follow me

最後のご挨拶

9月29日です。

さて、これが最後のブログ担当となりました。
ブログを月イチで担当して勤務期間と同じく1年が過ぎました。あっという間でした。

錆びかけたノーミソへの格好のリハビリとなった、ブログですが、振り返ってみますと、

ライブラリー関連では
ヴァナキュ ラー建築の本の紹介で土着性とRED-HOUSE体験記を書かせていただき、
昭和のデザ イン2で、モノとコトについて述べ
昭和のデザ イン1で、戦前戦中の昭和の主婦の賢さとその愛をご紹介しました。
また神戸コレク ション開催時にはギャラリーでの展示で見つけたイイ感じの作品についての稚拙ながらの感想を、、
クールジャ パンの項ではイキとモリについて考える時間を頂きました。

ミュージアムショップの商品紹介の機会には
ハンドタオルで ヤンキー文化を
Hiromi Kimのお箸でリ・デザインを
12年カレ ンダーでちょっとした環境問題とデザイナーの関わりを
姫路加工の お財布でモノと買い手の繋がりについて語らせていただきました。

これらのどれをとっても、神戸ファッション美術館ライブラリーで勤務する機会がなければ、出会えなかったコト・モノばかりです。
見たり読んだりした体験の後「それについて書く」という行為は、前者に比べて何10倍ものエネルギーの要るものだということを忘れておりました。でも神戸 ファッション美術館で、この「書く」という機会を与えていただいた事で「私の古雑巾なノーミソもまだ絞れる」自信に繋がったように思います。神戸ファッ ション美術館の全てに感謝です。

1年という短い間ではございましたが、1Fのスタッフの皆さん、3Fの皆さん、大変お世 話になりました。
それから忘れてならない、警備さん、清掃の皆様、毎日本当にありがとうございました。
そして何よりも、いつもライブラリーを御利用の皆様には、色々と至らぬ点もありました事を、この場を借りてお詫び申し上げます。そしてお許し頂いた事に感 謝いたします。ありがとうございました。

それでは皆様、またいつかどこかで。   The Final Massage from SABU

  • 2009/09/29 |
  • 11:13 |
  • ライブラリー
  • admin |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

ホリ・ヒロシ展 関連イベント

次回特別展示「ホリ・ヒロシの華麗なる舞台・映画衣裳と人形たち―天から陽気が降っ てくる―」が10月22日(木)から開催されます

(c)後 勝彦

10月24日(土)には、13時からオ ルビスホールで講演会が予定されています

講演会では、短編映画「浮舟」を約20分上映します
「浮舟」は、ホリ・ヒロシ先生が人形制作及び衣裳デザインを担当された映画です。
舞台は、源氏物語の光源氏亡き後の宇治。光源氏の孫である匂宮と息子の薫が1人の女性浮舟を愛してしまいます。薫のことを気遣いながらも匂宮に強く惹か れていく浮舟。苦悩の末に、世をはかなんで宇治川に身を投げるという切ない悲恋のお話です。
映画だけではなく、源氏物語「夕顔」の人形舞を10分程先生自ら 舞っていただきます。

人形の背丈は170cm、重さはおよそ25kg!それを片手で支え、美しく舞うのですから、見ている側からは優雅でも、舞う方にとっては大変な重労働で す。
さらに、衣裳デザイン・創作のお話もしていただけます。
今回、源氏物語の衣裳として十二単衣20点ほどが展示されますが、そのうちの数点について、ご紹介いただく予定です。『源氏物語』には、143人の登場 人物がいますが、この登場人物を色曼陀羅で表現しています。光源氏は純白、紫の上は紫、朧月夜はピンク…。

ライフワークともなっている『源氏物語』の世界。その奥深さをこの講演会で体感してください。

チケットは、前売りで2,000円。当日は2,500円。
神戸ファッション美術館若しくはチケットぴあ
(tel.0570-02-9999.講演会Pコード615-907.ファミリーマート、サークルKサンクスでも購入可能)でご購入いただけます。

●講 演会「ホリ・ヒロシ講演会」(人形舞「夕顔」とお話)
10月24日(土) 13:00-14:30
場所:神戸ファッション美術館 5階 オルビスホール
料金:当日 ¥2,500 / 前売 ¥2,000
前売:神戸ファッション美術館及びチケットぴあ

@チケットぴあ 「ホリ・ヒロシ講演会」

●舞 台公演「ホリ・ヒロシの人形舞の世界」
1月11日(月・祝) (1)13:00-14:30 (2)15:30-17:00 (2回公演)
場所:神戸ファッション美術館 5階 オルビスホール
料金:当日 ¥5,500 / 前売 ¥5,000
前売:神戸ファッション美術館及びチケットぴあ

