follow me

新道弘之お話し会「私と藍」

たくさんの方に楽しんでいただきました「コレクション展 1960-2000年代のファッション―サンローランからガリアーノ、マックイーンまで―」は、6月28日(火)で閉幕しました。昨日から、特別展示エリアは展示替え作業が始まりました。

7月14日(木)からの次回特別展示は「インディゴ物語―藍が奏でる青い世界―」です。

藍にまつわるイベントとして、7月17日(日)には、新道弘之お話し会「私と藍」を開催します。

○ ● ○ ● ○

藍に魅了されて半世紀――新道さんは学生時代に藍と出合い、綿々と藍染作品を作り続けてこられました。

今年は、京都市内から南丹市の美山町に工房を移されて30年の節目にあたります。

どのように藍に取り組んでこられたのか、藍建ての苦労、作品の発想の背景、新技法の開発など、歩んでこられた「藍人生」に耳をかたむけてみませんか。

お話しだけでなく、インドや播磨藍の藍製造現場も登場する、藍をテーマにした短編フイルム「藍の錬金術」も上映される予定です。

お話し会は、「シンディゴ絞り」に代表される作品や、世界各地の藍染など、新道さんが愛してやまないインディゴブルーの魅力について聞くことができる貴重な機会です。ぜひお楽しみください。

藍の空間2011 新道弘之

●日時 7月17日(日) 14:00-15:30(受付は13:30より)

●会場 神戸ファッション美術館 4階セミナー室

●講師 新道弘之(ちいさな藍美術館・藍染作家)

申込不要/参加無料(展覧会は入館券が必要です)

インディゴ物語展の会場では、新道さんの制作された藍染作品のほか、主宰されている「ちいさな藍美術館」の収蔵品より、日本の江戸時代を中心とした生活用具や板締め、100年以上前のバティックなどの素晴らしい作品もご紹介いたします。

みなさまのご参加をお待ちしております。  

pisces

本日、最終日です!

みなさん、こんにちはsun

暑い日々が続きますが、いかがお過ごしでしょうかt-shirt

本日は、特別展示「コレクション展 1960-2000年代のファッション サンローランからガリアーノ、マックイーンまで」の最終日となっておりますsign03

まだ展示をご覧になっていない皆さん、どうぞお急ぎ下さい!

今回の展覧会では、いつも以上にファッション系の学生の方々がたくさんご来館されましたnote

チラシの表に掲載されていた、アレキサンダー・マックイーンをはじめとして、数々の名立たるデザイナーの作品を間近で見ることができた!というアンケートのご回答が多くありました。

展示が終了してしまうのは寂しい気分ですが、次回の特別展示ではまたがらりと印象の違った展示室をご覧頂けそうですheart01

次回、 インディゴ物語 藍が奏でる青い世界では、神戸ファッション美術館所蔵の作品など世界中のの名品をご紹介します。

あわせて、 藍にまつわるイベントも開催の予定です!

ワークショップや、お話し会など盛りだくさんの内容となっております。詳細はこちら→spade

イベントのチラシは、こんな風になっています! ↓

 

 

藍の葉っぱのデザインになっていて、開く場所によって違った藍の表情になります☆

ぜひ街でみつけて手にとってご覧くださいshine

お茶clover

mim shop news – @SAi TON 萬福 DAY in 萬福寺

mim shop からのお知らせ。
堀江にある萬福寺でのイベント《SAi TON 萬福 DAY》に
mimでも人気のテキスタイルジュエリー作家 Unekaさんが参加します。
みる、かう、あそぶ。全部で『55』たのしめるそう。
ひと足早い夏祭りの気分。
暑いナツはたのしいイベントに参加してのりきりましょ。
SAi TON 萬福 DAY
2011年7月10日 SUNDAY.12:00 - 17:00 雨天決行!

会場:萬福寺(〒550-0015 大阪府大阪市西区南堀江1丁目14-23)
入場料:大人千円:小人〇円
堀江公園前:萬福寺とPULP PICTURES
▲ くわしくはこちら ☆saipulp
museum in museum

  • 2011/06/27 |
  • 10:00 |
  • ミュージアムショップ
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

松本ぼの写真展 『収蔵品から聴こえてくる音』

7月に神戸ファッション美術館4階ギャラリーで開催される写真展のお知らせです。

松本ぼの写真展   『収蔵品から聴こえてくる音』

◇ ◇ ◇

写真は光で描く「絵画」の一面を持っています。光が「物」と交信するとどのような世界を現出させることができるのか?会場には美術館の収蔵品である帽子や靴そのものと、それをフィルムカメラで写し止めた写真とを同時に展示し、その両者が作り出した空間を来場者に楽しんでいただければと考えています。

◇ ◇ ◇

7月10日(日) &  7月16日(土) 15:00~15:20
シンギングボウル(とても小さく微細な音を奏でる器)の音を聞きながらの撮影者による作品解説の時間を設けます。

◇ ◇ ◇

 
会期:  2011年7月9日(土)~7月17日(日) ※7月13日(水)休館

時間:  12:00~18:00  ※最終日15:00まで

会場:  神戸ファッション美術館 4階 ギャラリー

お問い合わせ:  ぼのフォトスクール ℡078-753-8520 http://www.bonophotoschool.com/

共催:  神戸ファッション美術館

ただいま、神戸ファッション美術館4階ギャラリーでは、福本美樹写真展『bleue vague(ブルーヴァーグ)』が6月28日(火)まで開催中です。1階展示室で開催中の『コレクション展 1960-2000年代のファッションサンローランからガリアーノ、マックウィーンまで』も同じく6月28日(火)までとなっております。
ぜひ、お見逃しなく

7月のワークショップ予告♪神戸ゆかりの美術館

こんにちは。

6月も後半残すところわずかとなりました。

7月と聞くといよいよ夏の到来ですね。夏休みも近づいてきました。

神戸ファッション美術館はもちろん、

お隣の神戸ゆかりの美術館でも

各種ワークショップを開催予定です。

神戸ゆかりの美術館7月のイベントはこちら↓

各イベントについてのお問い合わせは

神戸ゆかりの美術館(078-858-1520)まで。

re*eco