follow me

写真のワークショップ

少しずつ木々の葉が色づき始めましたが、いかがお過ごしでしょうか。

先日、大阪・南船場にある写真ギャラリー「壹燈舎」さんで開かれたサイアノプリント体験のワークショップに参加してきましたshine

サイアノプリントは、1842年に発明された古典技法のひとつで、別名青写真と呼ばれます。第一鉄塩がフェリシアン化カリウムと反応して青くなり、光の量によって青色の濃淡が現れます。

今回は、赤血塩と緑色クエン酸鉄アンモニウムを使われており、それぞれを水に溶かしたあと、攪拌します。

その液を紙に塗り、写真の画像を転写したOHPペーパーをのせて感光させます。

最初は黄色だった紙が、30分ほど紫外線にあてて感光させて水洗いすると、深い青に変化していましたnote

モノクロプリントとはまた違う色合いですが、何もうつっていない紙の上に浮かび上がった像をみると感動的です。幽玄な雰囲気に仕上がるので、水墨画のような印象も受けました。

講師の方は、和紙を使って作品を作っておられるので、サイアノプリントとの組み合わせがぴったりだなぁと思いました。写真といっても、様々な表現があってプリントだけでも大変奥が深いものですcamera

こちらの神戸ファッション美術館でも、開催中の特別展示「ファッション写真展 女神(ミューズ)たちの肖像 -モードと女性美の軌跡-」に併せて関連ワークショップを開催しますnotes

詳細はコチラ→http://www.fashionmuseum.or.jp/museum/special.html#ws

「六アイ探撮」は、締め切り日を過ぎておりますが、ご応募を受け付けておりますflair

皆さま、ぜひご参加くださいませcrown

お茶clover

わくわく!ワークショップ!

秋も深まってきました。11月の神戸ファッション美術館では、アートの秋らしく、楽しいワークショップがたくさん開催されます。notes

 11月5日(金)・20日(土)  

    フェリシモハッピートイズワークショップin神戸ファッション美術館

    「ハッピーうさちゃんをいっしょにつくろう!」    詳細は コチラ

    ハッピートイズのぬいぐるみとあみぐるみの縫い方を説明します。

  11月6日(土)・7日(日)

     「職人さんとつくる手ぬいの革サイフ」        詳細は コチラ 

     革細工の職人さんのご指導でオリジナルのコインケースをつくります。

 ●11月7日(日)  「六アイ探撮」

     美術館のある六甲アイランドの中を「写ルンです」片手に撮影散歩。 
     プリントした写真をレイアウトして、素敵なオリジナルアルバムを作ります。
                                     詳細は コチラ

  11月12日(金)・13日(土)・14日(日)  「手ししゅう京繍体験」

     京都の職人さんに習う、繊細な日本刺繍「京繍」の体験ワークショップです。

                                     詳細は コチラ

以上、どのワークショップも まだ人数に余裕があります!

詳細をご確認の上、お問い合わせ、お申込みください。                 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、こちらはフェリシモハッピートイズのワークショップ会場のフリースペースからのスナップ。

ハッピーうさちゃんも、ハロウィン衣装を着てみました。

ワークショップではぬいぐるみかあみぐるみを、楽しくいっしょに作りましょう。

はじめて作るという方も、大歓迎です。

合い間にはいろんな、お話をしましょうね。

ハッピートイズプロジェクトについて。手づくりのあたたかさについて。思い出の手づくりの品について。ウサギについて。etc 

ちなみに来年はウサギどしですね。shine

背後には開催中の写真展のベルナール・フォコンの写真も見えてます。

写真のお話しもありでしょうか。

ぜひ手を動かしながら 楽しい1日をご一緒しましょう!

                                     fuji H.O                

ハロウィン・コレクション

残念ながら明日(10月30日)の六甲アイランドハロウィンフェスティバルは台風接近により中止となってしまいました。

神戸ファッション美術館も企業対抗仮装大会に参加すべく、そして、

あわよくばなにがしかの賞をいただこうと、着々と仮装大会用の衣装作りを進めていたのですが、自然の力には勝てませんでした。

が…、しかし、せっかく当館のデザイン力と縫製技術力と創意工夫力の全てを賭けて完成させた仮装大会用コスチュームをこのまま倉庫の隅に追いやるのはあまりにももったいない!

