follow me

こころをこめてお正月

早いもので、もう年の瀬。
神戸ファッション美術館も今年最後の開館日となりました。
明日12/29(火)~1/3(日)まで休館させていただきます。

今年もいろいろな方に愛して頂きありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。

今年最後のブログはファッション美術館ライブラリーの資料のなかから日本的&お正月にちなんだ資料をご紹介します。

別冊太陽  半紙で折る 折型歳時記

折形デザイン研究所/小澤 實(編・著)  平凡社(出版)

こちらの本は『折形』という贈り物や飾り物を紙で包む時の折り方をもとに四季折々の品を半紙で包む方法が紹介されています。
清らかな半紙で包まれた季節の品は贈る人も頂く人も幸せにしてくれそうです。

本書の中で  “気持ちよく折り美しく仕上げるためのルール”  として

◎ 折る前:身の回りをきれいにし、こころを落ち着けましょう。
◎ 折る時:雑念を払い手元に精神を集中して折り上げましょう。
◎ 差し上げるとき:折形は贈る相手あってものも。こころを込めて贈りましょう。

と記されています。
少し大げさでスピリチュアルな感じがしますが、形式的な“贈る”が多くなっているなか、「物を贈る」=「気持ちを伝える」なのだという基本に思い当たります。
12ヶ月の季節の品を包む『折形』が紹介された歳時記。四季折々の品をこころを込めて包めば、”移りゆく季節の中での人との出会いを喜び貴ぶ心”を上手に表現してくれそうです。
ちなみに1月の項は『箸を包む』です。
清らかに包まれたお箸で新年の食事を頂くと心清らかに新しい年を始められそうですね。

請求番号:2604/HAN/7  資料ID:5510571472  ロケーション:閲覧室

ぽち袋

高岡 一弥/弓岡 勝美(著)
ピエ・ブックス

お年玉に欠かせないぽち袋。
小さな面積に趣向を凝らしたデザインがぎっしり。本書は弓岡勝美さんがコレクションする近代~現代にかけての手刷りの木版画のぽち袋が紹介されています。
小さな面積ながら、あっとおどろくような趣向を凝らしたものや繊細なデザインなど、小さく手の込んだものを愛でてきた日本人の意匠満載です。モチーフも浮世絵風のものからアールデコ、大正ロマンなどの時代を反映したものや、京都の木版画は華やかな色合いのものが多く、東京の方では色を抑える傾向、など地域性も出ており、見るほどに興味深い一冊です。

請求番号:3612/POC  資料ID:5500384841  ロケーション:閲覧室

どちらの本からも、ものを包む事で“こころ”を伝えてきた「技」が伺えます。
ECOが求められる現在、省けるところは省く必要がありますが、それでも包むことが必要なとき、惰性ではなくしっかり心を込めて包みたいですね。
日本の伝統文化に触れることの多い年末年始、いろんな“つつむ”に出逢えそうです。意味を考えながら、気持ちを受け取り、贈れるといいですね。

お正月に着物を着てみよう!!とういう方へ↓↓

きものまるわかりBOOK~準備、手入れとしまい方、TPOまで
泉二弘明(監修) 淡交社 
請求番号:0905/KIM 資料ID:5500391130 ロケーション:閲覧室

銀座もとじの男のきもの
泉二弘明(監修)世界文化社 
請求番号:0905/GIN 資料ID:5500391102 ロケーション:閲覧室

男・女とも着付け方が写真とともに解説されており、初心者でも着られそう!
着る前の準備や、着た後のお手入れ方法、たたみ方まで載っています。
少し早起きして、美しい着物に包まれてみましょう。

美しいあわせ方はこちら↓↓

別冊太陽 昔きもののレッスン十二か月
弓岡勝美(監修) 平凡社

華やかに季節を演出するアンティーク着物の知識や様々なシーンに合った着物や帯のあわせ方が提案されています。ぜひご参考になさって下さい。

請求番号:0905/MUK 資料ID:5510571507 ロケーション:閲覧室

それでは来年も皆様にとってより良いお年でありますように。
そして皆様の笑顔にたくさん出会えますように。
良いお年をお迎え下さい。

kaz

  • 2009/12/28 |
  • 10:00 |
  • ライブラリー
  • admin |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

今年も残り少なになりて

いろいろあった今年もあと残り少なくなってきました。
先日、京都の清水寺で発表のあった今年の漢字は「新」ということですが、新たな政権が誕生したり、新しい数々の記録が誕生したり、新制度がはじまったり と、何かと話題に欠かない一年でした。
そういえば、新型インフルエンザというのもあって、季節的にもこちらのほうは未だ予断を許さぬ状況にありますが...

