follow me

SOUND EXHIBITION 2011 “ORBIS” JIRO HASHIMOTO

SOUND EXHIBITION 2011 “ORBIS” JIRO HASHIMOTO

サウンド・エキシビション ”オルビス” 橋本 次郎

2011年5月1日(日)神戸ファッション美術館 5F オルビスホール

[時間] 13:00|15:00|17:00|19:00(各回約45分)
[料金] 500円(各回共通 / 全席自由 / 別の時間での再入場も可能)

新作「オルビス」は、オルビスホールという音響空間の為に作られている。

オルビスホールの音響システムは、メインとなるスピーカーが天井に、そして床下には低域専用スピーカーが仕込まれている。更に数台のスピーカーを会場に設ける事で「上方・下方・水平」と、多層的な音響空間となるだろう。

今作品は音に特化したエキシビションとして、映像等の視覚的要素を取払い、会場暗転のもと音が再生される。オルビスホールという空間を音の再生装置、生成装置、又はリスニングルームとして捉えてほしい。音の上映会のようなイメージで。



橋本 次郎

音楽家。神戸在住。ZEIT(ツァイト)主宰。
コンサート等での楽曲アレンジ、展覧会やショーへの楽曲提供、サウンドデザインを手掛け、またイベント、ギャラリー等でのライブ・パフォーマンスを行う。

2009年にはベルリン、札幌、京都、大阪各都市の電子音楽家を招いてのコンサート「090419」を開催。同年より神戸ファッション美術館ミュージアムショップ「museum in museum」の契約作家として、美術館やギャラリーなどの「空間で響く音」というコンセプトのもと「Raum(ラウム)= 空間 / シリーズ3部作」を制作・発表する。2010年には写真家の山本真人と「音」と「写真」による展覧会「空間×散らかった部屋」を開催。自身の作品では主にコンピュータを用い、独自の音響空間を目指す。

[主催] ツァイト
[共催] 神戸ファッション美術館
[協力] 総舞舎 有限会社

[お問い合せ] info@zeit-label.com
[ツイッター] http://twitter.com/zeit_label

神戸ファッション美術館
655-0032 神戸市東灘区向洋町中2-9-1
http://www.fashionmuseum.or.jp

神戸ファッション美術館 5F オルビスホール
http://www.fashionmuseum.or.jp/rent/hall.html

詳細はこちらをご覧下さい。
http://zeit-label.com/info/se2011.html

春のみち

神戸ファッション美術館の南側の道沿いには、桜の木が植わっています。現在の開花情報はこんな具合です。

太陽を存分に浴びているところは、7分咲き~満開の様子です。まだお花が咲いていないところも緑色の葉っぱが目にとまります。こちらの桜は、オオシマザクラという品種で、新葉とともに、白色または微紅色の花が咲き、実は熟すと黒紫色になります。

六甲アイランドには、街区や道路にはいろいろな樹木が植わっていて、四季をテーマに、季節ごとにさまざまな植物がみられます。

神戸ファッション美術館南側(海側)の通りでは、「春のみち」として、オオシマザクラのほか、ユキヤナギの白い花、イチョウの黄緑の新芽などが楽しめます。

神戸ファッション美術館へお越しの際は、「春のみち」も歩いてみてくださいね。

pisces