follow me

新着図書のご案内

BORO  つぎ、はぎ、いかす。青森のぼろ布文化

小出由紀子・都築響一(編集)  アスペクト(出版) 

- 雪国の貧困が生んだ“ぼろ”の思いがけない美の世界は、ファッション・デザインに関わるすべての人間に根源的な問いを突きつけ、目を背けることを許さない。-(本文より抜粋) 

寒さと貧しさのためにつぎ、はぎ、着まわされた衣服。
使い込まれた時間、暖かく丈夫なものをという切実な欲求から、つぎ、はぎされた“BORO(ぼろ)”の究極のテキスタイルアートをまとめた一冊。 

請求番号0906/BOR  ロケーション:閲覧室

―――
 

HAPPY VICTIMS 着倒れ方丈記

  

都築響一(文・写真) 青幻舎(出版) 

― 本来混じってはいけないものが混じりあう、そこから刺激やインスピレーションが生まれる。― (本文より抜粋) 

ブランドの意図とはうらはらに?苦しい生活を送りながらも愛するブランドを収集しつづける”幸せな犠牲者たち”。見開きに”犠牲者”?の日常と決して大きくない部屋いっぱいに並べられたコレクションの写真で構成されている。
1999‐2006の7年にわたって『流行通信』に掲載された『着倒れ方丈記』の待望の書籍化。 

請求番号1606/HAP  ロケーション:閲覧室

  


―――
 

ショーディテール  
show details 2010 SPRING/SUMMER
WORLD/MILANO/PARIS/MEN

  

発行 Magnolia Media Inc 

全体のビジュアルでは分かりにくい主要コレクションの刺繍、テキスタイル、素材などのディテールをクローズアップして紹介。
 
コレクション雑誌  ロケーション:レファレンス 


―――
 

ギャップ コレクション 
gap COLLECTION  2010 SPRING/SUMMER

  

発行・発売 ㈱ギャップ・ジャパン 

ニューヨーク、ロンドン、ミラノ、パリ、マドリッド、バルセロナ、サンパウロ、東京のプレタポルテコレクションから、代表的なデザイナーの新作を紹介。  

コレクション雑誌  ロケーション:レファレンス

  

  

――― 

神戸ファッション美術館3Fライブラリー(入館無料)ではファッション、アートなどに関する資料をご覧いただけます。ぜひお越し下さい。 

レファレンス資料の閲覧にはライブラリーカードが必要です
 ライブラリーカードは身分証明書をお持ち頂くと簡単な手続きでお作り頂けます
 

kaz 

  • 2009/11/30 |
  • 11:36 |
  • ライブラリー
  • admin |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

六甲アイランドのクリスマス★

まっつんです
早いもので、もう11月も終わって明後日から12月ですね

12月と言えば、クリスマス
少し前から、アイランドセンター駅の改札を出て左の渡り廊下がクリスマスみたいなイルミネーションで飾られています
まるで滴が垂れているようなイルミネーションが素敵です

さて、その渡り廊下はアーバングルメポートという商業施設につながっているのですが、そこでクリスマスのイベントが開催されるそうです

その名も「ドイツクリスマスマーケット in 神戸・六甲アイランド」
ドイツのクリスマスをテーマに開催されるイベントで、ドイツクリスマスマーケットやシュタイフ“テディベア”展などが計画されているようです
神戸市内でドイツにゆかりのある商品を扱う企業・店舗約10ブースが出店され、六甲アイランドからも神戸ベイシェラトン ホテル&タワーズさんやホテルプラザ神戸さん、神戸ドイツ学院さんが参加されるようです

開催期間は、2009年12月19日(土)~2009年12月25日(金)の7日間です

詳しい情報はコチラ→(神戸六甲アイランド地域情報サイト イベントページ

またこの季節はリバーモールから神戸ファッション美術館前くらいまで、街中にクリスマスのイルミネーションが点灯されます

さらに神戸ファッション美術館お隣の商業施設Rinkサン広場にも毎年恒例の大きいクリスマスが飾られています
大きすぎて写真に収まりきりませんでした
もう少し暗くなればイルミネーションもきれいに写ったかもしれません
しかもちょっとズレちゃいました

さらにさらに神戸ファッション美術館ロビーでも12月25日(金)まで、「フェリシモ クリスマス アーカイブスコレクション展」を開催しております
もちろんドイツのクリスマスツリーも展示中です
ぜひ探しにいらっしゃって下さい
(※ロビーへの入館は無料です)

