follow me

着物展関連イベント「落語上演会」のお知らせ

神戸ファッション美術館1階ロビーにおきまして、
特別展示「華麗 大正浪漫-渡文コレクションの着物たち-」関連イベント 

落語上演会 《神戸浪漫寄席》 を開催いたします。

本上演会は、大阪大学落語研究会のメンバーが中心となって行うもので、
おなじみの古典落語の演目を楽しんでいただけます。

【日時】 平成21年2月1日(日) 第1部 13:30~ 第2部 15:00~

【場所】 神戸ファッション美術館 ロビー

【演目】 『饅頭怖い』 銀杏亭駒粘
      『延陽伯』 綾紫家小豆
      『刻うどん』 大阪亭斗留
      『看板の一』 浪漫亭不良雲
      『犬の目』 隣乃玄張

神戸ファッション美術館

もっと美しくなりたい女性の為の内面(心)からのパーソナルケアレッスンのご案内

KOBEL≪パーソナルケア≫始動です!
話題のセラピスト王子にコーチングを受けてみませんか?


自分らしい納得いく生き方 自分らしい選択って・・・

そんな女性たちのもんもんとした本音を反映しすっきり心が軽くなるパーソナルケアを開催します。

外面も内面もよりよい自分に変えていくのにまず「今の自分」を知ることが出発点。

今の自分を知った上で 次に納得できる選択をして暮らすことができれば自然と内面からも輝いた女性に・・・。

そんなワンランク上の女性を実現するための日頃自分でできる心のマネージメントスキルを
どなたでも楽しく身につけていただけます。

■レッスン内容
①「毎日進化している自分の今を見つめるテクニック」
②「普段の生活+1分のセルフケア」
③「コミュニケーション美人のための10ヶ条」

■開催スケジュール
第1回 2009年3月 15日 (日曜日) 13:00~15:00
第2回 2009年3月 22日 (日曜日) 13:00~15:00
※各クラス定員 20名 ( 定員になり次第終了 )
参加費:2,500円(プレゼントつき)

■場所
神戸ファッション美術館4Fセミナー室

■ゲスト

川北 淳士 (かわきた あつじ)

ニュージーランドで多彩なフィットネスプログラムを学び多彩なフィットネスプログラム等を展開・プロデュースを行っている。〔セルフコンディショニング〕を目的とした〔Life Active Body Ordermade = K-LABO〕を考案し完全予約制でマンツーマン指導を行っている。オーナーバーテンダーとして 〔芦屋MAINBARメインバー〕を運営する傍ら〔自立力コーチング〕を主体とする
〔NPO法人マザーズサポーター協会〕の認定講師。

お問い合わせ先 (KOBEL事務局)
神戸市中央区浜辺通5-1-14 神戸商工貿易センタービル1106
TEL:078-891-5755 FAX:078-891-5756
Mail:info@kobedays.com

詳しくはコチラ

講演会・ワークショップのおしらせ

特別展示 
華麗 大正浪漫―渡文(わたぶん)コレクションの着物たち―
講演会・ワークショップのおしらせ

ファッションにみる地域性―江戸時代の場合―
講師:切畑健氏(京都国立博物館名誉館員)

2月21日(土)14:00-15:30

受付:13:30より/申込不要/参加無料
会場:4階セミナー室

現代の和装の直接の源流である江戸時代の衣装、小袖。
かつてそれを見た外国人は、芸術を着用していると感動したものです。
やがて、町人が豊かになると、衣装への関心が高まり、
多彩な装飾文様のいわばファッションブックとしての小袖ひいな形本が、
次々に出版されました。
江戸時代中期までの雛形本から、
日本各地の意匠の地域性を探ります。

ワークショップの申込方法

※メールか、FAX、ハガキに、住所・氏名・電話番号・参加希望日を明記の上、
それぞれの締切までにお申込み下さい。
当選者のみハガキでお知らせします。
[e-mail]info@fashionmuseum.or.jp  
FAX 078-858-0058
〒658-0032 神戸市東灘区向洋町中2-9-1  神戸ファッション美術館

