follow me

ザ・トップ・オブ・超絶刺繍

どこにもありそうな白いテーブルクロスのような
この布は、大変貴重なものなのです。

世界中探してもこれと同じものが殆ど発見できないのが現実です。

この作品以外にどこで皆さんが出会えるか、疑問です。
きっと、これが最後だと思いますよ。(ごめんなさい!)

一見すると、普通のミシン刺繍、あるいは
異常に丹念なダブルランニングステッチ(バックステッチ)に見える刺繍は、

裏からよくよく見ると、
細かい細かいチェーンステッチであることが判明します。

(とっても美しいシンプルな模様が描かれているので、自然に目を奪われますが。)

この厄介な技法を使用できたのは、インドが誇る刺繍技術者集団、
あの泣く子も黙ると言われるモチ共同体しかありません。
隣の見事な緑のスカートなどの製作者たちです。

伝統的な靴直しと革職人のカーストに属する
グジャラートのカッチ地方に住むモチ族に、1700年頃パキスタンのシンドから来た回教徒の托鉢僧によってその刺繍技術は伝えられました。

(コーヒールンバの歌詞にそんなのありましたね)
もっと遡れば、古きペルシャの技術だと思われますが。
(この技術は、同じ頃にヨーロッパにタンブール刺繍として伝搬したと思われます。)

目の揃った高度なチェーンステッチ(鎖縫い)は、
シルクサテン地をしっかり木枠に張り、鉤状の突錐アリ(ari)を用いて施されます。

彼らの作品は大評判を呼び、ブジの宮廷やカッチの富裕のお抱えとなり、
技術向上に切磋琢磨を繰り返したモチたちは、
19世紀後半にはインド史上(言い換えれば人類史上)
最高の刺繍作品を生み出すことになりました。

全く超人的な刺繍が生まれたのです。

20世紀になると急速にパトロンを失い、衰退し、
残念ながら戦後は見る影もありませんが。本当に悲しくなります。

言い忘れましたが、この布には真綿が入ってキルトになっているのです。
どうして鉤針がスムーズに動いたのでしょうか?不思議ですよね。

話を戻しますが、緑のスカートのように色鮮やかな華麗な刺繍、
近づくまでプリントと見間違うような正確で細かい技術は
真に驚愕と言えるでしょう。

デザインと技術が神の領域に達したような本展でも
超絶刺繍の逸品です。

しかしながら、今回の展覧会に展示されている
国や民族を代表する100を超える刺繍作品の中で最高の超絶刺繍一つを選べと
言われれば、私は迷いながらですが、この白いマットにします。

布面を埋めることなく、白い線だけで宇宙を描き出した技術は、
1本の線、一つの運針にさえ、
無限の色と面が隠されているような可能性を感じるのです。

面を超えた線、そんな事がここに起こっています。

ジャイプールのマハラジャがありったけのお金を用意し、
清楚で高貴、そして驚愕なマットをモチに注文したのだと想像できます。

来場されたか方は、どうか騙されたと思って時間の限り、
全体、細部と全部眺めてください。

そして、インド刺繍、否染織文化の頂点を見極めてください。

最後になりましたが、この頃特に仲良くさせていただいている
東京の庭園美術館で「ステッチ・バイ・ステッチ 針と糸で描くわたし」
が9月27日(日)まで開催されています。

本館とは全く違ったアプローチで、糸と針のアートを堪能できます。
当館のこんな手の込んだ刺繍は嫌だという方も
是非、御覧になってください。楽しいですよ。

等身大の私、一寸背伸びした位の私が描かれていますので。
500キロ以上離れていますが、関連企画(?)です。

もう一つ情報です。
東京のミッドタウンの国立新美術館で開催している
「ルネ・ラリック展」には当館のドレスが4点出品されています。
その中でキャロ姉妹店のドレスが、一人で超絶刺繍展をやっているので、
興味がある方は是非見てくださいね。

(BX-16S)

みるよむ 7月

            

ライブラリーより新着図書のご案内

             

スイーツショップ・インテリア&グラフィックス
高橋 正明 (著)
グラフィック社
請求№ 2811/SUI

スイーツ業界での成功の秘訣「デザイン力」。
インテリアからパッケージ、グラフィック、ディスプレイまで、
すべてのデザイン力を融合させたデザインでも一歩先を行
くスイーツショップ22店をセレクト。 

