follow me

1月のギャラリーイベント

shine新年あけましておめでとうございます

本年も神戸ファッション美術館をどうぞよろしくお願いいたしますconfident

★ ★

さて、次回特別展示「感じる服 考える服: 東京ファッションの現在形」はいよいよ1月14日から開催されます。ぜひご期待下さい。

★ ★

4階のギャラリーでは、1月13日から下記のイベントが開催されます。

↓ ↓

伝統と創造の美  …平成23年度 アイヌ民芸品展示会…

日時 ◆◆ 平成24年1月13日(金)~17日(火)
  10:00~18:00 (最終日は15:00まで)

場所 ◆◆ 神戸ファッション美術館 4F ギャラリー

アイヌ民芸品・工芸品の展示、実演と木彫製作体験(無料)を実施いたします。

※ワークショップ(木製コースター製作体験)
 秋辺日出男/デボの店

※実演・展示
 <木彫製作>
  森田 薫/エポエポ民芸
 <木彫製作>
  貝澤 徹/北の工房つとむ
 <刺しゅう>
  小川 早苗/手づくりウタラ

※展示
 <伝統工芸品>
  浦川 太八/ホロベツ民芸

※出品者
 貝澤 文俊/カイザー
 小川 早苗/手づくりウタラ
 吉田 信男/吉田民芸
 貝澤 徹 /北の工房つとむ
 貝澤 幸司/つとむ民芸
 山田 祐冶/やまだ民芸社
 浦川 太八/ホロベツ民芸
 森田 薫 /エポエポ民芸
 長縄由加利/エルズ
 かとうまちこ

問い合わせ ◆◆ 社団法人北海道アイヌ協会
  TEL 011-221-0462   FAX 011-221-0672
        http://www.ainu-assn.or.jp/index.html

アイヌ民族は、「衣」「食」「住」に必要な民具や道具、儀礼に使用する祭具類を製作するための技法を今に継承してきました。木彫や刺しゅうなどの伝統的な技法には、北海道に植生する樹木の堅さや重さなど、その特徴を活かした素材が用いられ、日常生活に使用された道具類は、機能性が高く、また、感謝の念を表現した造形的な美しさも併せ持っています。(パンフレットより抜粋)

民族的感性を表現した芸術作品をぜひご堪能下さい。

多くの皆様のご来館・ご来場を心よりお待ちしております。