follow me

☆ミュージカル鑑賞☆

ぐっと寒くなってきて、ますます冬の到来を感じ始めていますね。
過ごしやすい季節はあっという間に終わってしまいましたが、
最後に『芸術の秋』を堪能!と思い、先日ミュージカルを見に行って来ました。

劇団四季の『Wicked(ウィキッド)』

六甲ライナー内でも、千秋楽の告知を目にするかと思いますが、
こちらは、名作『オズの魔法使い』と密接な関わりがあるお話なんです。

●  あらすじ   ●    ● 

人も動物も同じ言葉を話し、共に暮らしていた自由の国──オズ。
しかし平和なこの国で、いつしか異変が起きていました。

主人公は、特異な緑色の肌と不思議な魔法の力を持ったエルファバと、
見事な美貌と天性の明るさを備えた人気者のグリンダ。
性格も外見も異なる二人は、はじめは対立するものの、次第に互いの
内面を理解し合い友情を
育んでいきます。

しかし、エルファバが憧れていたエメラルドシティの「オズの魔法使い」こそが、
自分の権力を強化するために動物たちの言葉を奪っていた、異変の元凶そのものだったと知ってしまいます。

真相を見抜かれた「魔法使い」は、国民を駆り立て、エルファバを「悪い魔女」に、
そしてグリンダをオズの国を救うシンボルに祭り上げるのでした。

心ならずも正反対の道を歩み始めたエルファバとグリンダ。
怒り狂った群衆たちの魔女狩りがエルファバの身に迫ります。
互いを思いやりながらも、自らの信じる道を貫くため二人は
ある決意をするのですが……。

  

club  club  club

 とにかく圧倒的な歌唱力が要求される作品で、主人公エルファバの歌声に
鳥肌が立ちっぱなしの3時間でした。
素晴らしい歌が感動的なストーリーをさらに盛り上げ、
私は『ウィキッド』の世界にどっぷりと引き込まれていきました。

『オズの魔法使い』に続いていくストーリーなので、後半は聞き覚えのある
キャラクターが少し登場しますが、そもそも『オズの魔法使い』とは
どんな物語だったか、皆さんは覚えていますか…?

 
  あらすじ (オズの魔法使い)  ●    ●    

突然の竜巻に逢い、魔法の国「オズ」にやって来た少女ドロシー。
善き魔女グリンダに「家に帰りたければオズの魔法使いに会いなさい」と
告げられた彼女は、魔法の靴を履いて出発。

道中、脳が欲しいカカシ、心が欲しいブリキ男、勇気が欲しいライオンと出会い
『エメラルドの都』へ向かいます。
無事、オズの魔法使いに会うことができた一行ですが、
「西の悪い魔女を退治しなければ願いは叶わない」と言われ
魔女退治したものの、家には帰れず仕舞い。

しかし、魔女グリンダの「靴を3度鳴らせば帰れる」という助言で、
家に辿り着くことができたのです…。

 
club   club   club 
なんとなく思い出していただけましたか??
私はウィキッドを見た後、すぐにオズの魔法使いが見たくなりました。

そこで。。

神戸ファッション美術館ライブラリーでは、視聴覚ブースにてこちらを
ご覧頂くことができます。 ↓  (※ライブラリーカードが必要です。)

 タイトル   :オズの魔法使い
 請求番号  :03:3106==3038
 資料ID    :5570030385

 

●     ●    ●    

 

『ウィキッド』 と 『オズの魔法使い』
気になられた方はぜひ、ご覧下さいませnote

 

                                              ribbon

  • 2010/11/20 |
  • 10:00 |
  • ライブラリー
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!