follow me

「ふたつの世界」

こんにちは

雨続きの一週間ですね

さて、2月26日から、神戸ファッション美術館のお隣、

神戸ゆかりの美術館で新しい展覧会が始まりました。

タイトルは「ふたつの世界」

今回は、石阪春生氏と田中徳喜氏という二人の洋画家の

作品を中心にした内容です。

神戸ゆかりの美術館は、その名の通り、

神戸に関係の深い芸術家の紹介を随時行っていますが、

この展覧会では2008年度、新たに収蔵作品として

加わった2名の芸術家のそれぞれの仕事を年代毎に

展示しています。

お二人とも、現在も神戸・大坂でご活躍の現役作家です

オープン当日は田中徳喜氏が来館されました。

会期中まだ何度か来られると思いますので、

作家本人と出会えるチャンスがあるかもしれません♪

さて、お2人のそれぞれの世界とはどんな世界でしょう?

まずは展示室に入ってすぐのお部屋、田中氏のお部屋です。

??いろんな不思議なかたちが描かれています・・・

手前には透明の立体作品もあります。

田中氏は、音楽や人体の形、2つのモノの関係性などを

描いているそうですよ。

皆さんには何に見えますか?

他にも、こんな参考展示が・・・

神戸市民にはおなじみ、神戸まつりのポスターです。

田中徳喜氏は第1回(中央・上)のポスターから何度も、

神戸まつりのポスターデザインを担当しておられました。
さて、奥の部屋は石阪春生氏のお部屋です。

大きいですね・・女性がたくさん登場する石阪氏の作品。

みなさん、神戸の街中でこの方の作品に出会った記憶は

ありませんか?

私はほぼ毎日出会います。

三宮は地下街にありますよ~。

この展覧会では、石阪氏のよく知られた「女のいる風景」

以外の作品も紹介しています。

こちらは、初期の抽象作品。

そのほか、おなじみの「神戸ゆかりの芸術家たち」の展示も

ありますので、雨の日はのんびり鑑賞にいらしてください。

from

  • 2009/02/26 |
  • 10:00 |
  • つぶやき
  • admin |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!