follow me

藍染め作品、まとうと涼やか

夏本番。。。陽射しの強い日が続きますが、バテていませんか。

神戸ファッション美術館で開催中の「インディゴ物語―藍が奏でる青い世界―」展では、藍で染められた作品のほか、世界各国のさまざまな「藍と青」の衣装やテキスタイルをご紹介しています。

今日は、ご来館のお客様の藍染めの装いをご紹介します。

7月の新道弘之お話し会にお越しくださったお二人。

お二人とも、ご自身で絞り作業をおこなって、染められた作品とのことでした。すごくステキ!とてもお似合いで、正面のお姿を撮影するのを忘れてしまいました。。。

8月のギャラリートークにお越しくださったご夫妻。

新道さんの主宰されている、ちいさな藍美術館を数年前に訪ねられた際に、シンディゴ絞りに魅了されて、選ばれたそうです。毎年夏には、必ず袖をとおしますとお話しくださいました。

お写真は撮れませんでしたが、ワンポイントで藍染めのものを取り入れた方々もお見かけします。

藍染めのもの!?どんなもので装えるかな~と思考を巡らせてくださった、ブログの前の皆さん!
展示室を覗いていただいてヒントを得てから、ワードロープを見まわしてみるのも、よいかもしれませんよ。

一服の涼を、藍色の装いで取り入れてみてください。