着心地なのかとても気になりますeye

それから、永澤陽一さんのドレスheart04

インクジェット・プリントで出力した生地でできています。透明感のある透けるポリエステルにプリントしているので、とても爽やかな雰囲気のドレスですcherry

それぞれに、デザイナーの素材へのこだわりを感じます。

この他にも、好評開催中の特別展示「憧れのイヴニング・ドレス -パリ・オートクチュールを中心に-」では、たくさんのイヴニング・ドレスをご覧頂けますribbon

みなさまのご来館をお待ちしております!

お茶 clover