follow me

ハロウィンと日本茶

今日10月31日は、「ハロウィン」です。ご家庭によってはパーティーをされるところもあるでしょう。ここ神戸ファッション美術館のある六甲アイランドで は、ハロウィンフェスティバルが開催されます。

「ハロウィン」と「日本茶」との関係は、とても繋がりそうにはありませんが、実は今日10月31日は「日本茶」の日でもあるのです。
これは、お茶を日本に広めた“栄西禅師”が、中国の宋から茶の種子と製法を持ち帰ったのが、1191(建久2)年のこの日だとされていることからだそう です。栄西禅師は、茶の種子を庭に蒔き、茶の製法を伝え、「喫茶養生紀」という書物を著しています。

「日本茶」は、茶の学術的な分類としての名称ではなく、「日本のお茶」「日本で作られたお茶」という意味の言葉です。日本茶には、抹茶、煎茶などいろい ろありますが、皆さんのお好みはいかがでしょうか。この時期、熱い日本茶を飲みながらゆっくりするのもいいですよね。

今、神戸ファッション美術館では、特別展示「天から陽気が降ってくる ホリ・ヒロシの華麗なる舞台 映画衣裳と 人形たち」を開催しており、人形作家、人形師、そして衣裳デザイナーでもあるホリ・ヒロシの、華麗で妖艶な魅力あふれる、衣裳と人形の作品の数々を展示し ています。

(c)後 勝彦

熱い日本茶のおいしいこの時期、神戸ファッション美術館に足を運んでいただき、すばらしいホリ・ヒロシの世界を堪能されてみませんか。
心よりお待ちしています。
JIM

正倉院展

この間、正倉院展へ行ってきました
正倉院は聖武天皇が亡くなり、77日の法要が営まれ、その皇后である光明皇后が聖武天皇が大切にしていた六百数十点の品々と六十種の薬を東大寺の大仏に 献納したのが始まりです。初めて一般公開されたのは江戸時代です。

展示は、小刀や書などが 展示されていましたが、「花氈」というフェルトの敷物などもありました。これは、羊毛を圧縮してつくられた毛氈で、中央に多弁の花を配し、周囲にも取り巻くように花のパ ターンを配しており、素朴な感じがしていました。

また、琵琶の音がスピー カーから流れ、その傍に琵琶が展示されていました。象牙などで華麗な装飾が施されており、見事な琵琶をしばらく眺めていました。琵琶を納めるための錦製袋 の残欠も数点展示されていました。雄大な唐花が表されており、色彩も豊富で、当時の煌びやかさに思いを馳せることができました。

他にも生地を使ったものとして、楽舞用の下着なども展示されていました。裾などに針使いの跡が見て取れました。また、首周りは頭を通すため丸く刳ってい るのですが、サイズ的にはどう見ても小さく、いくら当時の人の頭が小さかったとしても…と不思議でした。

これ以外には、皇后陛下の御養蚕と正倉院宝物の復元というコーナーや皇室の方々の写真の展示などもあり、現在当館で展示を開催しています「天から陽気が 降ってくる-ホリ・ヒロシの華麗なる舞台・映画衣裳と人形たち-」の内覧会に御臨席いただいた高円宮妃久子殿下のお写真もありました。

人が多くてゆっくり見れなかったのが残念です。午前中は入場制限をしていたので、時間をずらして人の 減った午後に行ったのですが、それでもたくさんの人でした。
会期は10月27日~11月12日と短いので、見に行かれる方はお早めに。

たまでした。

広報放浪記 その2

季節はすっかり秋になりましたね。
日中との寒暖差が激しい季節なので、皆様も風邪には十分ご注意くださいね

広報放浪記では、神戸ファッション美術館のチラシ設置にご協力頂いているお店をご紹介しています

今回、ご紹介するお店は神戸市東灘区岡本にある「シサム工房」さん。
こちらのお店ではフェアトレードの商品を扱っています。
フェアトレードとは、社会的・経済的に弱い立場にある開発途上国の人々に仕事の機会をつくりだし、公正な対価を支払うことで彼らが自らの力で暮らしを向上させ、自立できるように支援する制度です。

