follow me

細江英公氏の写真展

先日、三ノ宮の栄町通にある写真ギャラリーTANTOTEMPOに行きました。

TANTOTEMPOでは現在、昨年文化功労者にも選ばれた日本を代表する写真家、細江英公氏の写真展『花泥棒』を開催中です(2月13日まで)。

この『花泥棒』は、戦後の女性下着の世界に革命を起こした下着デザイナーである鴨居羊子さんが手がけた個性あふれる人形たちを、細江氏が野に連れ出して撮影したシリーズです。サイズは小さいながらも34点の作品が並ぶ会場には、人形たちの生気と狂気と色気が立ち込めているようです。一つ一つ強烈な生命感を醸し出している人形たちは、さながら地下劇場の役者たちのように、鬼気迫るドラマを魅せてくれます。

この作品シリーズを撮影された細江氏の作品展『ファインダーから視た肉体』が、1月27日から2月8日まで神戸ファッション美術館の4階ギャラリーで始まります。入場料は無料で、水曜日は休館です。

この作品展は、細江氏の1969年から70年にかけての『抱擁』シリーズ7点と、1993年に発表されたソラリゼーション技法を用いた〈ルナ・ロッソ〉のシリーズ10点から構成されます。

2月6日には5階のオルビスホールで、講演会も開催します。

ぜひこの機会に神戸に足をお運びいただき、様々な魅力を放つ細江氏の写真世界を堪能してください。

MOMO

COLLECTION SEMINAR 2011-2012秋冬

神戸ファッション美術館にて、2011-12秋冬ミラノ・パリコレクションの 速報 コレクションセミナーを開催します。

2月下旬から3月上旬にかけて開催されるミラノ・パリコレクションの主要ブランドを中心に、最新の映像とスライドを用いてレポーターとスペシャルゲスト が、来年春夏のシーズン・トレンドを徹底分析します。

司会・進行はWWDジャパン編 集長の山室一幸氏。

世界のファッション動向をはかる絶好の機会となるに違いありません。業界必見のトレンドセミナーです。

2011-12秋冬 ミラノ・パリコレクション 速報セミナー

日時
 2011年3月28日(月) 13:30 ~ 16:30

会場
 神戸ファッション美術館5階 オルビスホール

受講料
 1名様 13,000円(税込)

スペシャルゲスト
 関本美弥子(東京生活研究所 / 松屋 婦人服・服飾雑貨ファッションディレクター)

レポーター
 WWDジャパン コレクション派遣レポーター(予定)

司会・進行
 山室一幸(WWDジャパン編集長)

主催・共催
 財団法人ファッション振興財団・神戸ファッション美術館

企画・協力
 WWDジャパン

お問合せ・お申込み
 財団法人ファッション振興財団 電話番号 03-5410-0091
 ホームページ(http://www.ffj.or.jp/) からでもお申込みいただけます。

 

神戸ファッション美術館