follow me

六甲アイランドにてスーツを仕立てたること

そもそもが簡単な理由でした。

どこかで紹介されていた『王様の仕立屋』という漫画を読みはじめて、衣服を仕立てるということに非常に興味がわいたのです。

そもそも神戸ファッション美術館というところに長らく勤めながら、普段着るものは既成服ばかりでした。もともとここで勤め始めるまでは、“ファッション”に強い興味があったわけでもなかったがゆえに、それに関する知識は浅薄なものでした。しかし、いざそのような仕事に就けば、「知りません」「着たことありません」では務まらないので、服を着るのも仕事のうちとプレタポルテ(デザイナーの既製服)を着るようになりました。自らの財布の都合上、もちろん、「常に」というわけにはいきませんが。

そんな私が、『王様の仕立屋』という漫画を読み、仕立服に興味を覚えたのです。今から3年ほど前のことでした。いざ仕立てようと思うと、どこも敷居が高い気がして迷っていた矢先、美術館のご近所の神戸ファッションマート内に仕立屋さんがあるということを知り、石田洋服店を訪ねたのです。

その時は、スーパー130の黒のウールでスーツを仕立ててもらいました。生まれて初めての仕立服です。いつもネクタイを締めて働いているわけではないので、スーツは年に数回、ちょっとかしこまった折に着る程度ですが、それでもしっかり採寸してもらい手縫いで仕上げてもらったスーツは、着心地もさることながらデメリットだらけの自らの体形をも見事にカバーしてくれて、ここ一番の戦闘服として今も活躍しています。

その石田洋服店店長の石田原さんとは、その後もちょくちょくお店に立ち寄っては四方山話に花を咲かせたりしていましたが、昨年の11月にふとした立ち話から、神戸を中心に紳士服を盛り上げようという計画が湧き出て、神戸ブランメル倶楽部が発足しました。

現在、私はその神戸ブランメル倶楽部の代表を務めさせていただいておりますが、5月と11月の定期イベントの際には、やはり衣裳が必要となります。もちろん自前ですが。

5月のイベント〈コットン ア ウォーク2011〉の名の通り、コットンのスーツを仕立てましたが、今は11月の〈ツイードア ウォーク2011〉に向けて、ツイードのスリーピースを仕立てています。この暑い盛りにツイードの生地を選ぶのもなんだか暑苦しい行為ではあるのですが、仮縫いやもろもろの工程を考えると、今頃から取り掛かっておいた方が良いようです。

今回は、高密度のグリーン系の生地を選んで、ソリッドな感じのスリーピースに仕上がる予定です。そろそろ仮縫いが仕上がってくるはずなので、今から楽しみにしています。

MOMO

  • 2011/07/31 |
  • 18:00 |
  • ファッション
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!