今回、私はこちらのチョコレートを購入しました。

ミルク味―1枚290円
ミルクの味が濃厚でとってもおいしかったですよ。
これからの季節、暖かいコーヒーと一緒に食べるとほっこりします。
他にもいろんな種類がありましたが、お店で確認してみてくださいね。
ちなみに、お店の方のお勧めはチャイ味だそうです(私が行った日は残念ながら、まだ入荷していませんでした)。
まとめて購入されるお客様もいらっしゃるみたいですよ。
岡本に来られた際には、是非行ってみてくださいね
もちろん、神戸ファッション美術館へのご来館もお忘れなく。
天から陽気が降ってくる―ホリ・ヒロシの華麗なる舞台・映画衣裳と人形たち―
開催中です。

 i 

  • 2009/10/29 |
  • 14:10 |
  • つぶやき
  • admin |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

Halloween!!!

はじめまして★
今回から、ブログに参加させてもらう、ちゃげです

六甲アイランドのたくさんのイチョウの木をみて、
秋の訪れを感じてます
秋のイベントといえば、ハロウィンですね

メディコム・トイから2009年のハロウィンを記念したBE@RBRICKと、
ハロウィンを控えた今の季節にぴったりな、
Vinyl Collectible Dollsシリーズのミッキーマウスから
“フランケン”バージョンが登場しました
イベントごとにリリースされる限定商品は、
季節の変わり目を感じる楽しみのひとつですね

六甲アイランドでは、ハロウィンイベントが開催されます
仮装大会やかぼちゃカービング大会など、
ハロウィンを思い切り味わえる様々なイベントが予定されているそうです☆
神戸ファッション美術館でも、オルビスホールにて、
20:00から(開場19:30~)タップダンスのショーが開催されます
どなた様も、入場無料なので是非お越しくださいね

六甲アイランドハロウィンフェスティバル2009
時間  10/31(土) 11:00~20:00
場所  六甲アイランド・リバーモール公園
(六甲ライナー「アイランドセンター」駅下車すぐ)
費用  入場・参加無料
お問い合わせ先
六甲アイランドフェスティバル実行委員会
Tel:078-857-7056
Fax:078-857-8475
http://www.rokko-island.com/
☆     ☆     ☆      ☆   ちゃげ

COLLECTION SEMINAR

▽▽▽

10月も終盤に近づき冬の装いに変わる季節となりました。
みなさん、今年の冬のおしゃれアイテムは手に入れましたか?
ウールやファー、コートの出番が楽しみで待ちきれない方も多いのではないでしょうか。
そんな中、パリでは来年の春夏コレクション作品が次々と発表されているようです。
個人的にはマーク・ジェイコブスが手がけるルイ・ヴィトンがとても気になっています。

明日、神戸ファッション美術館5F オルビスホールにて、
2010春夏ミラノ・パリコレクションの速報トレンドセミナーを 開催します。
最新のトレンドをパリから届いた最新の映像とスライドを用いてレポーターとスペシャルゲストが、来年春夏のシーズン・トレンドを徹底分析します。

●日時
2009年10月27日(火) 13:30~16:30

●会場
神戸ファッション美術館5階 オルビスホール

●受講料
1名様 13,000円(税込)

●スペシャルゲスト
関本美弥子(東京生活研究所 / 松屋 婦人服・服飾雑貨ファッションディレクター)

●レポーター
麥田俊一 (WWDジャパン ファッションディレクター)
向千鶴(ファッションニュース編集長)

●司会・進行
山室一幸(WWDジャパン編集長)

●主催・共催
財団法人ファッション振興財団・神戸ファッション美術館

●企画・協力
WWDジャパン

●お問合せ・お申込み:
財団法人ファッション振興財団 電話番号 03-5410-0091
ホームページ(http://www.ffj.or.jp)からでもお申込みいただけます。

びっき▲

△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△