follow me

最後のご挨拶

9月29日です。

さて、これが最後のブログ担当となりました。
ブログを月イチで担当して勤務期間と同じく1年が過ぎました。あっという間でした。

錆びかけたノーミソへの格好のリハビリとなった、ブログですが、振り返ってみますと、

ライブラリー関連では
ヴァナキュ ラー建築の本の紹介で土着性とRED-HOUSE体験記を書かせていただき、
昭和のデザ イン2で、モノとコトについて述べ
昭和のデザ イン1で、戦前戦中の昭和の主婦の賢さとその愛をご紹介しました。
また神戸コレク ション開催時にはギャラリーでの展示で見つけたイイ感じの作品についての稚拙ながらの感想を、、
クールジャ パンの項ではイキとモリについて考える時間を頂きました。

ミュージアムショップの商品紹介の機会には
ハンドタオルで ヤンキー文化を
Hiromi Kimのお箸でリ・デザインを
12年カレ ンダーでちょっとした環境問題とデザイナーの関わりを
姫路加工の お財布でモノと買い手の繋がりについて語らせていただきました。

これらのどれをとっても、神戸ファッション美術館ライブラリーで勤務する機会がなければ、出会えなかったコト・モノばかりです。
見たり読んだりした体験の後「それについて書く」という行為は、前者に比べて何10倍ものエネルギーの要るものだということを忘れておりました。でも神戸 ファッション美術館で、この「書く」という機会を与えていただいた事で「私の古雑巾なノーミソもまだ絞れる」自信に繋がったように思います。神戸ファッ ション美術館の全てに感謝です。

1年という短い間ではございましたが、1Fのスタッフの皆さん、3Fの皆さん、大変お世 話になりました。
それから忘れてならない、警備さん、清掃の皆様、毎日本当にありがとうございました。
そして何よりも、いつもライブラリーを御利用の皆様には、色々と至らぬ点もありました事を、この場を借りてお詫び申し上げます。そしてお許し頂いた事に感 謝いたします。ありがとうございました。

それでは皆様、またいつかどこかで。   The Final Massage from SABU

  • 2009/09/29 |
  • 11:13 |
  • ライブラリー
  • admin |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!