follow me

秋季服飾文化セミナー

秋季服飾文化セミナーのお知らせです。
秋季はテーマを、「衣服の余生」といたしまして、
10月、11月、12月と3名のゲスト講演者をお迎えします。

衣 服の余生

日本国内だけをみても年間100万トンを超える衣服が、ゴミとして捨てられているそうです。安くて素敵な衣服が次々と売り出される反面、クローゼットに入 りきらなくなった昨年や一昨年の衣服が、まだまだ着られるにもかかわらずゴミになってしまっているのです。

いま様々な社会の局面で、地球環境の現状と将来までも視野に入れた《持続可能性=サスティナビリティ》について考えることが、大きな課題になっています。 そんな時だから、「自分が着古した衣服をどうするか」ということを考えてみるのも、とても大切なことではないでしょうか。

神戸ファッション美術館・2009年度秋季服飾文化セミナーは、《衣服の余生》をテーマとして、異なる分野の専門家による多角的な視点から、“捨てられた 衣服”について考える機会とします。

◎第1回
10/3(土) 13:00-
日 本の古着
講演者:朝岡康二氏(国立歴史民俗博物館 名誉教授)

◎第2回
11/7(土) 13:00-
T シャツからバイオエタノール
講演者:高尾正樹氏(日本環境設計株式会社)

◎第3回
12/5(土)
Re- ユースとRe-デザイン
講演者:中野恵介氏(ファッション・デザイナー)

時間
各回とも13時~(所要時間90分程度)
※受付は12時30分~です。

場所
神戸ファッション美術館
4階セミナー室

受講料金
一般 1回=500円
(3回通し券1000円)
高校生・65歳以上 1回=300円
(3回通し券600円)

※「友の会会員」の方は上記の金額の半額になります。
※身体障害者手帳等をお持ちの場合、ご本人(またはご本人と介護者の方)が無料になります。(詳しくは、受付でお問い合わせください)。
※予約は承っていません。当日会場にてお申込みください。

  • 2009/06/27 |
  • 14:18 |
  • お知らせ
  • admin |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

ハワイアン

日差しが強く、あつい日が続きますが

みなさん、ごきげんいかがでしょうか今日と明日のサン広場もあつくなっていますよ
「神戸がハワイになる2日間KOBE ALOHA BREEZE」 というイベントが行われているからです。

ステージ上でのハワイアンダンスが見ることができます

小さな子どもから大人までいろんな年齢の方々が踊っていました

3~5階ではハワイに関するものが販売されていました

また、本日オルビスホールで
Na Palapalai のコンサートが行われていました。

会場は、拍手喝采でした。

みなさんもこの土日
ハワイアンな雰囲気に
触れてみてはいかがでしょうか

これから、あつい日が続くようですが
元気にがんばっていきましょう

ぉちえ。”