New Retail
Raul A. Barreneche (著)
Phaidon Press
請求№ 2811/NEW

世界的に著名な建築家や少数精鋭の新しい建築チームに
よって建てられた、世界でもきわめて斬新な24のリテールス
ペースを取り上げる。

ニューヨークのカルロス・ミエルのショップ(アシンプトート)
ニューヨークおよび東京のルイ・ヴィトン3店舗(青木淳)
英国バーミンガムのセルフリッジズ(フューチャー・システムズ)
サンパウロのブティック2店舗(Isay Weinfeld)
パリのマンダリナ・ダックのショップ(NLアーキテクツ)
オーストラリアのMpriesスーパーマーケット(ドミニク・ペロー)
などを収録。

ラグジュアリーレストラン
エレン ネピリー (著),
グラフィック社
請求№ 2811/LUX

ラグジュアリー バー&ラウンジ
エレン ネピリー (著),
グラフィック社
請求№ 2811/LUX

日本デザイン界のトップクラスに位置するデザイナーたちが
施す洗練されたライティング、ユニークなテーマ設定、印象
に残るコンセプト作りなど、これからの店舗デザインのヒント
がちりばめられている1冊。

The Complete Zaha Hadid
Aaron Betsky
Thames & Hudson Ltd
請求№ 2805/COM

建築家 ZAHA HADID
 彼女のダイナミックで革新的なプロジェクトは、過去30年に
わたる革命的な経験と、都市生活学、建築、デザインが相互
に関係する分野の緻密なリサーチの上に成り立っている。
2004年 プリツカー賞(建築界のノーベル賞に該当)を受賞。
2006年には、N.Y.のGuggenheim Museumにて、過去30年
間の回顧展を開催。
また、最近ではCHANEL Mobile Artの移動展示パビリオンや、
東京・青山の「NEIL BARRETT(ニール・バレット)」のコンセプト
ショップの設計を担当した。
 現在は、2012年のロンドンオリンピックの水中スポーツ会場
の設計も進行中。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

その他、新着本はこちら。

Θ 日中英 服装技術用語辞典
  
  高島 春弥 (著), 佐伯 晃 (著), 石之 敦子 (著), 彭 憲 (著)
  繊維流通研究会
  請求№ 0101/NIC

Θ 繊維・ファッションビジネスの60年
  
  繊研新聞社 (著), 繊研新聞= (著)
  繊研新聞社
  請求№ 0102/SEN

Θ 現代アパレル産業の展開―挑戦・挫折・再生の歴史を読み解く
  
  山崎 光弘 (著)
  繊研新聞社
  請求№ 0103/GEN

Θ ドレメファッション造形講座 (8)
  ベビィ・こども服
  
  ブティックムック
  杉野学園ドレスメーカー学院出版局
  請求№ 1003/BEB

Θ DECOデザインコレクション―輝くデコレーショングッズ&レシピ400
  (レディブティックシリーズ no. 2867)
  
  ブティック社
  請求№ 1005/DEC

                                   mu・m

  • 2009/07/30 |
  • 10:00 |
  • ライブラリー
  • admin |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

インド西部の刺繍布を再現してみよう![第1回]レポート

こんにちは
梅雨の気候が続きますが、いかがお過ごしでしょうか

今回は、7月26日(日)に開催致しました
特別展「超絶刺繍-ヨーロッパ・インド・日本のわざ-」の関連ワークショップのご報告をしたいと思います。

この「インド西部の刺繍布を再現してみよう!」というワークショップは、上羽陽子氏を講師に向かえた7/26(日)、8/9(日)、10/4(日)の3回連続講座となります。
※事前申し込み制のため、募集は終了しております。ご了承ください。

ワークショップでは、インド西部の現地の刺繍布を観察し、1枚の布に表現された刺繍の技法と文様を再現します。そして、最後には再現した布を現地の刺繍布と共に展示します。

では、当日の様子をご紹介いたします。

まずは、講師の上場陽子氏、8名の参加者の方の自己紹介から。皆さんの意気込みに熱意を感じました

そして、講師の方による、インド西部グジャラート州カッチ県についての解説がありました。パキスタンとの国境付近に位置するカッチ県は、降雨量が少なく、牧畜に適した地域であるということでした

