follow me

憧れのイヴニングドレスたち

桜にも緑の葉が目立ち、暖かくなりました。
今週からスタートいたしました「憧れのイヴニング・ドレス」展ですが、本日もたくさんの方にご来館いただきました。
会場は、前回の展示とは一新、エレガントなドレスの数々を展示しています。

「憧れのイヴニング・ドレス」展

「国策としてパリの再建を目指したルイ・ナポレオンとその妻ウ―ジェニーによって夜を彩るさまざまな娯楽が誕生した第二帝政時代(1852-1870年)、女性たちはディナー・ドレス、ボウル・ガウン(舞踏服)、シアター・ドレス、オペラ・ドレスなど、目的に合わせて各種のイヴニングドレスを選び、日々新しいドレスに身を包んだ。」解説文より

とあるように、イヴニング・ドレスと呼ばれるドレスが華やかに社交界を彩り始めた時代のクリノリンドレスから、現代に至るまでのドレスの逸品を、パリのオートクチュールを中心にご紹介しています。

「憧れのイヴニング・ドレス」展 ギャラリートーク

本日は、第一回目のギャラリートークも開催され、参加されたお客さまはご熱心に解説に耳をかたむけられていました。

ご覧いただくと、気分もさわやかに、春らしくリフレッシュしていただけること、間違いありません。
ぜひおさそい合わせの上、足をお運びください。
                                               H.O