follow me

ファッション資料室

神戸ファッション美術館の4階にファッション資料室があります。現在は、事前予約、10名以上の団体のお客様に見学していただけるようになっています。ここには、マリンをテーマとした資料のほか、テキスタイル、オールドコレクション(古いテキスタイルの図案や生地見本)などがあります。

先日、ここで所蔵しているマリンの衣装たちがクリーニングにいきました。資料室の衣装は、お客様に自由にさわっていただけるようになっているため、日頃のケアが必要になります。室内の湿度があがらないよう、除湿したり、定期的に点検が必要なのです。今年はあまりの猛暑に衣装たちがかなり弱ってしまったのでリフレッシュさせることにしました。

資料室所蔵の資料の一部は、3階ライブラリーにて展示しています。オールドコレクションの一部は検索ができるようにもなっておりますので、興味のある方は、ライブラリーにぜひお越しください。

ハロウィン

9月も終わりに近づき、街中でハロウィンのお菓子やグッズをよく見るようになりました。

Halloween-01

ハロウィンは、カトリックの諸聖人の日の前晩(10月31日)に行われる伝統行事です。諸聖人の日の旧称 All Hallowsのeve(前夜祭)であることから、Halloweenと呼ばれるようになったそうです。

31日の夜、家庭ではカボチャをくりぬき、中にろうそくを立ててジャック・オー・ランタンを作り、魔女やお化けに仮装した子供達が「トリック オア トリート」(お菓子をくれなきゃいたずらするぞ)と唱え、近くの家を1軒ずつ訪ねます。

六甲アイランドでも、「六甲アイランド ハロウィンフェスティバル2010」が行われます。国際的な六甲アイランドのハロウィンをお楽しみ下さい!

ハロウィンのテーマは、不気味なものや怖いもので仮装されるものには、幽霊、魔女、コウモリ、黒猫などがあります。ですが怖いものに限らず、それ以外の可愛い仮装をしても良いようです。

是非、六甲アイランドにお越しくださいませ。 

                                                 黄緑                                                                                                                                                                                  

Halloween-02

敬老の日

こんにちは。
少し涼しくなったと思ったら、また気温が上がってきました。

敬老の日、秋分の日と続く9月の連休。
去年は土曜日曜を合わせて5連休になり、シルバーウィークとも呼ばれました。
最近は、連休を増やすために、祝日が月曜日に変更されていますが、

元々は由来があってできた祝日。今回は敬老の日の由来について調べてみました。

敬老の日の由来には諸説ありまして、

聖徳太子が、大阪に四天王寺を建てたときに「悲田院」(今でいう老人ホームだそうです)を建てた日が9月15日だった、とか、

元正天皇(奈良時代の天皇)が、養老の滝を訪れ元号を「養老」に改元した日が9月15日だった、とか
(養老の滝は、年老いた父に息子が酒を飲ませてあげたいと願ったところ酒がわいたという伝説があります。)

諸説あるのですが、興味深い説がありました。(これが直接的な祝日の制定の理由になったようです。)

兵庫県多可郡の門脇村長が1947年(昭和22年)に「としよりの日」を提唱し、
(兵庫県がはじまりだったのですね!!)
お年寄りを敬い、その経験と知恵を借りて良い村を作ろう、という目的で、敬老会を開いたのが始まりだそうです。

神戸新聞の記事によるとhttp://www.kobe-np.co.jp/kobenews/sougou/010728ke16400.html(もう9年前の記事です)
「門脇さんは一九四七(昭和二十二)年、三十五歳の若さで村長になった。「老人を大切にし、年寄りの知恵を借りてむらづくりをしよう」と同年、農閑期で気候も良い九月十五日を「としよりの日」に定め、敬老会を開いた。村長の権限で村役場も休みにしたという。」
とあります。

後に「敬老の日」として祝日として制定されたようです。

元々は9月15日、現在は9月の第3月曜日です。
色々由来がある祝日。ルーツを探るのと興味深いな~と思いました。
明後日の23日は秋分の日!秋といえば、芸術の秋!
お仕事、学校がお休みの休日は、美術館に遊びにきてくださいね!

9月23日(木祝)は、市田ひろみ先生の講演会 『世界の衣装たち』があります!

●13:30開場 14:00開演 15:30終演

会場:神戸ファッション美術館5階 オルビスホール

(入場無料・神戸ファッション美術館1階受付にて10:00より整理券を配布予定です。)

ファッション美術館の隣の神戸ゆかりの美術館でも『RIC水絵の会』という水彩写生会のイベントを開催します。
ではでは、気温の変化にお気をつけてお過ごしください。
T・Ichick

★航空機★

こんにちはvirgo

突然ですが「ブルーインパルス」を知っていますか?

