follow me

金子コレクションから見た金山平三の世界展開催中

神戸ゆかりの美術館では、10月1日から『東北・日本の原風景を描く 金子コレクションから見た金山平三の世界』展を開催しています。

卓越した色彩と、堅固な構図で日本の美しい四季を描いた日本洋画壇の巨匠・金山平三(1883-1964)は神戸市の出身です。

東京美術学校(現・東京藝術大学)にて黒田清輝に学び、首席で卒業後渡欧。

ヨーロッパ各地で写生をしてまわり、本場の油彩の技術を会得しました。

帰国後も精力的に作画に取り組みましたが、昭和10(1935)年の帝展改組を機に中央画壇からは距離を置いてしまいます。

そこで金山が制作の拠点とした地が東北です。

青森の奥入瀬や、

山形の大石田、最上川。

真冬の厳しい寒さの中でも、屋外にイーゼルを置いて制作を続けた金山の姿を想像しながら作品を見つめてみてください。

美しくもときに厳しい面を見せる豊かな自然と、その中でも寄り添って生きる人々のぬくもりを、

きっといとおしく思い、描いていた金山を感じ取れるのではないでしょうか。

後半生は東北に拠点を置いた金山ですが、地元神戸にも年に一度は帰っていたそうです。

神戸ゆかりの美術館が所蔵する、昭和30年代のメリケン波止場風景を描いた《港》も展示されています。

さて、金山平三展もオープンから早くも20日がたちましたが、新聞社さんでも何度か取り上げていただいています。

神戸新聞さんでは10月2日、15日いずれも朝刊、

毎日新聞さんでは14日朝刊でご紹介いただきました。

新聞で見かけて、ちょっと気になっていた方、

駅や他の美術館さんでポスターを見かけられた方、

神戸に住んでいるけど、金山平三ってちょっと知らないなあという方!!

ぜひぜひ神戸ゆかりの美術館にお越しください。

金山平三の美しい色彩と、日本のみずみずしい風景を感じとっていただければ幸いです。

会期は12月25日(日)まで、午前10時から午後6時まで開館しています。

nataco

美女たちのよそおい展へ どうぞ!

先週から始まりました「美女たちのよそおい」展。

まずは、ざざっとご紹介したいと思います。

導入は、神戸ファッション美術館のオリジナル映像「18・19世紀のモード」。

ヨーロッパで制作されたため、登場人物、衣装など、さすがに行きとどいています。
普段は年表脇のスペースで小さなモニターで上映されていたものですが
今回はプロジェクターにて大きく映し出すことで、迫力が出て
衣装の細部まで見ることができます。

座り心地の良いソファで、ゆっくりご覧ください。

まず最初の部屋は、ロココの時代。

ロココ美女のお化粧室を 通りがかります。

素敵な鏡や調度品にも、ご注目ください。

重厚な ローブ・ア・ラ・フランセーズ から
エンパイアスタイルのドレス、
ロマンチックスタイルのドレスの時代

衣装のスタイルの変化と同様
髪型の変化も こうした結髪雛型でご覧いただけます。

19世紀から20世紀へと向かい
アール・デコ期まで

それぞれの時代のファッションと、メークの小道具たちが共演し
女性の「装いと粧い」を、相互に魅力的に見せてくれています。

こちらは、同時開催の「メークアップ・アートの現在」展での
江川悦子氏の作品。

ゴースト・バスターズなど、ハリウッドの映画作品やCM
トレンドなドラマでもおなじみの特殊メークの作品が出展されています。

その巧妙さ、精緻さに思わず歓声があがっています。

なんと、shine10月30日には、江川悦子先生がご来館。shine

ロビーにて即興で「木の精」の特殊メークを披露していただけます。
たのしみです!

それを皮切りに、講演会、ワークショップなども開催されます。

それぞれの時代の美女たちのたしなみについて 
より深いご理解をいただけるものと思います。

ぜひチェックしてご予定に入れてくださいね!

                            fujiH.O         

江川悦子 特殊メークアップ・パフォーマンス 「木の精」降臨

現在開催中の特別展示「美女たちのよそおい -ロココからアール・デコのメークアップ&ヘアモード-」展と同時開催の「メークアップ・アートの現在」展より江川悦子さんによる特殊メークアップ・パフォーマンスのお知らせです。

日時10月30日(日)

時間14:00~16:00

会場神戸ファッション美術館1Fロビースペース

申込不要/参加無料

特殊メークアップ・アートのパイオニア、江川悦子氏が、即興で誰も見たことのない美神「木の精」を創り出します。
アメリカにて映画「ゴーストバスターズ」「キャプテンEO」などに参加。帰国後、特殊メーク、造形分野のパイオニア的ファクトリー「メイクアップディメンションズ」を設立。映画「ゲゲゲの鬼太郎」を始め、多くのドラマやCMで幅広く活躍中。

 

神戸ファッション美術館

お持ち帰りください

「美女たちのよそおい―ロココからアール・デコのメークアップ&ヘアモード」展好評開催中です。

来られた方にぜひお持ち帰りいただきたいのが、こちら。

ポスターサイズの大きなものですが、裏を返すとなんと、年表になっています!

ロココからアールデコまでの時代の、時代背景、ファッション、メークアップ、そしてヘアモードが、一目瞭然shine

服飾やメーク小物、ヘアモードなどの展示品を実際に鑑賞し、併せてこの年表を見ると、それぞれの時代の空気感といったものを、一層感じていただけるのではないでしょうか。

少なくとも私は、今回の展示、そして年表のおかげで、断片的だった服飾史が立体的に繋がったように感じましたし、その時代背景にも想いを馳せることが出来ました。

もしタイムスリップ出来るならどの時代がいいかな、なんて想像してみるのも楽しいものですねhappy01

ただこちらの年表、数に限りがあり、なるべく多くの方にお持ち帰りいただきたいので、お一人様一枚までとさせていただきます。ご協力の程宜しくお願いいたします。

こめこ

イベントの秋

こんにちは。10月も半ばにさしかかりましたね。皆様、どのような秋をお過ごしでしょうか?私にとって秋は一年のうち一番過ごしやすく、活動しやすい時期なので最近お休みの日はよく外出して秋を感じていますmaple 

芸術の秋・読書の秋・食欲の秋・・など、秋はいろいろと楽しめる季節だと思いますが、東灘では様々なイベントが開催されていますねflair

本日より「ひがしなだスイーツめぐり」が開催されていますが、現在11月27日(日)まで「灘の酒蔵探訪」も開催されています。

期間は10月1日(土)~11月27日(日)で、期間中の土日祝は「灘の酒蔵めぐりバス」が1日6便、1回100円(1日乗車は200円)で運行train

「灘の酒ぐらスタンプラリー」が行われており、参加された方には素敵なプレゼントが抽選であたるそうですpresent

一部の酒蔵では試飲ができるようですのでお酒お好きな方は必見ですねhappy01 

詳しくはこちらをご覧ください⇒灘の酒蔵探訪

pochi

  • 2011/10/15 |
  • 12:07 |
  • 神戸観光
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!