follow me

ファッションの展覧会 2009春

神戸ファッション美術館は、その名の通りファッションをテーマとした美術館ですが、同じように服飾文化を展覧している他の既存館の展覧会に加えて、様々な ところでファッションの展覧会を楽しめる春になっています。その主なものをここでピックアップしてみます。

『ラグジュ アリー ファッションの欲望』 京都国立近代美術館
『6+ アントワープ・ ファッション展』 東京オペラシティアートギャラリー
『特別展「Story of・・・」 カルティエ クリエイション~めぐり逢う美の記憶』 東京国立博物館
『優 品でたどるヨーロピアン・ファッション』 文化学園服飾博物館
『モダン×ファッション』 島根県立石見美術館
『革命 とファッション 亡命ロシア、美の血脈』 多摩美術大学美術館
『小袖 江戸のオートクチュール 』 大阪市立美術館

もちろん神戸ファッション美術館でも、今週16日からは、
『大菅てる子氏寄贈記念 マダム・グレの世界展 -究極のエレガンス-』を開催します。

ファッションは、私たちにとってとても身近なテーマです。であるがゆえに、展覧会という、日常とは異質の空間に展示されることによって、普段当たり前のよ うに見過ごされている“着ることの本質”が顕わになることもあるのです。
この春、全国各地で開催される“ファッションの展覧会”を見てまわって、自然界の数多ある生物の中で、唯一、着替え、また着飾る動物である《人間》につい て、考えを巡らしてみるのはいかがでしょう。

MOMO

  • 2009/04/13 |
  • 15:30 |
  • ファッション
  • admin |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!