follow me

museum in museum 新作商品

museum in museum に新作商品が入荷しました。

……

濱田菜々 2012 S/S
ピアス ¥2,100.-
ネックレス ¥5,250.-

白い輪のような作品で、素材は『ビニロン』という化学繊維です。
軽い素材なので付けやすく、シンプルなのでどんな服装にも合わせやすいと思います。
ショップ内ではKENJIHIKINOのフロント プリーツトップスに合わせて展示しています。

 

maraia グリーティングカード ¥350.-
2つ折りカード+トレーシングペーパーの封筒がセットになったグリーティングカード。
国内で撮影された作品に、ヨーロッパの古いイラストをコラージュしたものです。
お祝いごとにはもちろん、卒業、入学、入社、転勤など出会いと別れが多いこの時期にピッタリのカードではないでしょうか。
ポストカードも『EAST EU』というシリーズが入荷しています。

 

yuoono
10 iro scarf ¥12,000.-
10 iro scarf 天地ボーダー¥14,000.-

女性を美しくエレガントに演出する「10 iro scarf」
色の重なりで様々な表情を見せてくれます。
いつもの装いに彩りを添えて…十人十色なその表情をお楽しみください。

10 denier
「10デニール」の生糸とは髪の毛の5分の1程のとても細い絹糸です。
ごくわずかしか流通していない貴重なこの糸は国内の生糸の中で最も細く繊細で
織機に経糸(たていと)として かけるのも一苦労。
優れた織物技術と職人の長年の勘をもって一枚一枚ゆっくりと丁寧に織り上げられています。

//////

 
神戸ファッション美術館に来られた際は、
3Fライブラリー内にあるmuseum in museumにも足を運んでみてください。

maytaurus

  • 2012/03/31 |
  • 12:21 |
  • ミュージアムショップ
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

開催日あと2日

 現在開催されています「感じる服 考える服 東京ファッションの現在形」も、残すところあと2日となりました。

来館された方々のご感想には、「刺激になった。」「とても楽しめた。」「自分も何か作りたくなった。」などのご意見が多く見受けられます。

タイトルからは、何か原宿や渋谷で流行している洋服の展覧会のようご印象を受ける方もいらっしゃったかもしれませんが、本展は、「東京を拠点とする10のブランドが、ファッションとは何か?という本質的な問いへの回答をそれぞれのアプローチで提示する」という前例のない展覧会になっています。

それぞれのブランドのデザイナーの世界感の表現の内容や手法に、思わずflair「さすが!shine」「なるほど!」 と、歓声をあげたくなります。
ほんとうに見ないと損!といっても過言ではありません。

興味のある方は、見逃されている方はぜひ、この2日のうちにご来館くださいね!! 

感じる服 考える服:東京ファッションの現在形  感じる服 考える服:東京ファッションの現在形  感じる服 考える服:東京ファッションの現在形 

感じる服 考える服:東京ファッションの現在形  感じる服 考える服:東京ファッションの現在形  感じる服 考える服:東京ファッションの現在形

感じる服 考える服:東京ファッションの現在形  感じる服 考える服:東京ファッションの現在形  感じる服 考える服:東京ファッションの現在形

感じる服 考える服:東京ファッションの現在形 

fujiH.O

映画とファッション

皆さま、こんにちは。
陽射しが暖かくなり、外出するのが楽しい季節となってまいりました。
本日は映画とそのファッションについて少し書いてみたいと思います。

映画では、衣装デザイナーによって衣装を制作されることも少なくありませんが、デザイナーの制作した衣装を利用することも。
ストーリー以外に、ファッションも楽しめる映画を少しあげてみます。

*「バーバレラ」
1968年制作。ジェーン・フォンダ主演。
衣装はパコ・ラバンヌ。
ストーリーはわざとらしさが面白い・・のかもしれませんが、衣装は秀逸、の一言。

*「コックと泥棒、その妻と愛人」
1989年制作。ピーター・グリーナウェイ監督。
衣装はジャン=ポール・ゴルチェ。
人間の欲望と相まって、ゴルチェの衣装が何と美しくみえることか。
最大限に衣装の美しさを引き出した作品なのではないか、と。
芸術性の高さを求めるなら是非。

  グリーナウェイ監督といえば、今年にはいってから「ベニスに死す」を映画化するとの発表もありました。
名作であるこちらも、忘れずにどうぞ。

*「ベニスに死す」
ルキノ・ヴィスコンティ監督。1971年。
この作品はピエロ・トージが衣装らしい衣装デザインを手掛けています。
素材の良さが視覚と触覚に訴えかけてくる、というのでしょうか、個人的には(可能ならば) 画面を割ってでも、服に触れたい気にさせられます。
そして観るほどにでてくる、味わい深さ。
原作がトーマス・マンということで、文学的にも興味深い作品であります。

  探せばまだまだ出てきそうな、ファッションも楽しめる映画。
春のおでかけに少し疲れたら、テーマをみつけて自宅で映画を楽しむのも面白いかもしれません。

 mi  Saco

  • 2012/03/29 |
  • 15:26 |
  • ファッション
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

mim news pssst,sir (プスサァ)のストール入荷しました。

4月も もう目前 春ですね。 

ミュージアムショップ museum in museum に、 

ちょっと肌寒い 春にぴったりな pssst,sir(プスサァ)のストールが入荷しました。

▲  ▲   

cubomi_stole

。          cubomi stole (slim)   ¥8.400- 

このストールは 名前の通り くぼみ がポイントになっています。

クボミ のような穴を通すことで、違った表情が楽しめます。

.

gray × orange の くぼみ 。  sax × blue のボーダーの くぼみ 。

.

.

短めなので、もったりせず コーデしやすいです◎

肌ざわりがよくて、ユニークなストールをぜひお試しください。

。             /

museum in museum

  • 2012/03/27 |
  • 11:57 |
  • ミュージアムショップ
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

チューリップ祭

みなさま、こんにちはhappy01

花のつぼみもふくらみ、すこし春らしい気候になってきましたが、いかがお過ごしでしょうか。

今日は、六甲アイランドで開催予定の「六甲アイランド チューリップ祭」のご紹介ですnotes

毎年恒例のイベントで、今年は六甲アイランド島内の7か所で35,000本のチューリップを見ることができるそうですshine

お祭りの開催期間中(3/31~4/8)には、さまざまなイベントも予定されています!

スタンプラリーに参加すると、先着200名(各日)に粗品が、さらに抽選でステキな商品も当たるということですflair

また、チューリップ写生大会 [3/31、4/1]で描かれた作品は、

当館1Fロビーで4/12~4/22の期間に展示させていただきますbud

毎年、色鮮やかな作品が並んで、とても華やかです。

3/31と4/1は、残りわずかとなった神戸ファッション美術館の特別展示とあわせてご覧いただくチャンスです!どうぞお見逃しなく!!!

お茶 clover