ブルーインパルスairplaneとは・・・
航空自衛隊の航空祭や国民的な大きな行事などで、華麗なアクロバット飛行を披露する専門のチーム。正式名称は宮城県松島基地の第4航空団に所属する「第11飛行隊」といいますshineshine

初代のF-86Fは東京オリンピックで五輪の輪、大阪万博開会式でEXPO’70の文字を空に描いたことで知られています。二代目のT-2はF-86Fに比べて高速性能を重視した機体で、長い助走を使った力強い演技がファンを魅了しました。

現在の三代目ブルーインパルスT-4は1998年に長野で行われた冬季オリンピックの開会式や2002年のFIFAワールドカップ開会式でパフォーマンスを披露しています。

今回はそんな航空機関連の書籍を紹介したいと思いますnote

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

図解 世界の軍用機史 1945‐91〈2 ジェット機編〉
請求番号 3805=ZUK=2  ロケーション 書庫
1950年6月に勃発した朝鮮戦争で、アメリカのF‐86対ソビエトのMiG‐15という、航空戦史上初めてのジェット戦闘機どうしの空中戦が行なわれ、以来、軍用ジェット機は米・ソの両国を中心として大きく発展してきました。米・ソはもとより・英・仏などの機体を詳細なイラストを駆使して解説していますcapricornus

ビジュアル博物館 第22巻 航空機
請求番号 4201=BIJ=22  ロケーション 閲覧室

EAGLE 航空ファン イラストレイテッド
請求番号 3805=EAG  ロケーション 閲覧室

Military aircraft markings&profiles
請求番号 3805=MIL  ロケーション 書庫

AERO GRAPHICS AG No.4
請求番号 3805=AG  ロケーション 書庫

Blue伝説
請求番号 3805=BLU  ロケーション 書庫


ブルーインパルスの写真が多数掲載されています。
アクロ・マニューバーを図解しているので機体の動き方がよく分かります。
個人的にはスタークロスがお気に入りですcapricornus

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 
各地の基地で航空祭が行われていて、ブルーインパルスのショーも見ることが出来るそうですnote一度は航空祭に行って生のブルーインパルスを見てみたいですshine

そして航空機からは多少離れますが、個人的なお勧めも1冊cherry

世界のミリメシを実食する 兵士の給食・レーション
請求番号 2399=SEK  ロケーション 閲覧室

 

兵士の糧食を扱った1冊。国別、種類別に書かれていて写真も多数掲載されているので、読んでいて面白い本ですよheart01

ロケーションが書庫になっているものの閲覧にはライブラリーカードが必要です。
カード作成時には身分証(保険証や免許証)をお持ち下さい。

soleclover

  • 2010/09/20 |
  • 10:10 |
  • ライブラリー
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

革製ファーストシューズワークショップ

9/18に4Fセミナー室でmuseum in museumデザインワークショップ「革製ファーストシューズをつくろう」を行いました。このワークショップは、3Fミュージアムショップmuseum in museum第1期参加クリエイターのdijの内尾暢志氏をお招きして、赤ちゃんが生まれてはじめてはく靴 ”ファーストシューズ”をつくりました。

–  –  –  –  –  –  –  –  –  –  –  –  –  –  –  –  –  –  –  –  –  –  –  – –  –  –  –  –  –  –  –  –  –  –  – –  –  –  –  –  –  –  –  –  –  –  – –  –  –  –  –  –  –  –  –

まずはみなさん集まって、靴になる革と糸を選びます。

柔らかめの革や厚い革など、説明を受けながら熱心に選びます。

おなじ型紙の靴でも、使う革や糸の太さ、色みの組み合わせで表情がかわります。

糸の通し方の説明を受け、いよいよです。すこし革をなじませるようにしてから縫い始めます。

ここからいきなりですが、このワークショップの最大の難関であるモカシンのつま先部分を一針ずつ。。

はじめは力加減やどこの穴に針を通すか考えながら、なみなみしたプリーツを出していきます。

徐々に慣れてきたころには、みなさんすっかり職人のように一生懸命一針を縫っておられました。

そして、靴の形になってきたところで、先生が靴の型で形を整えてくれます。

かかとを縫って完成間近!!

何種類かの中からお好みの靴ひもを選びます。

そしてデザインワークショップの醍醐味であるデザインと向き合う時間。

小さな革のタグをボタンにアレンジしたり..

革を焼きながら文字を書くペンをつかってメッセージやイラストをいれたり..

出来上がった靴をいれるための巾着にスタンプをおしたり..

しっかりお名前もいれられましたね。

みなさんそれぞれデザインを工夫して、世界に一つのファーストシューズシューズを完成されました。

完成したご自身のファーストシューズを手に乗せて、わたしが履きたい!!とのお声もありました。

納得です!!わたしも履きたいです!!

それくらい素敵な靴が出来上がり、とても感動しました。

このたびご参加いただいたみなさま。講師の内尾さんとアシスタントのみなさん。

すてきなワークショップをありがとうございました。

foot

foot

ca stella