ということで、期間限定(11月3日まで)ですが当館1階のロビーに展示してみました。

明日は天候も悪化しそうなので、屋外でハロウィンフェスティバルはできませんが、神戸ファッション美術館1階ロビー(無料スペース)で気持ちだけでもフェスティバル気分を味わっていただいてはいかがでしょうか。

     カツオヤジ

ベルナール・フォコン ポストカード販売中

現在開催中の「ファッション写真展 女神(ミューズ)たちの肖像 モードと女性美の軌跡」と同時開催中の「ベルナール・フォコンの見た夢 ノスタルジーを超えて」のポストカードを販売中です。

全6種類、各150円

1F受付にて販売中です。

なくなり次第販売終了となります。

 

神戸ファッション美術館

本山南のトライやるウィーク

本山南中学校25回生のトライやるウィークについての記事です。

どうも。神戸ファッション美術館にトライやるweekで来ています。今回が最初で多分最後のブログなのですが、今回は神戸ファッション美術館のライブラリーについて書かせていただきます。

 

そもそも、トライやるweekとは神戸独特のもので神戸市で起きたある事件のあと少年少女にもっと社会経験をさせなければならないということで始まった行事だそうです。

 では、このライブラリーの見所その1!

 このライブラリーにはファッションに関する本はもちろん、その他の分野の本もすごくたくさんあります。ハンパないっすよあの本の量!!一度行ってみてください。本気で多いですから。読みたい本があったら奥に言って出してきてくれますからね。

 見所その2

 ファッションショーなどのもうファッション好きやデザイナーにゃぁたまらないDVDやビデオがたくさんあります。ただし、ここで注意。DVDやビデオはファッション美術館のカードがないと見れません。

 見所その3

 昔のファッション雑誌が見れる。もうびっくり!!僕が見た中では、な、な、な、なんと1850年代のファッション雑誌も!本当に驚きです!

 このように見所たっぷりのライブラリー。近くに来た際はよってみては?

                                        RYO

今週はトライやるウィークで神戸ファッション美術館に行きました。

神戸ファッション美術館に来るのは初めてでしたがとても楽しい1週間でした。

外から見るよりも中がかなり広くてびっくりしました。トライやるで普段はできないような事もできて良い経験になりました。

慣れない仕事も多かったですが優しく教えていただいたのでとてもやりやすかったです。

また遊びに来たいです。

                                        えみちゃん

中学2年生の行事の一つのトライやるウィークが始まり仕事をするのが少し楽しみでした。そしてトライやる初日は初めに美術館を案内してもらいとても広いことにびっくりしました。

特に渡り廊下を通ったと思ったら別の所に行き、どこにいるのか分からず驚きました。次にライブラリーの整理をし、仕事といえば裏のDVD・ビデオ・CDを並べただけだったけど、すごく大変だった。もうひとつの仕事は本の整理で整理しているとたくさんのおもしろい本があり読んでみたいなと思う本があり楽しかった。

今後も仕事をもっとがんばっていきたい!

                                          玉利        

この図書館で働いて、図書館の仕事のイメージが変わりました。図書館の仕事というと受付が一番に思いつきますが、それだけでなく本棚の整理、貴重書などのデータとり、などがありました。

一番楽しかった仕事は本棚の整理です。ひたすら本をアルファベット順に並べるという仕事で、永遠にするのかと思うと心が折れかけました。でも、作業中に今までみたこともない色々な本を発見できて楽しかったです。

4日間という短い間でしたが、貴重な体験ができたので良かったです。

                                              しばちゃん

                      

僕は最初に神戸ファッション美術館に行くことになったときは神戸ファッション美術館に一度も行ったことがなかったので、ほとんど未知の世界でした。でも初日に館内裏側を見学させてもらったときに、こんなに広くて大きいのかと驚きました。そこからだんだんと興味がわいていろんな仕事をさせてもらいました。図書整理や受付など、何気なくやっているように見えるけどこんなに複雑なんだなぁと思いました。特に書庫にはたくさんのいろんな種類の本がありましたが、よりコンパクトに収納できるように棚を自動で動かせる工夫がされていたので、すごいなぁと思いました。

これらの仕事をさせてもらってすごく大変なことも多かったけど、お客さんに「ありがとう」といわれるときにやりがいを感じました。また、僕は美術にまったく興味がなかったけど実際に見たらけっこう興味がわいたりもしたので、いろんなことに挑戦するのも大切だなと学びました。

                                          マッスー 

ハッピートイズのうさぎたちといっしょに xmas

  • 2010/10/29 |
  • 14:14 |
  • ライブラリー
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!