follow me

衣替え

10月、「衣替え」の時期になりました。ここのところ、“暑さ、寒さも、彼岸まで”というのがどこ吹く風という感じで汗ばむ陽気が続いていて、“衣替え” を忘れそうですが、皆様はいかがでしょうか。

「衣替え」とは、季節に応じて衣服を替えたり、衣服のしまう場所を変更することですが、日本では6月と10月に行なわれることが多く、また日本特有の習 慣と言われています。
それはその歴史にあるようです。

もともとは、平安時代の宮中行事が発端で、当時、中国の風習に倣い、4月1日と10月1日に夏服と冬服を着替えるとし、「更衣(こうい)」と呼んでいま した。しかし、天皇の着替えをする女官も“更衣”と称され身分が高く、民間では「更衣」と言わず「衣替え」と言うようになりました。

それが鎌倉時代になると、衣服だけでなく、調度品までの取替を含むようになっています。 江戸時代になると、着物の種類が多くなり幕府は公式に年4回の 衣替えでの出仕を制度化しています。武家の制服は、旧暦の4月1日から5月4日が“袷(あわせ)”、5月5日から8月末日が“帷子(かたびら)”、9月1 日から9月8日が袷、9月9日から3月末日が“綿入れ”とされて、これに一般庶民は倣いました。

明治になって、政府は洋服を役人・軍人・警察官の制服とし、夏服・冬服の衣替えの時期も決めており、新暦の6月1日から9月30日まで夏服、10月1日 から5月31日までを冬服としています。このことがやがて、学生服に、さらに一般にも定着し、官庁・企業・学校が6月と10月に衣替えを行なうようになっ たようです。

「衣替え」をして、秋色のファッションで神戸ファッション美術館に お越しになりませんか。

今、神戸ファッション美術館では、特別展示「超絶刺繍-ヨーロッパ・イン ド・日本のわざ-」を開催しており、ロココ時代の絢爛豪華な衣装に施された刺繍、ナポレオン時代のきらめくドレス、パリを 彩ったオートクチュールのドレス、インドの驚くべき超人的な刺繍のわざ、日本の桃山時代の刺繍の素晴らしさなどをご紹介しています。
心よりお待ちしています。
JIM

  • 2009/10/02 |
  • 10:00 |
  • ファッション
  • admin |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!