follow me

ハワイ雑感 その2

前回の寄稿から1か月近く経ちました。常夏のハワイから極寒の神戸に帰ってきて、もはやハワイの記憶も遠い彼方に消えつつありますが、その消えつつある記憶を辿りながら、もう少しハワイについて書いてみます。

もともと私は表通りから二筋ほど入った路地を歩くのが好きです。表通りの華やかに着飾ったような喧噪から少し奥まった路地に入ると、途端に街は余所行きの顔を失って、生活臭の立ちのぼる場所になることも少なくないです。

かつて、六本木の現在の国立新美術館の向かい側にあたるところに神戸寮という宿泊施設がありました。市職員をはじめ神戸市に関連して働く人たちのための宿泊施設でしたが、震災後は廃止され、現在はマンションに建て変わっています。

当時、六本木の歓楽街で豪遊する甲斐性もない私は、仕事が終わると青山ブックセンターで文庫を買い、そそくさと宿へと向かうのが常でしたが、きらびやかで華やかでどこかいかがわしい夜の六本木の表通りを、客引きを横目に歩いていました。一晩明けて、六本木の駅へと向かう途中、ゆうべの喧騒とは打って変わって、朝日に照らされて隅々まで見えるようになった路地は、ゴミの袋が山と積まれ、そこかしこにビラやチラシや吸い殻が散乱して、くたびれた半醒半睡の表情です。そのぼんやりした街の雰囲気が、私には夜の顔よりも好ましかったのです。

今回の慌ただしいハワイの滞在期間のなかでは、あまり街や路地を歩き回る時間もなかったのですが、帰国前日に少し時間ができました。ハワイ大学からバスでワイキキまで行き、人から見てくるように薦められたロイヤルハワイアンセンターの靴屋をのぞいた後、アラモアナショッピングセンターまで炎天下を歩くことにしました。私はそういう時には、大まかに方向だけ定めたあと、地図を見ずに適当に歩き出します。そうするとほとんどの場合は道に迷います。これが面白いのです。この時も気がつけば、道がつきあたって、アパートが立ち並ぶ場所に入り込んでしまっていました。部屋の奥から何やらやりとりする声が聞こえ、別の方角からはテレビの音声が聞こえる。まさにハワイで暮らす人々の時間の真っただ中にいる気がしました。

行き止まりの路地には、使い込まれて塗装の光沢もなくなったような乗用車が、器用にぎっしり縦列駐車してありました。日本の自家用車といえば、毎週日曜日の洗車場の混雑に見られるとおり、車は丁寧に磨き上げられピカピカのイメージですが、どうもハワイでは違うようです。そういうところに、私は異文化の地にいるという感を強め、ひとり悦に入るのです。

MOMO

  • 2012/02/28 |
  • 10:00 |
  • つぶやき
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

壁面書架

みなさま こんにちは

寒さが舞い戻りましたが、日差しは少しずつ明るさを増しているような・・・今日この頃。

七十二候では、今頃を「霞始靆(かすみ、はじめてたなびく)」—-霞がたなびき始める時季、来る春への期待がふくらむ—-とあります。

二十四節気(「小寒」や「立春」など)をさらに三つに分けたものが七十二候。細やかに四季の変化を告げる名前の数々は、まわりの景色や身近な自然に目を向けるきっかけをもたらしてくれるような気がします。

さて、今回はライブラリーより、壁面書架と大型図書コーナーのご紹介をします。

ふだんは、閲覧室奥の書架をご利用される機会が多いかと思いますが、対面のインターネットブース側にある書架には、参考図書やシリーズ本がまとめられています。

事典・辞典 / 美術全集 / 『コレクション・モダン都市文化』(第1~65巻) /『時代が求めた「女性像」』(第1~14巻) / 『別冊太陽』 など

また、「兵庫・神戸」の棚を設け、神戸に関する書籍をまとめています。神戸の今と昔がわかる写真集や神戸ゆかりの芸術家の展覧会図録、また歴史や風土に関する本などがあります。

そして、窓際寄りの大型図書コーナーでは、ふだんは、その重さ・高価さ・大きさで気軽に手に取って読むことがむずかしい大型の本を、テーブルにつき腰を据えてじっくり鑑賞、あるいは「ブラウジング」をしていただくことができます。力が要りますが…。

大型図書は、以下のような棚の配置で置かれております。

テキスタイル / 和装・着物 / 舞台芸術 / ファッション / 写真 / 映画 / 美術

迫力で迫るビジュアル度大の大型図書の数々。ぜひご覧になってみてはいかがでしょうか。

  • 2012/02/27 |
  • 16:27 |
  • ライブラリー
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

美術館と学校の連携とは?

みなさんこんにちは。

たまーに耳にする「連携」という言葉。

学校と美術館、または美術館同志は何をもって連携するといえるのでしょうか。

今日は連携というテーマで美術館の取り組みについて、

六甲アイランドの3つの美術館、神戸ファッション美術館、神戸ゆかりの美術館、神戸市立小磯記念美術館。

の例を挙げて、少しですが紹介したいと思います。

まずは、三つの館が共同で開催する、RICアートカプセルと、RICエコアート広場という2つのイベント。

http://www.city.kobe.lg.jp/culture/culture/institution/yukarimuseum/event/archive5-2010eco-art.html

http://ricart.exblog.jp/m2011-10-01/

最初は小磯記念美術館1館で開催していたRICアートカプセルに、

エコアート広場が加わり、今年で3年目です。各館の特徴あるワークショップが目玉です。

では続いて学校と美術館の連携とはなんでしょう?

