follow me

エコスクール

みなさん、ごきげんいかがでしょうか

11月8日(日)に「服育」をテーマとして、「衣服を通して環境を学ぼう」と題したエコスクールを行いました。神戸ファッション美術館で行うエコスクール は、今回で2回目です。
エコスクールとは、環境教育の拠点施設「こうべ環境未来館」で、月1回程度行う環境学習講座のことで す。ごみの問題や資源の重要性、地球温暖化防止などを理解するための体験型の環境学習を行っています。

所要時間は2時間程でした。
内容は、
神戸ファッション美術館の学芸員が衣服について30分程のお話、
スライドを見て環境について子どもたちと学び、こまを制作しました。

こま作りに使った材料は、お箸と服のはぎれ、ボンドと輪ゴムです。
お箸は、祝い箸を1本
服のはぎれは、幅2㎝・長さ30㎝前後のものを8枚用意します。

作り方はとても簡単です。
①服のはぎれを巻く位置を決めます。
ポイント 服のはぎれを巻く位置
位置が高いと、こまは回りやすいが安定しにくくなり
位置が低いと、安定するがこまがまわりにくくなります。

②お箸1本に、服のはぎれを1枚ずつ巻いて、ボンドでとめます。
ポイント 最後に自分の好きな柄を使う
7枚目までは、少し段になるように様々な色の服のはぎれを巻くと
こまを回したときに色が混ざって綺麗に見えます。

③服のはぎれ8枚すべて巻けたら、服のはぎれを輪ゴムで固定し
10分程置いておきます。

―完成図―

家に眠っている服を活用し、
環境について考えてみてはいかがでしょうか。

ぉちえ