follow me

フラワーシャワー シャツブラウスコレクション

現在好評開催中の特別展示「感じる服 考える服:東京ファッションの現在形」展の出品ブランドSOMARTAのデザイナー廣川玉枝さんが参加している、そごう・西武限定のコレクションのご紹介です。

リミテッド by ニュークリエイターズ フラワーシャワー シャツブラウスコレクション

リミテッド エディション by ニュークリエイターズ
フラワーシャワー シャツブラウスコレクション

期 間 3月13日(火)~4月2日(月)
場 所 そごう神戸店 本館4階=エスカレーター横 特設会場

次世代を担う日本の新進クリエイター3名とコラボレーションを行い、メイドインジャパンならではのこだわりとクリエイターの感性による、他にはないスタイル提案。レース、フラワープリントをモチーフにしたシャツ、ドレス。そごう・西武限定商品15型を販売いたします。

SOMARTA廣川 玉枝
2006年にデザインプロジェクト『SOMARTA(ソマルタ)』を設立。美しいレースのグラフィックや構築的なドレスウエア、映像表現を駆使したコレクションが国内外で評価を得ている。第25回毎日ファッション大賞新人賞・資生堂奨励賞受賞。デザイナーの世界観を具現化したグラッフィックをモチーフにしたリミテッドエディション。

G.V.G.VMUG
フェミニンとマスキュリンの同居するオリジナルな世界観を、その時の感性で自由に発想し、毎シーズンコレクションとして発表。現在最も注目される東京ブランドの一つとなった。12年春夏コレクションのテーマは、「現代のピンナップガール」。50’sを彷彿させるパステルカラーにレースを掛け合せた注目のリミテッドエディション。

motonari ono小野 原誠
2006年、25歳という若さで『motonari ono』を設立。
2009年、世界最大のファッションコンテスト「Mango Fashion Award 3rd Edition」でファイナリストに選出され、一躍有名に。繊細なレースやフリル使いを取り入れたブラウスは、クチュール感あふれるフェミニンさと女性らしいフォルムが魅力です。

お問合せ:078-200-7137
営業時間:午前10時~午後8時
https://www.sogo-gogo.com

※全て限定生産です。お早めにお越しください。

 

神戸ファッション美術館

  • 2012/03/08 |
  • 19:17 |
  • ファッション
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

感じる服の楽しみ方

「感じる服 考える服:東京ファッションの現在形」の会期もいよいよ最終コーナーに差し掛かってきました。まだ見てない方は勿論、見たけれどもう一つスッキリしないと言う方に、そろそろこの展覧会の本来の鑑賞法を少しだけ話すタイミングかと思い、重い腰を上げることにしました。

 東京オペラシティアートギャラリーの展示のように、お客様が展示を好きな順番に鑑賞するのが一般的なのでしょうが、神戸ファッション美術館の展示は、あえて順路を設けてみました。

(楽しみ方1)

本展は、皆さんが主人公になって映画ロード・オブ・ザ・リングやパイレーツ・オブ・カリビアンのような冒険をしていただく構成になっています。タイトルがつけるとすると、「ホモサピエンスが人類になるための長い長い旅=衣服をめぐる冒険」と思っています。

受付で地図を受け取ると、直ぐに開いて、自分の進む道を調べてください。この冒険地図と「感じる服」「考える服」という言葉しか、本展の手掛かりはありません。一時もその存在を忘れてはいけません。敵に地図が渡ると大変なことになること皆さんは知っていますよね。

定石通り、旅の仲間を探してください、その後は自分の成長に合わせて、いろんな冒険が待ち受けています。初めてロール・プレイングゲームをした時を思い出して楽しんでください。その冒険の先にあるものは、達成感でしょうか?あるいは幸福でしょうか?また、絶望かも知れません。人が人類になった時、誇らしく思ったのでしょうか?

生きる苦しみを発見したのではないでしょうか。この展覧会は、大体時計回りに2周ほど冒険すると、皆さんは思ってもいない命題に直面することになるでしょう。それでも結論として、衣服の素晴らしさ、凄まじさ、かっこよさをお土産に帰ってもらえると確信しています。それだけは保証します。(責任は取れませんが)

(楽しみ方2)

好きに見てくださいね。皆さんの感性のまま。地図も開く必要もありません。そんな見方もありますよ。

(bx-16S)