follow me

藍にまつわるイベント

次回展示「インディゴ物語 藍が奏でる青い世界
2011年7月14日(木)-9月27日(火)
関連イベントのお知らせですbud

 
新道弘之お話し会 「私と藍」
申込不要・参加無料
日時:7月17日(日) 14:00-15:30(受付13:30より)
会場:4階セミナー室
講師:新道弘之(ちいさな藍美術館・藍染作家)
新道氏は京都・美山町の北工房にて創作活動を行いながら、日本だけでなく、アメリカ、イギリス、ベルギー、フランスなど、各国の展覧会に招かれています。現在はカナダの国立文明博物館でのJAPAN TRADITION INNOVATIONにて作品を展示中です。シンディゴ絞りに代表される作品や世界各地の藍染めなど、インディゴブルーの魅力についてお話しいただきます。

 

藍の生葉染めワークショップ
申込締切:第1回 7月21日(木)、第2回 8月20日(土)消印有効
第1回 7月31日(日) 10:00-12:30 小学生(保護者送迎)
第2回 9月3日(土) 10:00-12:30 中学生以上の方ならどなたでも
定員:15名(応募者多数の場合は抽選)
参加費:1,000円(材料費)
持ち物:汚れてもよい服装
協力:牛田智(武庫川女子大学)、村井弘昌(播磨藍)
タデアイの生葉を使って絹のストールを染めます。藍の葉っぱをそのまま使って、夏の陽射しのチカラを借りる、この季節にしかできない染め方で、あなただけのオリジナル作品を作りませんか。
※応募方法はこちらから

 

日光で青い写真をつくろう!
申込締切:第1回 8月12日(金)、第2回 8月26日(金)消印有効
第1回 8月28日(日) 13:00-16:00 小学校5年生以上~中学生
第2回 9月11日(日) 13:00-16:00 高校生以上の方ならどなたでも
定員:15名(応募者多数の場合は抽選)
参加費:500円(材料費)
講師:坂上征治(Photo Gallery壹燈舎スタッフ)
持ち物:汚れてもよい服装
日光写真(サイアノタイプ)は、1842年に発明された写真の古典技法です。この技法を使うと、お手持ちの写真が太陽光(紫外線)で美しい青の濃淡の写真に生まれ変わります。出来上がった作品は、フォトフレームと一緒にお持ち帰りいただきます。
※応募方法はこちらから

 

ギャラリートーク
7月23日(土)、8月13日(土) 、9月10日(土)
いずれも14:00~(約30分)
(予約不要・展示室をご覧の方は無料)  解説:当館学芸員

  

神戸ファッション美術館