また、スライドでは、現地 に暮らすラバーリーの人々の、儀礼時などの衣裳をご紹介いただきました。

そして、インド刺繍布の実物を見せていただきました
たとえば、羊毛ショールを参加者の方が身にまとうと…写真のようになります↓

顔が覆われていますが、ショールの向こう[こちら側]は見えているそうです

また、ラバーリーの衣裳に特徴的な「ミラーワーク」を実践してみました。皆さん、スムーズに作業が進み、どんどん次の刺繍へとステップアップしていきました。

最後には、それぞれ再現したい布を選び、特徴や技法などを細かくチェックしていきました。

皆さんの真剣な表情に、完成への期待が膨らみました。

参加者の方には、お家でも作業を進めていただき、完成を目指します。
毎回、講師の方のレクチャーもあり、作業の実践もあり、と充実の内容となっております。
ワークショップの様子は、見学 (刺繍作業中を除き) していただけますので、是非お立ち寄り頂き、インド西部の刺繍布の魅力を感じていただければと思います。

お茶

参加者募集 『手ししゅう 京繍体験』

参加者募集 『手ししゅう 京繍体験』

ワークショップのお知らせです。
現在開催中の「超絶刺繍―ヨーロッパ・インド・日本のわざ―」展では、
京繍(きょうぬい/日本刺繍)で使われる、お道具や工程もご紹介しています。

その京繍を、実際に体験していただける機会が9月にあります。

「手ししゅう 京繍(きょうぬい)体験」では、京 都の伝統的な刺繍である京繍(きょうぬい)を、職人さんが教えてくださいます。
初めての方もご安心ください。

金泥で描かれた絵柄に、あなたの手でひと針ずつ日本刺繍を用いた、色の世界を描きませんか。

華麗で繊細な模様を、正絹の袱紗(ふくさ)地に刺繍します。

刺繍をほどこした布は、持ち帰って、包み袱紗や信玄袋なども作ることができます。

○日時○
2009年9月11日(金)、12日(土)、13日(日)
13時~16時

○対象○
小学校5年生以上 (小学校5・6年生は保護者同席)
初めての方も歓迎です!

○定員○
各日30名 (応募者多数の場合は抽選)

○場所○
神戸ファッション美術館 4階セミナー室

○参加費○
1,000円(材料費、保険費を含む)

○申込方法○
ハガキ、FAX、美術館1階受付のいずれかで、
住所・氏名(ふりがな)・年齢・電話番号・希望日を明記の上、お申し込みください。

○締切○
8月31日(月)必着
申込多数の場合は、抽選をおこない、結果はハガキでお知らせいたします。
(9月3日頃発送予定)
参加申し込みいただいた方の個人情報は、当館事業に関する目的以外では使用しません。

○お問合せ・申込先○
〒658-0032 神戸市東灘区向洋町中2-9-1
神戸ファッション美術館 「京繍(きょうぬい)」係
FAX:078-858-0058
TEL:078-858-0050 (10時~18時 ・ 水曜日休館)

○主催○
(財)伝統的工芸品産業振興協会、京都刺繍共同組合、神戸ファッション美術館

ご参加をお待ちしております!

  • 2009/07/27 |
  • 12:35 |
  • お知らせ
  • admin |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

インド刺繍

みなさん、ごきげんいかがでしょうか

神戸ファッション美術館では、『超絶刺繍』展を行っております。
なぜ『超絶』というタイトルなのか。
ご来館されるだけでは、わからないかも知れません。
ただ展示を見ているだけだと気づかれないかも知れません。

展示室に入られる前に、テレビに映っている
刺繍の拡大図を見て頂ければ
少しは、『超絶』の意味を理解してもらえると思います

今日からインド刺繍の本を販売いたします。
『インド・ラバーリー社会の染織と儀礼』
『インド刺繍布のきらめき』
の2冊です。
詳しくは、神戸ファッション美術館の受付にて
確認してください。

ぉちえ

  • 2009/07/26 |
  • 10:10 |
  • つぶやき
  • admin |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!