ファッションの世界では、新しい勢力の台頭がことさら目立った一年でもありました。特に、スウェーデンやアメリカからのカジュアル系ブランドが一躍人気を 博し、原宿界隈の連日の盛況ぶりをメディアが声高に報じていました。秋ごろに一度、私も後学のためにと様子を窺いに行ったのですが、あまりの熱気に正直圧 倒されてしまいました。

その一方で、大物パリコレ・デザイナーの倒産が相次いで報じられた年でもありました。
とりわけ山本耀司氏のニュースは、数年前に神戸芸術工科大学でご講演会されたおり、目の前でお話をお伺いする機会があり、あらためてそのクリエイションに かける姿勢に感銘を受けたものですから、一報を耳にしたときには衝撃でした。

個人的にもこの一年、新たに自ら始めたこと、自ずから始まったことも多々あって、慌ただしく過ぎていきました。毎年この時期になると、決まったように「年 々、一年が過ぎるのが早くなる」と感じます。最近、そんな謎に答えるべく『大人の時間はなぜ短いか』(一川誠著/集英社新書)という本もあります。私と同 じように感じてらっしゃる方は、年末年始あたり読んでみてはいかがでしょう?

そうこうしているうちに、2010年がやってきます。
私としては、2010という数字にどことなく節目めいたニュアンスを感じるのですが、そろそろ21世紀的なものごとがよりはっきりと芽吹いてくるのではな いかと思います。
衣服と人との関係においても、いま巷を席巻しているような“ファッション”というつながり方だけではなく、もっと違った関係性を模索していく流れも現われ てくる気がしています。
そんな予感を私にもたらしたのは、さまざまな方々との今年一年の新たな出会いでした。

さて、「新」の次の年は、いったいどのような年になるのか。
いま一度、故きを温める年になる、というのも悪くありません。

MOMO

  • 2009/12/27 |
  • 15:03 |
  • ファッション
  • admin |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

ジブリの絵職人 男鹿和雄展

兵庫県立美術館では、「ジブリの絵職人 男鹿和雄展」を開催しています

展覧会では「となりのトトロ」「おもひでぽろぽろ」「もののけ姫」などでおなじみの背景画を中心とした約600点の作品が展示されていました

アニメーション映画の制作は、企画→脚本→絵コンテ・各設定→作画・背景・CG→(仕上→)撮影・合成→編集→音響→完成という工程を踏みます。
この作画・背景部分は、アニメーターがキャラクターの芝居を、美術スタッフが背景を描いています。つまり、1つの画面のキャラクターと背景を別々の人が描 いているのです。
展示は背景部分が主なものですが、セル画を重ねたものも展示されていました。

作品としては、スタジオジブリ作品では「となりのトトロ」(1988年)の美術監督として初めて映画作りに参加されたとのことですが、背景画が懐かしい昔 の日本を緻密に表現しているだけでなく、昔映画を観て感動したなつかしさまで思い出すことができました。
しかも、会場の途中で何だかお部屋が暗くなって「おや?」と思っていると、トトロがどうなっていたかはネタばらしになっ てしまいますので、興味のある方は会場でご覧ください

その後の「3びきのくま展」では、絵本の世界観がそのまま目の前に表現されていました。実際に椅子に腰を掛けたり、触ってもよいとのことでした。あまりに も精巧にできていたので、たまねぎやじゃがいもがもしかして本物かと思ったほどでした。
ミュージアムグッズはお酒や三鷹の森ジブリ美術館のグッズなど が置いてありました。
ジブリ美術館は予約制なので行ったことがなかったのですが、何となくその世界を垣間見ることができました。ちなみに予約制とはチケットを事前に購入してか らということで美術館では購入できないようです。

神戸ファッション美術館でも「ホリ・ヒロシの人形舞の世界」1月11日(月祝)①13:00~②15:30~をチケットぴあで発売しています。こちらは美 術館でも購入できます。「天から陽気が降ってくる-ホリ・ヒロシの華麗なる舞台・映画衣裳と人形たち-」もおかげさまで好評です。さらにホリ先生自らが舞 われる人形舞をその目で体感してください。より魅力的な世界が広がること間違いなしです

たました。

  • 2009/12/26 |
  • 11:10 |
  • 神戸観光
  • admin |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

年の瀬...