今年のクリスマスイベントは六甲アイランドで堪能されてみてはいかがでしょうか

クリムト、シーレ展

サントリーミュージアム[天保山]で「クリムト、シーレ ウィーン世紀末展」を10月24日~12月23日まで開催しています
出品されているのは、ウィーン・ミュージアム(旧ウィーン市立歴史博物館)所蔵のクリムト、シーレをはじめ、ハンス・マカルト、カール・モル、コロ・ モーザー、マックス・オッペンハイマー、オスカー・ココシュカらの選りすぐりの作品約120点

クリムトはアカデミズムの古い体制から分離し、より装飾的な美術へと傾倒していきました。シーレもまた、クリムトに才能を発掘され頭角を現していきま す。
シーレの作品には、余計な装飾がなく、人間の生々しい姿や女性のエロチックな姿を描いています。数多くの自画像も、自分を美化するものでなく、苦悩する 姿を描いたものです。
一方、クリムトの作品「パラス・アテナ」は、女神を描き、「真実を持って古い時代に戦いを挑む」という意味が込められていると言います。師弟であり、友 人でもあった2人の作品を中心に展示をしています。

サントリーミュージアム[天保山]といえば、ギャラリーやIMAXシアターを中心にショップ・カフェ・ラウンジなどがあり安藤忠雄氏が建築されたことで 有名にもなりました
そんなサントリーミュージアム[天保山]も、2010年12月末をもって休館。理由は、来館者が計画を大きく下回ったためということです。これまで収集し た美術品・美術分野における活動は、六本木の「サントリー美術館」に集約するようです。景気がなかなか回復せず、仕方のないこととはいえ、寂しい限りですまだ少し休館まで時間がありますか ら、お時間があれば行ってみてください。もちろん、ファッション美術館へのご入館もお待ちしております

たまでした。

  • 2009/11/28 |
  • 10:00 |
  • つぶやき
  • admin |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

小春日和

11月も終わりに近づき、木々はすっかり色づいています。ここのところ、雨模様で寒い日の後、過ごしやすい晴天の日に恵まれています。こういう日を昔から 「小春日和」というそうです。春でもないのに、なぜ、小“春”日和というのでしょうか。

「小春」とは、旧暦の10月の別称で、今の暦では、11月から12月の上旬にあたります。この時期、大陸に寒気がたまるようになり、一定の周期で日本付 近に流れ込み、この寒気の影響で低気圧が発達し、いわゆる西高東低の冬型の気圧配置となり、日本海側はしぐれ、太平洋側は木枯らしとなりますが、この気圧 配置は長続きせず、大きな移動性の高気圧や帯状の高気圧に覆われることがあり、暖かく穏やかに晴れた日となります。これが「小春日和」です。アメリカで は、インディアンサマーといい、日本と違いアメリカは夏でも湿度が低くさらりとしているところから夏の陽気を表現しているようです。

でも、「小春日和」の後にはすぐに冷たい日がやってきます。皆様には是非防寒対策をしっかりして、風邪など引かないように十分注意してください。

今、神戸ファッション美術館では、特別展示「天から陽気が降ってくる ホ リ・ヒロシの華麗なる舞台 映画衣裳と人形たち」を開催しており、人形作家、人形師、そして衣裳デザイナーでもあるホリ・ヒ ロシの、華麗で妖艶な魅力あふれる、衣裳と人形の作品の数々を展示しています。

神戸ファッション美術館に足を運んでいただき、「天から陽気が降っ てくる」=「小春日和」ような、すばらしい、暖かい、ホリ・ヒロシの世界を堪能されてみませんか。
心よりお待ちしています。
JIM

ごはんのまつり

食育フェスティバル2009「第3回 ごはんのまつり」が今年も開催されます

当日、会場では各日1,000膳限定でゴーゴーご組特製塗り箸を来場者の皆様にプレゼント
また会場5ヵ所の「食育クイズラリー」に参加して全5問回答者には、おいしいごはんを
食べよう県民運動から「特製おむすび」がプレゼントされます(こちらは各日先着250個限定)

この他にも楽しいイベントが盛りだくさんです

開催日:2009年11月28日(土)、29日(日)
会場: 神戸ファッションマート 1階
時間: 10:00~16:00
主催: にっぽん食育推進事業実行委員会
お問い合わせ:ゴーゴーご組事務局(神戸新聞事業社内)
TEL:078-362-7762(平日10:00~17:00)
神戸ファッションマート
TEL:078-857-8001

神戸ファッション美術館では「天から陽気が降ってくる ―ホリ・ヒロシの華麗なる舞台映画衣裳と人形たち
好評開催中です

i