follow me

PREMiEREViSiON

見本市とモードのプレゼンテーション PREMIERE VISIONのお知らせ

 PREMIERE VISION

PREMIERE VISION:
見本市とモードのプレゼンテーション

http://www.premierevision.jp

2012年3月23日(金)14:00〜 
神戸ファッション美術館 5階 オルビスホール

主催:プルミエール・ヴィジョン
共催:神戸ファッション美術館
後援:財団法人神戸ファッション協会

このプレゼンテーションでは、Philippe Pasquet(フィリップ・パスケ)プルミエール・ヴィジョンCEOが、世界の最高峰に位置する服地見本市「プルミエール・ヴィジョン」の概要をご紹介いたします。
また、Sabine le Chatelier(サビーヌ・ルシャトゥリエ)プルミエール・ヴィジョン モード アシスタントディレクターが、2013春夏シーズンフィルムの上映後に、2013春夏の素材・カラーのまとめをお話いたします。

 申し込み用紙はこちら

 

神戸ファッション美術館

☆ライブラリーコレクション資料☆

今回はライブラリー所蔵のコレクション資料をご紹介したいと思います。

コレクション資料とは、個人もしくは団体が収集したファッションに関する様々な資料を、
神戸ファッション美術館ライブラリーが独自にリストアップしたもので、
主な内容はブランドのプレスリリース、ショーのインヴィテーション、
シーズンカタログなどになります。

神戸ファッション美術館 ライブラリーコレクション資料神戸ファッション美術館 ライブラリーコレクション資料神戸ファッション美術館 ライブラリーコレクション資料
神戸ファッション美術館 ライブラリーコレクション資料神戸ファッション美術館 ライブラリーコレクション資料神戸ファッション美術館 ライブラリーコレクション資料

以前にファッションジャーナリストである大内順子氏のコレクションはご紹介しましたが、
それを含めてライブラリーには現在3つのコレクション資料が所蔵されています。

ひとつめは大内順子コレクション、資料の数、内容ともに最も豊富で、
とても見応えのあるコレクションになります。
主に1970~1990年代の資料が中心になっています。

ふたつめは原由美子コレクション、スタイリストの原由美子氏の資料をまとめたもので、
主に1980~2000年代の資料をご覧になれます。

最後にKFMコレクション、こちらは当ライブラリーが収集した資料をまとめたもので、
現在のリストに加え、今後も内容が増えていく予定です。

ファッションの資料としてだけでなく、インヴィテーションのデザインなど、
どれも本当に素晴らしく、今みても新鮮に感じるものばかりです。
他にはない貴重なコレクションになりますので、是非一度ご覧になってみてくださいね。

閲覧ご希望の方は3Fライブラリーカウンター、閉架資料コーナーでお問い合わせください。
閉架資料の閲覧にはライブラリーカード(有効期限3年)が必要になります。
カードを作成するには身分証明証(免許証、保険証、学生証など)が必要です。
カードをお持ちでない方は身分証を持ってカウンタースタッフに声をおかけください。

fre.moon3

  • 2012/03/05 |
  • 11:18 |
  • ライブラリー
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!