神戸市立小磯記念美術館で活発に行われているのが

学校団体が来館しての鑑賞授業と、

美術館から職員やスタッフが学校に行って行う出張授業です。

http://www.city.kobe.lg.jp/culture/culture/institution/koisogallery/fukyu/school/

コチラの美術館が特徴的なのは小学校団体が多いということでしょうか。

学校といえども、小学校~大学、専門学校まで様々。

大学や専門学校との連携は神戸ファッション美術館が

特性を生かして、ファッション関連の専門学科を持つ学校団体との共同研究や、

展示協力などの連携を行っています。

さて、神戸ゆかりの美術館はというと、これも地元に特化した美術作品を扱うということから、

地域の小学校や、高齢者の学習施設等々の授業に活用していただいています。

展覧会を見るだけではわからない、美術館の取り組み。

みなさんも、身近な美術館や博物館でどのような連携が行われているのか

一度チェックしてみてくださいね、新たな一面を発見するかもしれません。

Re*eco

感じる服 考える服:東京ファッションの現在形

次回特別展示「感じる服 考える服:東京ファッションの現在形」のお知らせです。

感じる服 考える服:東京ファッションの現在形

感じる服 考える服:
東京ファッションの現在形
Feel and Think: A New Era of  Tokyo Fashion
2012年1月14日(土)~4月1日(日)

主催:神戸ファッション美術館/公益財団法人 東京オペラシティ文化財団/文化学園大学 文化ファッション研究機構 
後援:経済産業省/毎日新聞社/一般社団法人 日本ファッション・ウィーク推進機構/Kiss FM KOBE
会場構成監修:中村竜治(株式会社中村竜治建築設計事務所)
企画:服飾文化共同研究拠点「現代日本ファッションデザインの研究」
展示協力:大阪樟蔭女子大学

今、日本のファッションが新たな注目を集めています。パリ、ニューヨーク、ミラノが発信するハイファッションばかりでなく、ストリートやファストファッションが強い影響力を持つなかで、ファッションの世界は大きな変化を迎えているのです。この展覧会は、新しい時代のリアリティを追求しつつ、ユニークなクリエイションを展開している10組のデザイナーの仕事を通じて、現在進行形の日本のファッションデザインの可能性を探るものです。オリジナルのテキスタイルを生かした服作り(ミナ ペルホネン/ミントデザインズ)、既成概念の見直し(アンリアレイジ/ケイスケカンダ)、新しい美意識の提案(まとふ/ソマルタ)、多面的な活動(シアタープロダクツ/リトゥンアフターワーズ)、ストリートからの発信(h.NAOTO/サスクワァッチファブリックス)など、特徴はさまざまですが、その根底には、社会への問題意識を持ち、ファッションデザインのありかたを前例にとらわれずに模索する真摯な姿勢が読み取れます。
みずから感じ、考えながら、新しいファッションデザインを目指す彼らの服づくりは、それぞれが「ファッションとは何か」という問いに対する多様な回答と言えるでしょう。完成された服や素材だけを見せるのではなく、クリエイションの背景にあるデザインのイメージや世界観などを、建築家中村竜治のデザインによる斬新な展示空間のなかで体感していただけます。ファッションと建築デザインのコラボレーションにもご注目下さい。

 

関連イベント

「ギャラリートーク」

 

詳細はホームページをご覧ください。
特別展示「
感じる服 考える服:東京ファッションの現在形

神戸ファッション美術館

  • 2012/02/25 |
  • 10:44 |
  • お知らせ
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

COLLECTION SEMINAR 2012-2013秋冬

神戸ファッション美術館にて、2012-13秋冬ミラノ・パリコレクションの 速報 コレクションセミナーを開催します。

2月下旬から3月上旬にかけて開催されるミラノ・パリコレクションの主要ブランドを中心に、最新の映像とスライドを用いてレポーターとスペシャルゲスト が、来年春夏のシーズン・トレンドを徹底分析します。

司会・進行はWWDジャパン編 集長の山室一幸氏。

世界のファッション動向をはかる絶好の機会となるに違いありません。業界必見のトレンドセミナーです。

COLLECTION SEMINAR

2012-13秋冬 ミラノ・パリコレクション 速報 

日時
 2012年3月27日(火) 13:30 ~ 16:30

会場
 神戸ファッション美術館5階 オルビスホール

受講料
 1名様 13,000円(税込)

スペシャルゲスト
 関本美弥子(東京生活研究所 / 松屋 婦人服・服飾雑貨ファッションディレクター)

レポーター
 向 千鶴(WWDジャパンモバイル編集長)
 市川重人(WWDジャパン記者)

司会・進行
 山室一幸(WWDジャパン編集長)

主催・共催
 財団法人ファッション振興財団・神戸ファッション美術館

企画・協力
 WWDジャパン

お問合せ・お申込み
 財団法人ファッション振興財団 電話番号 03-5410-0091
 ホームページ(http://www.ffj.or.jp/) からでもお申込みいただけます。

COLLECTION CEMINAR

KMi.