follow me

★新着ファッション★★

もうすぐ6月ですね。6月といえばjune bride-

6月の花嫁は世の女性の憧れですよね。

そんなjune brideにちなんで、ライブラリーにWedding 関連の書籍が入りました。

計10冊になります。ご紹介しますね。

 

The Wedding Dress  -300 YEARS OF BRIDAL FASHIONS-

資料ID:【5500416883】 請求記号:【0806/WED】

300年間の歴史のBRIDAL FASHIONS。

Wedding in Itary

資料ID:【5500416909】 請求記号:【0806/WED】

Vintage Weddings

資料ID:【5500416892】 請求記号:【0806/VIN】

’00-’19~’90年代のWedding dressたち。

Wedding of Style

資料ID:【5500478920】 請求記号:【0806/WED】

Bridal Flowers

資料ID:【5500415984】 請求記号:【0806/BRI】

素敵なBOUQUETSとBOUTONNIE’RESとCORSAGES。

The Natural Wedding

資料ID:【5500414922】 請記号:【0806/NAT】

The Knot ultimate Wedding Lookbook

資料ID:【5500415311】 請求記号:【0806/KNO】

食べるのが惜しくなるようなwedding cakeが満載。

Wedding Inspirations

資料ID:【5500471885】 請求記号:【0806/WED】

Simple Stunning Bride

資料ID:【5500471910】 請求記号:【0806/SIM】

L’officiel Oui! Je le Veux

資料ID:【5500417684】 請求記号:【0806/LOF】

先日配架したL’OFFICIELのシリーズ作7冊に加えWedding作も追加されました。

                                                                                     

以上となります。

これらの書籍は来週の月曜日に新着図書のコーナーに並びます。

楽しみにしていて下さいね。

                                                                         kkk                                                                                                                                                                                                                                                   

  • 2012/05/26 |
  • 12:30 |
  • ライブラリー
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

熱狂の5月

ゴールデンウィーク、金環日食、東京スカイツリーの開業など、非常にてんこ盛りだった今年の狂おしい熱狂の5月も残り少なくなってきました。
窓の外が雨だと、梅雨入りかと怯えてしまう今日この頃ですが、皆様お変わりないでしょうか。
個人的にも5日に原宿VACANTでリトゥンアフターワーズのイベントの手伝いとか、ハウステンボス美術館での展示など、興味深いものがありました。それでも21日に3時間太陽と月を追った経験は、本当に太陽も月も、そして地球も動いている事を実感できた最大のお祭りでした。
とても幸せな時を過ごせました。

話変わって、皆さんは現在展示中の「憧れのイヴニング・ドレス―パリ・オートクチュールを中心に―」展をもうご覧になられたでしょうか。

憧れのイヴニング・ドレス ―パリ・オートクチュールを中心に―

150年程前のパリで、ナポレオン3世と妻ウージェニーが毎晩催した大夜会。
想像できますか?作っている私も自信がありません。
先日京都国立博物館で「王朝文化の華」展を見たのですが、貴族の生活を理解するのも同じように中々難しいと思いました。
考えるに東西、時代とかを除いても階級が違えば見えないことも多かったのでしょうね。
江戸時代、江戸や京の武家や裕福な商人たちは、パリの富裕層と同じように、着飾って歌舞伎や芝居を見たのでしょうね。
確かに室町や江戸期の小袖は今見ても、贅を尽くしているだけでなく、とてもモダンで魅力的ですね。
そんな事を考えてしまう5月でした。
後300年ですか。

 
BX-16S

花柄プリントシャツで構成された花壇

こんにちは。

最近、暖かい日が多くて嬉しいですねhappy01

さて、今日は、現在神戸ファッション美術館で展示されているものを紹介したいと思います。

受付を済ませて進んで行くと何やら大きな花壇があります。

実は、これは花柄のプリントシャツで形作られているのです!!!!

永澤陽一さんの作品で、来館された方の多くが驚かれていますshine

今回は、6種類の花柄シャツを186枚使用しており、大きな花壇に圧倒されます!!!

ぜひ、この機会に見に来ていただければ…と思います。

うっちぃtulip

新着図書

神戸ファッション美術館 3F ライブラリーより新着図書のお知らせです。shine

1921年、フランスで創刊され、モード誌のバイブルといわれる雑誌『L’OFFICIEL』。

そのL’OFFICIELのシリーズ本が7冊入荷しましたのでお知らせします。

            

IT GIRL! ribbon            1921~2011年代のTOPモデルや有名人

SPLASH! wave             水着やビーチウエアー

BLING! ring             宝石やコスチュームジュエリー

MODE et  EXCES impact       過剰なファッション 金属等の異素材のドレス等

BETES de MODE leo        毛皮やアニマル柄・動物と一緒に撮ったファッション写真等

FANTASMES COUTURE  shine  世界の様相を変えたドレス

LOOK  at  ME! boutique       仕立てたジャケット・スカート・スーツ等

それぞれジャンル別に1920年代から現代までを1冊にまとめてあります。

IT GIRL!がレディースファッション・セレブリティー、SPLASH!が特殊服スポーツウエアー、BLING!が装飾小物アクセサリー、その他4冊はレディースファッション全般の棚に置いていますので興味がある方はご覧ください。

kozue

  • 2012/05/22 |
  • 10:00 |
  • ライブラリー
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

実技講座『上尾忠生さんと行く 動物園写生会』のおしらせ

こんにちは。
神戸ゆかりの美術館よりブログ更新です。

今朝はみなさん金環日食ご覧になりましたか?
私は結局日食グラスを買えず、あたりがだんだん暗くなっていくことを感じるぐらいしかできませんでした(苦笑)

さて、神戸ゆかりの美術館では、
いきもののかたち 新収蔵・山本常一の“鳥”を開催中です。

6月30日(土)には、実技講座『上尾忠生さんと行く 動物園写生会』が開催されます。
神戸市立小磯記念美術館との共同企画で、
2つの美術館展覧会鑑賞と、水彩画家の上尾忠生さんと動物園での写生を楽しむツアーです。

●協力:神戸市立王子動物園
●講師:上尾忠生氏(洋画家)
日時/6月30日(土曜)10時~17時(終了予定)
対象/小学生以上
定員/40名(要申込・参加費無料・要観覧券)
★申込方法/往復はがきに参加者の住所・氏名・年齢・学校名・電話番号と参加希望日を記入の上、神戸ゆかりの美術館(〒658-0032神戸市東灘区向洋町中2-9-1)までお申し込みください。
※締切/6月20日(水曜)消印有効
※応募多数の場合は抽選を行います

最近、渡辺和子さんの『置かれた場所で咲きなさい』という本を読んでいます。
その中で、「時間の使い方は、そのまま、いのちの使い方」という言葉があります。
「結婚しても、就職しても、子育てをしても、「こんなはずじゃなかった」と思うこと」って多々ありますよね。
でもそんな時にも、「笑顔で幸せに生き、周囲の人々も幸せにすることによって」、
うつくしい自分の花を咲かせましょうというメッセージが込められています。
ただなんとなく、毎日が流れて行ってしまっているように思っていては勿体ない。
尊いいのちを、毎日生きているということを大切にして、周囲の人々にも、自分自身にも、
こころやさしく接してあげられたらすてきですね。

nataco