今日は12月25日、クリスマス・・・今年もあとわずか、なぜか慌しくなってきました。
さて、1年の最後の日である12月31日を「大晦日(おおみそか)」と言います。これは、毎月の末日を「晦日」といい、年内最後で特別に「大」とつけた ものですが、もともと「みそ」は「三十」で「みそか」は30日の意味だったそうです。また、「大つごもり」とも言いますが、「つごもり」は 月が隠れる 日=月隠(つきごもり)=つごもり となったようです。
大晦日といえば「除夜の鐘」ですが、全国のお寺で108の鐘が鳴らされます。108とは仏教思想に基づく百八煩悩のことで、心を惑わし、身を悩ませる 「煩悩」を鐘をつくことで一つ一つ取り払って、新しい年を迎えようとするもので、最後の1回は年が明けてから突き、その1年は煩悩に惑わされないようにす るものだそうです。

今、神戸ファッション美術館では、特別展示「天から陽気が降ってくる ホリ・ヒロシの華麗なる舞台 映画衣裳と人形たち」 を開催しており、人形作家、人形師、そして衣裳デザイナーでもあるホリ・ヒロシの、華麗で妖艶な魅力あふれる、衣裳と人形の作品の数々を展示しており、来 年1月11日までの開催です。

(c)吉村 博

大晦日まであと1週間、何かと忙しいかと思いますが、神戸ファッション美術館に足を運んでいただき、「天から陽気が降ってくる」をご覧いだたき、すばら しい作品の中でゆったりとした一時をお過ごしになりませんか。年内は28日まで開館、年始は1月4日からです。
心よりお待ちしています。
JIM

フェリシモ クリスマスアーカイブスコレクション展

先週から気温がぐんと下がり、ようやく冬らしくなってきましたね
明日はクリスマスイヴ、来週にはお正月です

神戸ファッショ ン美術館で開催されている
「フェ リシモ クリスマスアーカイブスコレクション」はもうご覧いただけましたでしょうか

今日は、ヨーロッパのクリスマスツリーをご紹介したいと思います

まずは、ポーランドのクリスマスツリーから

こちらのクリスマスツリーには、ガラス玉を飾りつけしていますが、
ポーランドでよく見られるツリーには、国旗の赤と白にちなんだオーナメントに
ガラス玉、伝統的なわら飾り、リンゴやお菓子などが装飾されるそうです。

続いて、イギリスのクリスマスツリー

イギリスでクリスマスツリーが庶民の間で流行したのは、ヴィクトリア女王の夫君で
ドイツ出身のアルバート公がきっかけと言われています。
飾りつけには、金や銀の紙の飾りや造花、蝶、鳥などが好んで用いられたそうです。

続いて、北欧のクリスマスツリー

北欧のクリスマスツリーでは、麦わら細工で作られた天使や星、松ぼっくりやベルなどの
オーナメントを飾るのが一般的だそうです(あと自国の国旗を加えて飾るのも人気だそう)。

続いて、イタリアのクリスマスツリー

イタリアでクリスマスツリーが一般的に飾られるようになったのは、ごく最近のことだそうです。
自由な発想で飾りつけするのがイタリア流のようです。

続いて、ドイツのクリスマスツリー

クリスマス発祥の地であるドイツでは、小さな木製の飾りやとても薄いガラスの飾りなどが
装飾されています。

そして最後は、アルザスのクリスマスツリー

クリスマスツリー発祥の地であるアルザス地方では、リンゴやたくさんのお菓子、
飾りもの等とても豪華な装飾が施されています。

こちらのクリスマスツリーが見られるのは12月25日 (金)迄です
まだの方は是非

i