follow me

『モードの迷宮』

この美術館ブログは、当番制です。だいたい1ヶ月弱に1度くらいまわってきます。

いつも何を書こうか迷うのですが、今後迷わなくていいように、自分が読んできた服飾文化や身体文化にまつわる本について、ちょっと感じたことなど書いてみようと思います。書評などという大それたことは私個人の力に余ることなので、あくまでも感想やエピソードという形で書いていきます。

で、その第1回は、私のその後の生涯を大きく変えることにもなった1冊、鷲田清一氏の『モードの迷宮』です。

この本のもとになったのは、1987年7月から翌88年の11月まで、氏が『マリ・クレール』という雑誌に書き綴った文章です。最初、この原稿を依頼された時に、氏はかなり悩んだそうです。哲学者、それもフッサールからメルロ=ポンティへと続く現象学に関わる研究者として、“ファッション”などという“軽々しい”ものに関して文章をつづってもいいものだろうか、と。しかし悩んだ挙句、氏はこう考えたそうです。「哲学という重そうなもので、ファッションという軽そうなものを斬ることができるのではないか」、「着るという行為に迫れないでなんの現象学か」。氏は一念発起し、『マリ・クレール』からのオファーを受けることにしました。後日談では、氏が“ファッション”なんぞについて文章を書き始めたことに、氏の哲学の師は嘆かわしいとの言葉を口にしたそうです。

私が、鷲田氏の授業〈倫理学概論〉を履修したのは1989年4月から。ちょうどその直前に先の連載は『モードの迷宮』という1冊の本として出版されました。さぼりすぎて4回生にもなって、まだ一般教養科目が残っていた私は、1、2回生に交じってこの授業を受け、ここで学ぶこと、考えることの面白さに目覚めました。授業が始まってしばらくして、この先生が書いたファッションの本があるという話を聞き、書店でこれを買い求めました。

この本の序章は、パスカルを引きながらこう書かれています。

“ファッションを、相反する動性に引き裂かれた状態、つまりディスプロポーションとしてとらえること、そしてそれを通じて、〈わたし〉の存在がまさにそれであるようなあの根源的ディスプロポーションのなかに分け入ってゆくこと、それが問題だ”

当時、この言葉をどれだけ理解できていたか、そして今どれだけ理解できているかは、甚だ心許ない限りですが、この言い回しに正直痺れました。そして、ファッションや着ることが、十二分に考えるに値する領域であると知ったのです。

あれから20年以上が経ち、こうして「ファッションとはなにか」を考えることを生業としている私ですが、その原点とも言えるのがこの『モードの迷宮』です。考えれば考えるほど、つかもうとするその指先から逃げ去っていくファッションや着衣の問題は、いまだ出口の見えないラビリンスとして、この先も私を解放することはないのでしょう。

 MOMO

  • 2012/03/25 |
  • 10:00 |
  • ファッション
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

写真展

ただいま4階ギャラリーでは、以下の写真展が開催されています。

 

六甲アイランドCITY自治会 20周年記念

写真展

 神戸ファッション美術館4階ギャラリー

2012年3月18日(日)~25日(日)

10:00~17:00

(最終日25日は15:00まで)

主催:六甲アイランドCITY自治会

共催:神戸ファッション美術館

 

六甲アイランドCITY自治会が20周年を記念して、六甲アイランドの「暮らし」と「自然」をテーマに写真作品を募集しました。会場には、ご応募いただいた全作品が展示されています。

ファインダー越しに見る六甲アイランドのそれぞれの風景。六甲アイランドへの思いと愛情が感じられる写真展です。

会期は残すところ、今日と明日のみとなりました。

みなさまのご来場をお待ちしております。

http://jichikai.20nen.info/  (webギャラリー)

