follow me

職業体験

皆さんこんにちは。ぼくたちは、神戸甲北高校の加戸と吉岡です。

今日は職業体験で来ました。

僕たちは、ファッションに興味がありここで体験をさせてもらいました。

最初にライブラリーで本の整理をさせてもらい、
デザインやインテリアに関する本がたくさんありました。
次に、ミュージアムショップでサンプル品を作りました。
これは、僕が作ったCDのサンプルと、吉岡君が作った物です。
ミュージアムショップでは選ばれたデザイナーさんの作品があって、僕たちが気に入ったのを写真にとらせてもらいました。

午後からは、受付と監視の体験をしました。
受付では、担当の方にとても丁寧に教えてもらいました。
難しくて少し緊張しました。
監視では、すごい展示品に気をとられてしまいました。
その中でも吉岡君は、日本の着物の刺繍がとてもすごいと思ったそうです

最後に百々さんにインタビューをさせていただきました。
ファッションについてなど色々なことをきかせていただきました。

きょうは、本当に貴重な体験をさせてもらってとても楽しかったです。
ありがとうございました。

加戸吉岡

  • 2009/08/18 |
  • 16:00 |
  • つぶやき
  • admin |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

カラー

こんにちは
暑い日がまだまだ続きますが、夏をどう過ごされているでしょうか

先日カラーセラピーの講座を聞きに行きました
その中で体験したことをほんの少しご紹介します。
まず、白黒の絵にぬり絵の要領で好きな色を自由に塗ります。私は花の絵を選んだのですが、実際には存在しない色に塗っても良いということで、本当に思いの まま無心で色をぬる作業は子供のとき以来で懐かしく、それだけでも癒しになると感じました

医療現場などでのセラピーとして活用されていると同時に、私たちの日常に取り入れることもできると教わりました。
出来た作品を見て、どうして自分はこの色を選んだのか?何をイメージしてこんなふうに色をぬったのだろう?と、考えてみる時間を持ちます。すると自分でも 意識していなかった気持ちに気付いたりすることもあるのだそうです
例えば、紫色や淡い色をたくさん使ったその日の私の作品は「今何か迷っていることがあるのかもしれない」ことを表しているとか…

紙と絵の具を毎日の生活で使うことはあまりないかもしれませんが、同じようなことを毎日着る服でもできそうだなと思いました。
今日は何色の気分かな?とちょっとだけ考えて、なりたい自分にぴったりくる色の服や持ち物を選んでみてください
一日楽しい気分で過ごすことができるのではないでしょうか

神戸ファッション美術館では、超絶刺繍-ヨーロッパ・インド・日本のわざ-を2009.10.12(月)まで開催しております
こちらも色とりどりの糸で施された刺繍をご覧いただけます
是非お越しくださいませ an☆

  • 2009/08/18 |
  • 15:00 |
  • つぶやき
  • admin |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

写真展【恋するカタチ】のおしらせ

神戸ファッション美術館では、ファッション写真のみならず、名作、傑作、あっと驚く珍品まで、通常の展覧会ではご紹介できない約2,000点に及ぶ写真を 所蔵しています。

本展では、その中から20世紀から現代までの多様な「恋のカタチ」を表現する写真の数々をご紹介します。
写真界を代表する、植田正治、ダイアン・アーバスなどの作品のほか森村泰昌、ハービー・山口など、現在も活躍する写真家の作品をセレクトし展示します。
写真コレクションのユニークな一面から、当館の新たな魅力を感じていただけると思います。

神戸ファッション美術館 所蔵 写真展【恋するカタチ】

○開催期間
2009年9月10日(木)~9月23日(水・祝) ※9月16日(水)休館

○開催時間
11:00~17:00 (最終入場は16:30まで)

○会場
神戸ファッション美術館 4Fギャラリー

○観覧料
無料

○出品作家
Arthur Elgort, Bruce Weber, Diane Arbus, Dominique Issermann,
Erwin Blumenfeld, George Hoyningen-Huene
Helmut Newton, Herb Ritts, J-H Lartigue, Louise Dahl-Wolfe,
Melvin Sokolsky, Sarah Moon
植田正治, 澤渡 朔, 白土恭子, 森村泰昌, ハービー・山口

特別展「超絶 刺繍」の展示期間中となりますので、
あわせてご覧くださいませ