@チ ケットぴあ 舞台公演「ホリ・ヒロシの人形舞の世界」

● 「小人形の製作」ワークショップ
11月14日(土) 13時~16時
○対象
18歳以上の方
○定員
30名
○料金
4000円(材料費を含む)
○持ち物
裁縫道具
○申込方法
往復はがきに、住所・氏名(ふりがな)・年齢・電話番号を明記のうえ、お申し込みください。
○申込先
〒658-0032 神戸市東灘区向洋町中2-9-1 神戸ファッション美術館「小人形係」
※申込多数の場合は抽選し、結果はハガキでお知らせします。
○締切
10月24日(土)必着

  • 2009/09/28 |
  • 19:24 |
  • お知らせ
  • admin |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

ベレー帽

涼しくなったと思いきや、まだ少し暑い日が続いています。
秋の装いはまだしばらく先のように感じます。
ここ数年、ストリートファッションではベレー帽をおしゃれに被る若者をよく目にします。
私も普段からベレー帽が好きで6個ほど所有しているんですが
ベレー帽を被っていると必ず『画家みたいだね』と言われます。
やはりイメージ的に画家や漫画家の方達はベレー帽という印象が強いようです。

▽  ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽

ベレー帽は、ウールやフェルトの布地を頭の周りに沿うように柔らかい帯革をつけて成型した簡単なつばなし帽のことを指します。
古代ローマ、ギリシャ時代に商人によって、バスク地方(スペイン北部)にもたらされ、現在のデザインが完成したと言われています。
それらは、民族衣装の一部として使われていたものであったが、第二次世界大戦頃から軍隊に普及し始め、現代では世界各国の軍隊において広く用いられている ようです。
また、画家などの芸術家にも愛用されてきた歴史があるとか。

△  △ △ △ △ △ △ △ △ △

ミリタリーとは異なるスタイルでおしゃれを楽しむ若者のストリートファッションからはいつ何時も目が離せませんね。
ファッションの秋が待ち遠しいです。

びっき

  • 2009/09/28 |
  • 10:37 |
  • ファッション
  • admin |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

green conscious international event 2009

9月27日(日)六甲アイランドのサン広場と神戸ファッション美術館1階
ロビーにおいてグリーンコンシャスが開催されました。

このイベントは「地球環境への高い意識(グリーン・コンシャス)こそ、今かっこいい」をテーマにとファッションショー、アート作品展示、ダンスショーな ど、環境への様々な取り組みを紹介し、“ビリーズブートキャンプ”で有名なビリー隊長も出演されました

4階ギャラリーでは、カナディアンアカデミー、神戸ドイツ学院ヨーロピアンスクール、アリスト外語学院の生徒の皆さんのアート作品が展示されました。

ファッションショーが行われた1階ロビー入口では、マクドナルドの紙袋と、ビニールシートで作られたドレスが皆様をお迎えしました。

ファッションショーは一般公募の方と、神戸ファッション専門学校の
生徒の皆さんの作品が披露されました。

審査員にはあのビリー隊長も

サン広場ではビリー隊長とブートキャンプが開催され、沢山の方が
参加され大変盛り上がりました。

当館スタッフもイベントを盛り上げると同時に一緒に参加し
楽しみながら、地球環境への意識を高めることができました。
皆さんも機会があれば、この様なイベントに参加してみてください

オッシー

  • 2009/09/27 |
  • 17:01 |
  • ファッション
  • admin |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

KOBE観光ウィーク

10月3日(土)~10月12日(月・祝)はKOBE観光ウィークです

神戸ファッション美術館も

10月3日(土)入館無料
10月4日(日)~11月23日(月・祝)入館料を2割引き
500→400円(一般)、250円→200円(小中高生・65歳以上)

になります。

他にも神戸市内のKOBE観光ウィーク協賛施設で無料開放日や特別割引料金・プレゼントがあるようです→PDF

また、10月3日(土)~11月23日(月)は同じ神戸市主催
2年に1度の芸術文化の祭典
神戸ビエンナーレ2009が 開催されます。

アート イン コンテナ国際展、現代陶芸展、アーティスティックフォト展、ヘア・アートコレクション、書の世界展 、児童・学生絵画展、音の「わ」コンサート ・・・

把握できないくらいのイベントや展示があるようですが、
その中でも私が楽しみにしているのは、文化庁メディア芸術祭受賞作品展
アカデミー賞の短編アニメ映画賞を受賞した「つみきのいえ」の上映があるようです

心の暖まる、でもちょっともの寂しいストーリーに心くすぐられ、
味わい深い絵のタッチも素敵です

KOBE観光ウィーク
神戸ビエンナーレ
この機会にぜひ堪能してみてはいかがでしょうか。

KMi

  • 2009/09/26 |
  • 10:00 |
  • 神戸観光
  • admin |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!