follow me

ドレープの美しさ

先日、上野にて阿修羅展を見てきました。

次回の特別展、「マダムグレの世界展」の準備を始めて以来
布地のドレープについては敏感に観察するようになりました。

阿修羅さんをはじめ、同時に展示されている鎌倉時代の仏像にも
流れるような美しいドレープを 発見。
仏師たちにとってもその表現は重要な課題であったに違いありません。

次回展でクローズアップされる グレの衣装も
そのドレープ美しさが最大の特徴です。

彼女が、彫刻家志望であり、彫刻を学びながら、
布地の作り出す優美な曲線に魅了されていきました。

たたまれた襞の影の1本1本が
水の流れのように美しい脈をつくっています。

どうぞご期待ください。

大菅てる子氏寄贈記念
マダム・グレの世界展  4月16日(木)より
ー究極のエレガンスー

H.O