follow me

モダーンズと上海モダン

神戸ファッション美術館では来年の1月10日まで「ファッション写真展 女神(ミューズ)たちの肖像 モードと女性美の軌跡」と「ベルナール・フォコンの見た夢 ノスタルジーを超えて」を開催しています。年賀状やクリスマスカードの描く上での素敵なヒントが満載ですので、早めに是非ご来館ください。

 その後は1月27日から「あぁ!美しきモダーンズ 東西新世代女性たちの装い」展を開催します。20世紀前半に世界で流行したモダンを日本、上海、アメリカ、パリの交流を通して再発見していただく試みです。懐かしいけど新しいものを沢山展示する予定なので御期待ください。

 モダーンズ展の関連としては、2011年1月29日から3月27日まで長崎歴史文化博物館で「チャイナドレスと上海モダンガール(仮称)」展が始まります。2008年に当館で開催した「チャイナ×チャイナ×チャイナ チャイナドレスの変遷」展の巡回バージョンです。今回も服飾研究家の謝黎さんの世界的にも貴重なチャイナドレスが180点程展示されます。本展は最初から神戸、長崎、横浜という中国ゆかりの都市での開催を望んでいましたが、今回無事実現の運びとなりました。神戸展では描けなかった、チャイナドレスの成り立ちの謎や中国と長崎との関係など、興味深い内容にしたいと考えています。神戸展を見逃された方も、もう一度見たいという方も、丁度ランタン祭りの開催中ですので観光に長崎にお越しください。そして、上海モダンと他のモダンとの関係を知りたくなった方は、神戸ファッション美術館に来館ください。

 長崎と中国の関係を知る上で、唐寺、媽祖(まそ)信仰などは不可欠になりますので、長崎を訪れられた際は、是非時間を取ってください。中国には直接関係ありませんが、軍艦島への上陸もお勧めします。冬の荒海と荒涼とした軍艦島。そそりますよ。

崇福寺媽祖崇福寺三門

軍艦島

軍艦島

(BX16s)