follow me

もうすぐ春分の日ですね

ついこの前まで雪がちらついていましたが、もう明後日は春分の日なんですね。

街では、卒業式と謝恩会に出席する学生さん達の羽織、袴姿があちらこちらでたくさん見られます。

 

 周りを見渡しても、どんどん春がやってきています。

 六甲アイランドのファッションマートさんの南側に植栽帯があっていつもきれいにされておられるのですが、そこに植えられた菜の花が綺麗に咲いています。

もうすぐ春分の日ですね

もうすぐ春分の日ですね

他の花もいい匂いがしますが、私は菜の花の匂いが好きです。

花に鼻を近づけてみるといい香りがします。

一度身近に菜の花を見かけられたら、』試してみてください。

菜の花と言えば、わたしはからし和えも好きですが…

そうそう、菜の花には、蜜蜂達が一所懸命に蜜を取っていますから、くれぐれも匂いを嗅いでて、鼻を刺されないように気をつけてくださいね。

季節ものと言えば、私は通勤で住吉駅から六甲ライナーに乗って美術館に通勤していますが、南魚崎駅に停車している時に、下に見える住吉川の河口に100~200羽の鳥たちがいます。(ちゃんと言えば最近までいました)

 波に揺られたり、上手に潜ってたぶんご飯を食べている鳥たちもいて、ライナーの窓から「今日も元気にいるなあ」って思っていましたが、先週の終りころにぱたっといなくなりました。

 去年の11月か12月頃から見ていましたから、暖かくなってきたのでいなくなったみたいですね。鳥たちも季節を感じているんですね。

 渡り鳥で遠くまで飛び立っていったのか、神戸港の違うところに行っただけなのか、鳥おんちな私にはわかりませんが…

 みなさんも、身近な春を感じておられると思いますが、最近私が感じた春を書きました。

 てなことで、特別展「感じる服 考える服:東京ファッションの現在形」も、桜の満開を待たずに4月1日には終わっちゃいます。

 もう、ちょうど2週間を残すばかりにになっちゃいました。まだの方はくれぐれもお見逃しのないようにお気をつけくださいね。

  

YOU