follow me

新着図書☆図案集

こんにちは
ライブラリーより新着図書のご案内です
今回は、デザインソースとしてご利用いただける図案集をご紹介します

———————————————————-

『Decorative Patterns from Italy:イタリア発の装飾模様』

The Pepin Press, 2009

(請求記号) 3607/ITA
(件名)    装飾、図案、文様

名建築とされるさまざまなイタリアの教会における
床のモザイクや壁装飾に由来するデザインを網羅しています

———————————————————-

『デ ザインパーツブック ハッピー:Design Parts Book Happy』
エムディエヌコーポレーション, 2007

(請求記号) 3607/DEZ
(件名)    図案

ハートやスマイリーフェイス、果物や花、動物たち・・・
シアワセ感いっぱいのパーツたちを集めた素材集

———————————————————-

『中 国の装飾文様:CD‐ROM素材250』

中村 重樹(編著)
エムディエヌコーポレーション, 2005

(請求記号) 3607/CYU
(件名)    装飾、文様、図案

中国の伝統文様を、花・動物・罫・囲・雲・文字などの
章ごとに掲載、簡単な解説も載っています

———————————————————-

『Art Nouveau Tile Designs: アールヌーボーのタイルデザイン』 The Pepin Press, 2009

(請求記号) 2412/ART
(件名)    タイル

アールヌーボーは総合的な表現様式:美術およびデザインを網羅する表現様式で、美術を日常に取り込むことを目的とした そのため、タイルデザインの分野に も大きな影響を与えた 本書のタイルデザインは、ドイツ、ベルギー、イギリス、オランダ、フランス、南米諸国より収集されたもの

———————————————————-

これらの書籍はすべてCD-ROM付属です
CD-ROM閲覧ご希望の方はカウンターでお申し込み下さい
(ライブラリーカードが必要です)

みなさまのご来館をお待ちしています

ぱはりーた

  • 2009/05/21 |
  • 10:00 |
  • ライブラリー
  • admin |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

イベント中止のお知らせ

当館開催中のイベントが下記により中止となりました。

神戸市内で新型インフルエンザの発生が確認されたことにより、
残りの会期となる5月18日(月)、19日(火)に予定しておりました
「KOBE ARTCOLLECTION 2009」は中止とさせていただきます。

ご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございませんが、
何卒ご理解ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

ACP KOBE実行委員会事務局
http://kobeartcollection.com/
acpkobe@masahiroamano.net(代表:アマノ)

開催を予定しておりましたイベントも延期となりました。

5月23日(土)~24日(日)
「第3回 Dream in Kobe」
Dream in Kobe実行委員会

ご来場を予定しておられた皆様にはご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございません。
何卒ご理解いただけますよう、お願い致します。

神戸ファッション美術館 特別展示は、開催中です。

出番まち…。

ライブラリーの新着図書の紹介です。

今回は、映画関連の書籍をご紹介します。

「501 映画監督」 分類 3101-501
1860年代から1970年代生まれの映画監督501人を紹介した1冊。
監督の略歴と作品、作風などがわかる事典のような本です。

「501 映画スター」 分類 3111-501
前述の映画スター版。
なぜ、501人なのか??? (←答えは載っていないような…。)
1860年代から1980年代生まれの俳優を紹介、日本人も選出されています。

「市川崑大全」 分類 3109-ICH
2008年に亡くなった映画監督、市川崑について語られています。
横溝正史原作の金田一シリーズはあまりにも有名。

「フランシス・F・コッポラ」 分類 3106-COP
こちらは映画監督コッポラの本。
監督自身のインタビューも載せられています。
コッポラといえば、「ゴットファーザー」ですが、
以前にディズニーランドで上映されていたマイケル・ジャクソンの
「キャプテンEO」も実はコッポラの監督作品だったとは驚きです…。

「昭和シネマ館 黄金期スクリーンの光芒」 分類3104-SYO
映画の黄金期と呼ばれる1950年代から1960年代の映画論。

「キネマ旬報ベスト・テン80回全史」 分類 3103-KIN
1924年から始まった雑誌「キネマ旬報」による公開映画のベストテンの記録史。
選定委員によるランキングは、興行収入ランキングとは異なる映画が多数選ばれ、
楽しみにしている読者も多いのでは?
こちらは、1924年から2006年までの80回を紹介。

