follow me

神戸空港その16。

定例の神戸空港展示のお知らせです。展示に行った日はお天気がよく、飛行機に乗って旅立つ人たちがうらやましかったです。

今回は、イギリス海軍の水平の制服とベレー帽です。現在、着られている形ではなく、少し前のスタイルになります。現在のものとの大きな違いはパンツのシルエットです。ほかの国の水平服にもこのようなゆったりしたパンツは見られないので、ちょっと珍しい形なんですよ。

そして、屋上にもちょっと珍しい植物を発見。

お花屋さんでみたことはありますが、植木鉢に植えてあるのは初めて見ました。茎と実(?)以外、何もないこの植物…。思わず「ホンモノ???」と植えてある土のところをじっくり観察したところ、ホンモノのようです。茎の上のほうがはさみでパツンと切られているのも気になります。上はどうなっているのでしょう??? 帰ってライブラリーで名前を調べようとしたのですが…。 一応、「植物」という分類はあるのですが…。まあ、ファッション専門の図書館だから……。

そのかわり(?)、おもしろい本を書庫で見つけました。タイトルは「花の王国 第4巻 珍奇植物」(ID:5500007597 / 請求番号4208=HAN=4 / 閲覧にはライブラリーカードまたは身分証明書が必要)です。作家、荒俣宏さんが文章を書いておられます。なかを見ると珍しい植物がページ一杯に描かれています。解説には、その植物を発見した人のその後が書かれていたり、実用的な用途が紹介されていたり、「植物園の温室にはかかせない」などと不思議な文章もあります。

神戸空港の展示のお話から少しそれてしまいました…。次回の展示替えは12月下旬の予定です。

福。