follow me

六甲ライナーの車窓から

神戸ファッション美術館のある六甲アイランドには、六甲ライナーで来られるという方が多いのではないでしょうか?(神戸市営バスやお車でのアクセスもありますが)
神戸ファッション美術館の職員もほとんどが六甲ライナーで通勤しています。

意識せずに、ただの移動だと思っていると見落としがちですが、六甲ライナーの駅周辺や車内からの風景など、ここ数日気をつけて見ていただけで、とても興味深い景色が見れました。
工場萌えといってしまうと、本当のマニアの方に怒られてしまいそうですが、

南魚崎のホームから見える工場。煙をもうもうと上げて働いてる姿はカッコいいです。

南魚崎駅の辺りからは、阪神高速5号湾岸線も見え、そちらも雄大なロケーションを展開していました。

六甲ライナーの中からも見えます。

海と工業地帯が一望という感じです。

ちょっと橋(正しくは阪神高速5号湾岸線)マニアのようになってしまいましたが
普段なかなか目にする機会のないような光景も、ライナーからは気軽に見渡せて、六甲アイランドへの移動の間中、退屈することがありません。

皆さんも、ぜひ一度六甲ライナーの車内から臨海商業都市ならではの光景を堪能してみて下さい。

ポチ


神戸ファッション美術館

  • 2009/02/05 |
  • 10:00 |
  • つぶやき
  • admin |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!