follow me

☆新着図書☆

ライブラリーより新着図書のご紹介です。

今回は7/14(木)~神戸ファッション美術館1Fで開催される特別展示
『インディゴ物語 藍が奏でる青い世界』 の関連図書になります。
 

藍から青へ
 自然の産物と手工業

【請求番号:0204/AIK】【資料ID:5500478204】
  

藍の型染
 消えてゆく木綿のうるおい

【請求番号:0204/AIN】【資料ID:5500475964】
  

藍染め
 NHK 美の壺

【請求番号:0204/AIZ】【資料ID:5500477790】

 
藍染おりがみ絞り

【請求番号:0204/AIZ】【資料ID:5500477833】

おりがみ絞りとは、折り紙を折るように布を小さく折り畳み、輪ゴムで止めて染色する
新しい絞り染めの方法です。
私もTシャツを自分で染めたことがあって、模様をつけようと輪ゴムで適当にとめる
のですが、どんな模様がでるのか出来上がってからしか分からないという、
なんとも変なドキドキ感がありました。
でも本書では、折り畳み方の組み合わせを工夫することによって、誰にでも簡単に、
様々な規則正しい模様を作ることができるよう、細かく紹介されています。

そして藍染めというと、なんとなく日本の夏のイメージではないでしょうか?
Tシャツはもちろん、コースターや座布団、のれんや浴衣など、
いろいろな作品の絞り工程が満載ですので、今からの季節、ぜひ挑戦してみたいですね。
  

藍Ⅱ 暮らしが育てた色
 ものと人間の文化史 65-Ⅱ

【請求番号:0204/MON/65】【資料ID:5500475991】
 

合成染料の技法
 染色の基礎知識 実技に役立つ染料・助剤・用具・染め方

【請求番号:0204/SEN】【資料ID:5500477861】
 

草木染め大全
 染料植物から染色技法まですべてがわかる

【請求番号:0204/KUS】【資料ID:5500477806】

まさしく草木染めのすべてがわかる保存版です。
草花・樹木・ハーブ・花と実・花びらなどを使用し、およそ3500種もの染色サンプルが
掲載されています。同じ染料であっても、染める生地と媒染剤(色止めと発色のために
使用するもの)によって、微妙に変化していく色もまるわかりです。
こんなにもたくさんの種類の草木があるのかと、勉強もできてしまう本です。
でもこんなに盛りだくさんの内容が、本当に見やすくまとめられている点が一番の
おすすめポイントかもしれません。
 

Jeans of the Old West
 A History

【請求番号:0504/JEA】【資料ID:5500478222】

  
着物のふるさと・染め織り巡り

【請求番号:0904/KIM】【資料ID:5500473899】

日本の民族衣装である着物と染め織りの繋がりは歴史の中で育まれてきました。
まずページを開いて驚くのが、日本の染め織りMAPです。

沖縄から北海道まで、なんと染め織りの産地が多いことか。
本書はその中でもとくに25種類に焦点をあて紹介しています。

その土地独自の特徴や工程から、日本の文化というものが感じられ、そして、
まるで旅行のパンフレットを見ているような楽しい1冊です。
巻末には着物、和裁の基礎知識、染め織り用語集も掲載しています。

 
色彩
 色材の文化史

【請求番号:3504/SHI】【資料ID:5500478213】

この自然環境には膨大な色彩があふれていて、その色彩を日常生活のあらゆる場面に
使うのには「色材」をつくる必要があります。
科学的合成色材が出現するまでは、自然のものを原料にしなければならなかったの
ですが、植物のそのままの色が色材を生むわけではなく、科学的な操作により色材は
生み出されるものだということなのです。

そして、色材の原料は生産地や生産量に大きく左右されるため、経済と政治にまで
関わりができ、さらには美術表現の歴史でもあると、本書ではコンパクトながら
実に分かりやすくまとまっています。

色鮮やかなパステルが目を引くこの表紙が絶妙なのです。
  

Chinese Indigo Designs CD-ROM & Book  ※付属CD-ROMあり

【請求番号:3622/CHI】【資料ID:5500477762】
  

中国貴州省 少数民族の暮らしと祭り
 苗族・トン族・プイ族・老漢族の村々を行く

【請求番号:4107/CHU】【資料ID:5500477824】

  
  
以上です。
これらの新着図書は、検索機の手前の「展示関連図書コーナー」に設置しています。
美術館1Fの特別展示『インディゴ物語 藍が奏でる青い世界』 展示は14日(木)~
と併せてぜひご覧下さいませ。

ribbon

  • 2011/07/03 |
  • 10:00 |
  • ライブラリー
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!