follow me

2011秋期服飾文化セミナー

2011年度 秋期服飾文化セミナーのお知らせです。
これから衣服にできること 21世紀ファッションの可能性

2012年は日本が洋装化してから140周年。これを機に、神戸ファッション美術館では、2022年までの期間を《日本の着衣を考える十年》として、講演会やセミナー、シンポジウム、ワークショップなど様々な催しを企画してまいります。
それに先立ちまして、2011年秋期服飾文化セミナーは《これから衣服にできること ― 21世紀ファッションの可能性》とテーマを定め、ファッションを含めた私たちの衣服をめぐる現状とその問題、そしてそれらを超えていく新たな視点や試みについて、講師をお招きしてお話しいただきます。
グローバル化の進行、世界経済の混迷、各地で起こる未曽有の天災や人災、エネルギーや環境の問題、社会構造の不平等化など、21世紀に多くの課題を抱える私たちにとって、個人と社会をつなぐ衣服にどのような可能性が求められているのか、またそれにどのように取り組めばいいのか、時代を俯瞰する視点から、具体的な取り組みの実例まで、多角的な視野から考えていきます。

第1回 10月15日(土) 14:00-
講師:成実 弘至 氏(京都造形芸術大学)
場所:神戸ファッション美術館4階 第1セミナー室
定員:90名

第2回 11月19日(土) 14:00-
講師:岡 正子 氏(ファッション・デザイナー、ドレスメーカー学院院長)
場所:神戸ファッション美術館4階 第1セミナー室
定員:90名

第3回 12月17日(土) 14:00-
講師:藤原 大 氏(ファッション・デザイナー)
場所:神戸ファッション美術館5 オルビスホール
定員:300名

 

時 間 各回とも14:00- (約90分) ※受付は13:30-
料 金 一般-1回500円
        高校生、65歳以上-1回300円

※入場券はセミナー当日の朝10時より、神戸ファッション美術館1階にて先着順で販売します。

 

KMi.

  • 2011/09/08 |
  • 18:00 |
  • お知らせ
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!