follow me

mim news – pssst,sir

 ミュージアムショップ museum in museum に新しいブランドが入りました。

メンズファッションブランド 「pssst,sir」

museum in museumでは、不思議なポケットのパーカーやTシャツ、

くぼみストールなどを 展示販売しています。

**

pssst,sir  

mono* 

Story of “pssst,sir”

The woman is waiting for a man.

She gets tired after waiting.

Then he hurries to her.

She is in a bad mood.

And she says,

“pssst,sir”

She can’t get angry at him.

Because he is dressed in very charming clothes.

hito* 

服飾想創家 imagine and create  

秋田友香

大阪府在住。

繊維専門会社にてニットデザイナーとして勤務後、独立。

2010年より”pssst,sir”をスタート。

絵を描くようにひいたパターンが動きを生み出す。

着たヒト、見たヒトの感情を動かすようなモノづくり。

museum in museum

  • 2012/03/09 |
  • 17:32 |
  • ミュージアムショップ
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

mim news 展覧会のお知らせ

mim参加作家 展覧会のお知らせ

「Duality Nana Hamada solo exhibition」

3/2(金) – 3/13(木)

12:00 – 18:00

Yシャツをモチーフに極細のワイヤーをかぎ針で編んだ作品による
光と影のインスターレーション。

会場:GALLERY 301 due
〒650-0023 神戸市中央区栄町通1-1-9 東方ビル 301

時間:12:00 – 18:00
休廊日:水曜日

 

 

花里 由音香 個展 「silent gerden」

3/29(木) – 4/8(日)

12:00 – 18:00   最終日- 17:00

道ばたに、そっとたたずむ草花や、
小さないきものたちのような、新作アクセサリーや
ふわりと春めいたショール。
花びらを集めたようなbagなど、
ワクワクする、楽しみな新作がいっぱいの展覧会です。
皆様のお越しをお待ちしております。

会場:GALLERY & SPACE DELLA-PACE
〒650-0012 神戸市中央区北長狭通4-9-10
休廊日:月曜日

museum in museum

  • 2012/03/09 |
  • 15:41 |
  • ミュージアムショップ
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

mim news – KENJIHIKINO

ミュージアムショップ museum in museum に新しいブランドが入りました。

ファッションブランド 「KENJIHIKINO」

museum in museumでは、ブラウスや薄手のコート、ワンピースなどを展開しています。

prpfile

引野謙司(KENJIHIKINO)

大学卒業後、専門学校で学び、東京コレクション、パリコレクションブランドで

インターン、アシスタントを経験。

2011年より自身の服造りのプロジェクトを始める。

www.kenjihikino.com

museum in museum

  • 2012/03/09 |
  • 14:48 |
  • ミュージアムショップ
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

ロリータ・ファッション

現在開催中の特別展示「感じる服 考える服:東京ファッションの現在形」に参加されているブランドh.NAOTO様はゴスロリと呼ばれるお洋服を扱っています。ゴスロリとはゴシックとロリータ・ファッションが混ざり合ったスタイルなのですが、今回そんなロリータ・ファッションについて紹介します。

ロリータ・ファッションのお洋服は、少女時代に夢見る、中世ヨーロッパのお姫様のドレスを模しています。白く無垢なブラウスにパニエで大きく膨らんだスカート。よくコスプレやメイドさんと未だに一緒くたにされてしまうのですがまったくの別物です。ロリータは、日本独自のファッション、服装文化です。

原宿系のストリートから生まれたロリータ・ファッション。このお洋服はそれと知らない人から見れば全て同じようなものに見えるのかも知れません。確かに、ブラウスやパニエで膨らんだジャンパースカートなど1つの「様式」は固定されているように思えます。ですがそれを守りながらも自分のなりたい・憧れる、ロココやバロック、ヴィクトリアン時代のお姫様像に近づくために髪飾りからパラソルに至るまでコーディネイトをするのですから、立派なファッションだと私は思うのです。ですが、人の評価や世の流行は意に介さないという点ではやはり少し毛色が違うのかも知れません。「かわいいから着る」それだけなのです。男性・主人のために働くメイドさんとは違うのです。

少しロリータに興味は出てきましたか? 一概にロリータといっても、ダークで魔女的なゴシック・ロリータ(ゴスロリ)、きゃりーぱみゅぱみゅさんのような甘ロリ、清楚でエレガントなクラシック・ロリータなどなどいろいろカテゴリもあるのですが長くなってしまうのでこのあたりで。

興味をもたれたかたはぜひライブラリーのこちらの本も参考になさってください。

左から順に。

1606/LOL ロリータ 衣装道楽

まずはロリータ・ファッションの基本を知りましょう。基本的なお洋服から小物、そしてそれらのカラーの選び方やあわせ方まで、とりあえずこの本を参考にすれば間違えることはありません。ロリータに関する雑学も多く、読み物としても楽しめます。

1606/LOL ロリータ 衣装道楽Ⅱ

ロリータを身にまとったら今度は中から、生活もお姫様になりきりましょう。難しいことはありません。下着もお姫様のような可愛いものを身につけ、お部屋のインテリアもそれらしく、そして休日には紅茶やスコーンを味わいつつ親しい友人にお手紙を書きましょう。そんな貴族のような優雅な生活のススメが書かれています。

興味を持っていただけ、着てみようと思ってくれれば幸いなのですが、そんな方に最後に1つ。外を歩くときは可憐で優雅に。顔を上げて、間違っても走ったり、好奇の目を向けてくる人をにらんではいけません。幸せいっぱいの笑顔を返す心の豊かさが大切です。優雅でしとやか、「可愛くあること」がロリータさんのお仕事なのです。

NONN

  • 2012/03/09 |
  • 12:00 |
  • ライブラリー
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!