follow me

せんとくん来館!

現在神戸ファッション美術館の1階ロビーでは4月12日(日)まで

【奈良女子大学所 蔵正倉院模造宝物展
正倉院模造宝物の美 -つながる神戸と奈良-】

を開催しています。

これは、本年3月20日に開通する阪神なんば線にシルクロードを重ね合わせ、終着点奈良にある奈良女子大学所有の正倉院模造宝物を、海の玄関口である神 戸六甲アイランドの神戸ファション美術館で展示しようということで企画されたものです。
もちろん、本物の正倉院宝物は国宝ですから厳重に保管されていますので、模造品の展示ということになっていますが・・・。
今回展示される模造宝物は当時の技術を忠実に再現し、精巧に作られておりますので、模造品と言えども美術工芸品としては最高級品と言えるものが揃っており ます。

また、この展示を記念して神戸ファッション美術館に

3月28日(土)10時より
奈良から「平城遷都1300年祭マスコットキャラクター“せんとくん”が 来館します。
さらに神戸の代表として「ゴミ分別キャラクター」“ワケトン”も 来館し、せんとくんをお迎えします。
ぜひ会いにきてください!  

カツオヤジ

「神戸花物語2009」に行ってきました

3月13日(金)~3月15日(日)にポートアイランドで開催されていた
「神戸花物語2009」というイベントに行ってきました
会場には多くの花や、花を使った様々な作品が展示されていました。

多くの展示品の中で、一番大きく存在感のあったのがこのピラミッドのような
メインオブジェです。どの方向から見ても花で覆いつくされていて、見ごたえがあり、
てっぺんから足元までチューリップがふんだんに使われていて素敵でした。

ところで、ただ今開催中の「華麗大正浪漫展」で展示さ れているいくつかの着物にも
様々な花が描かれています。その中で「神戸花物語2009」でも多く利用されていた
チューリップが描かれている着物を少し紹介したいと思います。

お分かりでしょうか??この影絵のようなチューリップの柄(左下)!
今では、庭先や花壇、花屋さんなど、あちこちで見かけるチューリップですが、
この着物が作られた大正時代にはどのようなところで見ることができたのでしょうか??
この着物の柄を見ながらそんなことを想像してみり・・・。
実はこのチューリップの柄、なかなかわかりにくい部分に描かれています。
展示室をご覧になる機会があればぜひ探してみてくださいね
n

  • 2009/03/17 |
  • 14:29 |
  • 神戸観光
  • admin |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!