follow me

☆新着図書☆

こんにちは。
GWも終わり、なんだか一気に汗ばむ陽気になってきましたね。
みなさんはどのような休日を過ごされていたのでしょうか?
 
今日はライブラリーの新着図書のご紹介です。
今回は読み物になりますので、連休をアクティブに過ごされた方などは、
ゆったり読書の時間をつくってみるのもいいですね。

■イッセイ ミヤケのルール
 
【請求番号】0103/MIY 【資料ID】5500475641

 デザイナーズブランドをしての、デザインとビジネスの拮抗と均衡について。

 
■「好き」を仕事にする自分ブランドのつくりかた
 
準備から立ち上げ、軌道にのせるまえの「クリエーターの教科書」
 【請求番号】0103/SUK 【資料ID】5500474994

 ブランドの立ち上げとその後に起こりがちな問題について解説。

 
■スーツの百科事典
 【請求番号】0501/SUI 【資料ID】5500475196

 スーツを正しく着こなすための「知識」と「教養」を網羅した実用書。

 
■森ガール fashion & style BOOK
 【請求番号】1606/NOR 【資料ID】5500475445

 森ガールの、森ガールによる、森ガールのためのバイブル本。

 

■世界一の美女の創りかた
 【請求番号】1405/SEK/1 【資料ID】5500475795

 日本におけるミス・ユニバース ナショナル・ディレクターによる
 世界一の美女の創りかた

 
■世界一の美女の創りかた Part2
 【請求番号】1405/SEK/2 【資料ID】5500475801

 第2弾。3名のミス・ユニバースが誕生するまでのエピソード。

 
■シルクのべっぴん塾
 若顔&美BODY SUPER RECIPE
 【請求番号】1405/SHI 【資料ID】5500474967

 うわさ年齢50歳。われらがシルク姉さんの手軽で効果的な美容メソッド。

 

■ブリティッシュ・ファッション・デザイナーズ
 ステラマッカートニーからイーリーキシモトまで
 【請求番号】0401/BRI 【資料ID】5500454143

 なぜ、流行の先端はいつもイギリスからなのか?新定番デザイナーズ・カタログ

 
■グッドバイ バタフライ
 【請求番号】0402/GOO 【資料ID】5500475301

 不世出のデザイナー、森 英恵がすべてを綴った自伝。

 
■My Dear Bomb
 【請求番号】0402/GOO 【資料ID】5500474733・・・英語版
 【請求番号】0402/GOO 【資料ID】5500475104・・・日本語版

 デザイナー、ヨウジヤマモトの生と創作の本質について綴る自伝。

 
■THE BOOK OF THEATRE PRODUCTS
 
シアタープロダクツのメソッド
 【請求番号】0403/BOO 【資料ID】5500475632

 若手アパレルメーカーの型破りな5年間の軌跡と新たなイメージ。

 
■Front Row アナ・ウィンター
 ファッション界に君臨する女王の記録  
 【請求番号】0407/ANN 【資料ID】5500474116
 
 『プラダを着た悪魔』のモデルと言われるカリスマ編集長、待望のバイオグラフィー。

  
  
 
注目の1冊はこちら ↓ 

■イヴ・サンローランへの手紙
  【請求番号】0402/SAI 【資料ID】5500476157

こちらは現在公開されているドキュメンタリー映画『イヴ・サンローラン』の公開を
記念し刊行された書籍で、サンローランの50年に及ぶパートナー、ピエール・ベルジェ
がローランの素顔を日記形式で綴ったものです。

鮮やかなディープピンクの中のサンローランとベルジェがとても印象的な表紙で、
吸い込まれるようにページをめくると、冒頭だけでも感じることができる、
まさにそれは切なくて美しい‘Love letter’でした。

二人が辿ってきた栄光と挫折、その裏の失意と苦悩、そして二人の愛が、ベルジェの
詩情にあふれた文体によって、ますます切なく美しくさせるのです。

Love・・・heart01

ベルジェは本書で「ヴォードヴィル賞」(フランスの小説で特にエスプリの表現が
優れているものに対して贈られる文学賞)を受賞しています。

 
 
その気分のときに、自分の好きな場所で、気軽に自分だけの空間を楽しむことができる
文章は、映像からとはまた違った感じ方ができるかもしれませんね。
  
神戸ファッション美術館のライブラリーでは貸出を行っていないため、館内のみの閲覧に
なってしまいますが、ぜひのんびり読書の時間をお過ごし下さいませ。

  
  
  

ribbon

  • 2011/05/10 |
  • 16:43 |
  • ライブラリー
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!