follow me

奈良からようこそ!

現在、ロビーで開催されている
「正倉院模造宝物の美 -つながる神戸と奈良ー」の展示にちなみ、
奈良より平城遷都1300年祭マスコットキャラクターの せんとくん
が、来館! 神戸を代表して ワケトンがお出迎え。
ゆるキャラ同志の友情を 深めました。

ガラスケースの中の 宝物を鑑賞

奈良では毎年正倉院展が開催され、古くからの正倉院御物が
展示されています。今回展示されている宝物は模造品とは言え
一流の作家によって製作技術も含めて原品を復元したものです。

正倉院の宝物はその技法の水準の高さからも注目され、
江戸時代から模造品がつくられるようになり、明治時代になると
本格的に公的な模造品が作られるようになったそうです。

模造品の作成の根底には「文化財の保護と研究」という意義があります。
修復法を探るためであった復元ですが、関東大震災以後には、
「原品(宝物)万一の場合に」備える役割も付加されたと聞きます。
それほど価値の高いものが製作されているのです。

これらの宝物を所蔵されている奈良女子大学も
今年は創立100周年記念の年だそうです。
正門からみる重要文化財の記念館は
とても風格のある建物。
来年2010年はいよいよ平城遷都1300年です。

古都奈良のようすを思い起こしながら
展示をおたのしみください。

美術館1階ロビー(無料ゾーン)にて 4月12日まで。

かつお やじへい