「櫻の園」 分類 3109-SAK
昨年秋に公開された映画「櫻の園」のオフィシャル・ビジュアル・ブック。
原作は「BANANA FISH」や「YASHA」で知られる人気漫画家、吉田秋生。
この映画で制服のデザインを手がけられたデザイナー浅野氏よりご寄贈いただいた1冊。

このほかにも、出番まちの書籍がたくさんありますので、お楽しみに。

  • 2009/05/17 |
  • 10:00 |
  • ライブラリー
  • admin |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

大阪万博記念公園に行ってきました

新緑の季節ですね
大阪万博公園では木々の葉っぱがきらきらしていました
公園内にある展望台からは、新緑を上から見下ろすことができて新鮮でした。
景色の中には、公園内にある国立民族学博物館も見えて、緑の中に埋もれているようで不思議な風景でした。

国立民族学博物館では、特別展「千家十職×みんぱく -茶の湯のものづくりと世界のわざ-」が開催されていて、多くの国の作品が展示されていました。ブースごとにインパクトがあり、様々な雰囲気が楽しめる空 間でした。また常設展では、特別展以上に多くの国々のあらゆる時代の道具などが展示されていました。

天気もよく、気持ちよかったので、公園内にある日本庭園にも行ってきました

出かけるには気持ちのいい季節、みなさんも自然や芸術に触れてみてはいかがでしょうか?? ここ神戸ファッション美術館のある六甲アイランドも新緑の季 節、散歩するのも気持ちいいですよ
n

  • 2009/05/16 |
  • 13:49 |
  • つぶやき
  • admin |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

新着図書&おススメ本のご案内

ライブラリーの新着図書&オススメ本のご案内です 

まず新着本から

ご要望の多かったマルタン・マルジェラの 書籍2冊が入りました。

『CREAM MAISON MARTIN MARGIELA EDITION 2008 ISSUE.09』
Irene Leung(著)  CREAM 出版
0403/MAR 書庫

こちらは、香港の雑誌で、毎号違ったテーマとスタイルで出版されるそうですが、ISSUE09のテーマはマルタン・マルジェラ。白いBOXに0~23の数 字が型押しされた白い本が収納されている。
※ こちらの書籍の閲覧 にはライブラリーカードが必要です。

『Maison Martin Margiela: 20: The Exhibition』
Bob Verhelst(著) MoMu出版
0403/MAR 閲覧室

マルタン・マルジェラのデビュー20周年を記念してアントワープのモードミュージアムで開催された「MAISON MARTIN MARGIELA ( 20) The exhibition」展の公式図録。

『The Eiffel Tower』
Gustave Eiffel(著) Taschen America出版
2805/EIF 閲覧室

パリのシンボル的存在エッフェル塔。この本は、1900年に500限定で出版された、ギュスターヴ・エッフェル(著)『300メートルの塔』の復刻版この本を読むとエッフェル塔完成までの軌跡、そして現在 パリの象徴的な塔となっている理由が明らかになる。
ギュスターヴ・エッフェルはエッフェル塔の設計者。1889年パリ万博の為に建てられ、20年後には解体予定だったエッフェル塔が現在も存在しているのは 彼の尽力によるといっても過言ではない。フランス革命から100年を迎えたフランス。華美な様式のデザインが好まれた当時、デザイン様式の異なるエッフェ ル塔建設にあたり一部の芸術家から批判が出るが、エッフェル塔は前衛芸術作品ではなく、元来建築が目指した透明性と軽さに裏付けされた美学なのだ・・・。

本書には建設段階の写真や、構造について、ドローイングがふんだんに使われている。流麗なドローイングには建築に全く縁のない人でも惚れ惚れしてしまう
テキストはフランス語、ドイツ語・スペイン語・フランス語・英語・イタリア語・日本語・オランダ語・ポルトガル語の8ヶ国語。

大型本コーナー から
一般書架とは離れた大型本の棚をご存知ですか?
ここには、一般書架に入らなかった大きなサイズの書籍が集められています。
サイズが大きい分内容もビックです。
今日はその内の一冊をご案内。

『服飾史圖繒』
駸々堂 出版
0304/FUK 大型本

こちらは、日本の服飾史に関する本。一般書架にも同じジャンルの書籍はありますが、こちらは大型本だけに、ヴォリュームも内容も満点。
時代に沿った絵画、写真入りの服飾資料にくわえ、宮廷衣装や、能・狂言衣装の着付けまで詳しく解説されています。

kazu

  • 2009/05/15 |
  • 10:00 |
  • ライブラリー
  • admin |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!