follow me

☆新着図書☆

ライブラリーより新着図書のご紹介です。
今回はVisionaire(ヴィジョネア)が2冊入荷しました。

 
Visionaireとは…
1991年の創刊以来、毎号異なったテーマでファッションイメージとアートを表現する
ニューヨーク発のヴィジュアル誌で、最先端で活躍するアーティストやファッション
ブランドともコラボレーションし、常に新しいスタイルを生み出している雑誌です。
どのようなスタイルの装丁で発行されるのか毎回楽しみにさせられ、そして驚かされ
ます。もはや雑誌というよりアートなオブジェですね。

発行部数は毎号3000~6000部の世界限定になっており、ナンバリングが施されて
います。値段もピンからキリまでで、世界中でコレクターズアイテムとしてのその
価値も上昇しているのですが、やはりその斬新で自由な表現方法を追求し続け、
一流のアーティストや企業が共感し参加しているということは、もはや値段ではなく、
『Visionaire』という確立されたブランドの証ではないでしょうか。

 
さて、今回入荷したのはNo.59とNo.60の2冊で、比較的どちらも落ち着いた装丁です。
No.58の入荷を待ち続けていたのですが、この号、故アレキサンダーマックイーン氏を
特集した「”Split” A Tribute to Lee Alexander McQueen」は、各アーティストの
作品が野生植物の種を植えた紙に印刷されていて、水やりをすればその上に花が咲く
というもの。このため税関検疫上、日本未入荷となってしまったのです。

 
というわけで、まずNo.59の『FAIRY TALE』

その名のとおりおとぎ話がテーマになっています。
現代を代表するアーティストやフォトグラファーが作家とコラボレーションし、子供達
のために用意したおとぎ話のセットです。
エナメルのブックストラップに11冊のハードカバーの本がまとめられているのですが、
このブックストラップが私にはどうしてもランドセルに見えて仕方がありません。

表紙を開くとビョークの歌声が流れてきたり、こすると匂いがかげたり、フロック加工
やレンチキュラーが施してあったり…様々なちょっとしたユニークな仕様があります。
本を開くたび、なんだか懐かしい、ほんとに童心にかえって楽しめるものになってい
ます。

その中でも私が気に入ったものを少し紹介します。
まずは、アーティストのKaren Killimnikと女優Kirsten Dunstによるお話。

ゴールドのタッセル型のブックマークがポイントに、ページをめくる度に目に入る
Marc Jacobs や Versace、Chanel、Dior、Swarovski などのジュエリーやアクセサリー
、香水の存在がなんとも愛らしく溶け込んでいて、女の子の心をくすぐるのです。
お話もほんとにかわいくて、まさにKirsten Dunstのガーリーな世界が広がっています。
この本、個人的に単品購入したいくらい素敵です。
もちろんできないのですが。。

もう1つは、アーティストのRichard Philipsと、テレビドラマは日本でも大ヒットした
『ゴシップガール』の原作者Cecily von ZiegesarによるFunny Bookです。

15人の顔がそれぞれ目・鼻・口と分かれていて、ページをめくることで自由に顔のパー
ツを組み合わすことができます。
めくった裏側にはメッセージが添えられていて、それぞれその字体が違うのでこれまた
かわいらしいのです。
ちょっとした英語の勉強にもよさそうですね。

 
次に、No.60の『RELIGION』

こちらはNo.59とはガラリと雰囲気が変わります。
教会の祭壇にインスパイアされた木製のカバーを開いて出てくるのは、ブラックレザー
が重厚な趣きをかもし出す作品集で、宗教への関心や文化をファッションとして捉えて
います。
「Givenchy by Riccardo Tisci」のアーティスティック・ディレクターRiccardo Tisci
が全監修のこちらは、豪華すぎる参加メンバーとコラボレーションの数々です。

Mert Alas & Marcus Piggott ×Lara Stone 、Karl Lagerfeld ×元仏ヴォーグ編集長
のCarine Roitfield 、編集者のJefferson Hack ×Patti Smithはポラロイドをキュレーション。
その他、パフォーマンスアートのMarina Abramovic 、Daniele+Iango with Luigi Murenu ×Christina Ricci、Nick Knight ×Kate Moss など多数がティッシの企画に参加しています。

 
これらのVisionaireは閉架図書になりますので、閲覧希望の場合はライブラリーカード
が必要です。(※発行には身分証明書が必要です。)

現在、神戸ファッション美術館の所蔵はNo.2~最新のNo.60までで、内容の記載してあるそれぞれのプレートを閲覧室の雑誌棚に設置しています。

気になる方は一度こちらで確認していただき、カウンターにて閲覧申し込みを行って
くださいネ☆
  
  

ribbon

  • 2011/07/29 |
  • 14:36 |
  • ライブラリー
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!