5月末日まで上記ホームページにて掲載しています。

2012年 春の展覧会

みなさんこんにちは。

神戸ファッション美術館のお隣、神戸ゆかりの美術館で開催される、

次回展覧会のリーフレットが完成しました。

春の展覧会のテーマは「いきもののかたち」。

神戸生まれの彫刻家 山本常一さんの鳥の彫刻作品が登場します。

神戸ゆかりの美術館「いきもののかたち」

山本さんが作ったフクロウや鵜(う)、ペリカンの彫刻は、

どれも女性の腕の中に納まるくらいのサイズで、素朴で愛らしい表情をしているのが特徴です。

実は山本さん自身はとても立派な体格をした方だったのですが、

大きな作品よりも小さな作品に秀作が多い彫刻家です。

特にフクロウを題材にした作品が多い事でも知られます。

山本さんの作品は眺めていると優しい気持ちになれます。

じっくり観察すると、その鳥特有の性格や表情があることに気付かされます。

今回は美術作品とあわせて、鳥についてその生態を知っていただくための資料展示も用意しています。

もちろん絵画の中に描かれたいきものたちも登場しますので、様々な視点から表現されたいきもののかたちをお楽しみ下さい。

そして、みんなが活発になる春ですから、展覧会と合わせて各種イベントも開催予定です。

会期中、フクロウが美術館にやってきたり、動物園に写生に出かけたりしますので、

興味のある方は美術館までお問い合わせください。

みなさまのご参加お待ちしていまーす。

Re*eco

「憧れのイヴニング・ドレス」展 ギャラリートークのお知らせ

 2012年4月19日(木)より開催の特別展示「憧れのイヴニング・ドレス ―パリ・オートクチュールを中心に―」展 ギャラリートークのお知らせです。

憧れのイヴニング・ドレス -パリ・オートクチュールを中心に-憧れのイヴニング・ドレス -パリ・オートクチュールを中心に-

日 時 4月21日(土)、5月12日(土)、6月16日(土)
時 間 14:00~(約30分)
解 説 神戸ファッション美術館学芸員
(予約不要・展示室をご覧の方は無料)

ギャラリートーク

当館学芸員が展覧会の見どころをわかりやすく解説します!

 

神戸ファッション美術館

2012年度 春期服飾文化セミナー

2012年度 春期服飾文化セミナーのお知らせです。

極微の手わざを視る

2012年度 春期服飾文化セミナー 極微の手わざを視る

古き服飾文化を東西にたずねればそこには、想像を絶するほどの時間を費やし、緻密な技法を凝らして生みだされた衣装やテキスタイルがあります。それらのほとんどは、21世紀の今では二度と作ることが叶わないような、驚異的な精緻さを誇る職人たちの手わざによって生み出されています。
たった一着の上着をみても、極細の糸を手で紡ぎ、繊細な手仕事で織り上げ、細心の注意を払って仕立て、さらにそこに想像を絶するほど精妙な装飾がほどこされています。そのような手わざでつくられた服飾工芸の数々は、古人の卓抜した技能を後世に伝えるかけがえのない資料なのです。
それら一つひとつの≪極微の手わざ≫は、目を凝らしてもなかなか肉眼で視ることはできません。そこで神戸ファッション美術館は、先人たちが残した素晴らしい≪極微の手わざ≫を拡大撮影することにより、彼らの偉業を目の当たりにし、その技巧の真髄に気づいていただけるようなプロジェクトを始めました。
2012年度の春期服飾文化セミナーでは、現物資料とそれを拡大した視覚資料を見ながら、そのプロジェクトの一部をご紹介したいと思います。

第1回 5月19日(土)
アビ・ア・ラ・フランセーズ
18世紀の男性宮廷衣装アビ・ア・ラ・フランセーズを取り上げ、刺繍を含めその精緻な装飾の世界をご紹介します。

第2回 6月9日(土)
クルタ
インドのマハラジャ(藩王)の夏用上着でもあるクルタを取り上げ、〈風の織物〉とも言われたダッカ・モスリンと細やかな刺繍の数々をご紹介します。

第3回 7月7日(土)
レース
アランソンやアルジャンタンなどのニードルポイント・レース、メヘレンやバンシュなどのボビン・レースを取り上げ、18世紀の宮廷人を華やかに飾ったレースの世界をご紹介します。

  

講 師 ■ 百々 徹(神戸ファッション美術館 学芸員)
時 間 ■ 各回とも 開場-13:30  開演-14:00 (約90分)
場 所 ■ 神戸ファッション美術館 4階 第1セミナー室
料 金 ■ 一般-1回500円(3回通し券1,000円)
        65歳以上-1回300円(3回通し券600円)
※事前申し込み不要

 

神戸ファッション美術館

  • 2012/03/21 |
  • 18:02 |
  • お知らせ
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!