follow me

天から陽気が降ってくる

次回展示「天から陽気が降ってくる‐ホリ・ヒロシの華麗なる舞台・映画衣裳と人形たち‐」のお知らせです

ホリ・ヒロシ先生って、どんな方だろう?と興味があったので、調べてみました。

ホリ先生は、人形制作に入ると仕上がるまでアトリエから出てこないくらいで、誠心誠意を込めて人形を作っておられるようです。休むと調子が狂うと、8時間 作業を続けることもあるとか。他にも、人形の結い上げた髪に挿すかんざしは、骨董品店で探すなど、細部にまで気を配っています。人形教室に通う生徒さんに は、自ら人形教室で教えるプロもいるほど

これらの人形を自ら遣って立つ舞台「人形舞」は、斬新で国内外に高い評価を得ています。
人形舞の特徴は、一人で舞うこと。そして、一つの表情で悲しみや喜びを表現します。

このような美しい人形を見た女優若尾文子さんから舞台衣裳の依頼を受け、「鹿鳴館」のドレスを仕上げることになり、以降、映画や 舞台衣裳デザインを次々と行っています。最近では、舞台「黒皮の手帳」の米倉涼子さんの衣裳デザインをされています。

次回展示は、このホリ先生の妖艶なる世界を体験いただけます

また、人形舞が観られる機会として、10月24日の「ホリ・ヒロシ講演会」、1月11日の舞台公演「ホリ・ヒロシの人形舞の世界」を設けています。
さらに、「小人形の製作」を11月14日に開催します。ホリ先生自らが直接指導されるという大変貴重なワークショップです。詳しくは、9月12日のブロ グをご覧下さい。

たまでした。