糸布あそび 着物グリーティングカードを作ろう
講師:岡みちこ氏(神戸ファッション造形大学准教授) 

3月7日(土)13時30分-15時30分

定員:20名 
参加費:500円 
締切:2月15日

色にまつわるお話しを交えて、色とりどりの絹糸と布を用いた、
あなただけの着物模様を創ります。
グリーティングカードとして、また額に入れるとお部屋のインテリアとしても
お楽しみいただけます。

モスリンでロウ染めのストールを作ろう
講師:中井由希子氏(京都市立芸術大学大学院美術研究科染織専攻)

3月15日(日)13時-16時 

定員:15名 
参加費:3000円
締切:2月22日

ウール素材の着物地であるモスリン布に、ロウ染めで模様を描いて、
あなただけのオリジナルストールを作ります。
着物にはもちろん、洋服にもしっくりとなじんで首元を彩ります。

そのほかのイベント↓

大正浪漫着物 特別展示のページへ

神戸ファッション美術館

  • 2009/01/25 |
  • 11:16 |
  • お知らせ
  • admin |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

美しくなる?!イベント

こんにちは!
あっという間にお正月も過ぎて、1月も終わろうとしています

さて、運動したいな、しなきゃな~と思いつつ仕事と家との往復しかしていないワタシ(そしてアナタ)にぴったりのイベントが神戸ファッション美術館5階オルビスホールで行われています!

内面からも外面からも美しく輝きたい女性のために
KOBEL(コーベル)

KOBELとは、「ストレス解消したい~!」「何か習い事をしてみたいけど…」という女性のために1日で集中的に4つのレッスンを体験できるイベントなのです。
私も、先日1月12日(月・祝)の回に参加してみました!
お昼休みを利用して、だったので、参加したのは一つだけ。
参加したダンスは前から興味のあった「ベリーダンス・エクササイズ」です

ちょっとセクシーなイメージのあるベリーダンス、でもKOBELは女性限定のイベントなので安心してレッスンに集中できます。
レッスンはこんな感じ…

ベリーダンスは、腰を左右にうごかしたり、肩を前後にうごかしたり、普段なかなか使わない筋肉を使って、翌日はばっちり筋肉痛に。
筋肉痛も少しウレシイような一日を過ごしました

次回のKOBELは2月7日(土)
ピラティスフラメンコ、そしてミステリーレッスンもあるようです
当日参加もOKなので、ちょっと体験してみたいな、という方にぴったりではないでしょうか

詳しくは

http://www.kobedays.com/seminor/kobel/index.html
をチェックしてくださいね!

こまち

なごみの茶

大寒を過ぎ立春までの今のこの時期は
一年で最も寒い時期です。
皆さまは、いかがお過ごしでしょうか。

そんな寒さを少しでも忘れさせてくれるひととき。
それは、腰掛けてゆっくりといただく温かいお茶の時間ですね。
体と心が温まり、精神も落ち着きます。
なごみのお茶の効用ですね。

先日、とある番組で見た中国茶についてのお話。
『中国茶六色』とは・・・

お茶は同じ木から摘んでも、のちの加工によってさまざまに姿を変え、
中国ではそれを六つの色で分類します。

まずは龍井茶(ロンジンチャ)に代表される茶。
摘んだ茶葉を炒るなどして熱を加え、発酵させずに作られます。
(不発酵茶)

白い産毛が特徴の茶は、熱を加えず、乾燥させて
少しだけ発酵させたお茶。
ヨーロッパに渡り、紅茶のPekoe(ペコ)の語源となりました。
(弱発酵茶/白牡丹など)

茶は、ご存知、ウーロン茶としても分類される、半発酵のお茶です。
発酵度の幅も広く、緑茶に近いものから紅茶に近いものまでさまざま。
(半発酵茶)

茶は、軽く乾燥させた後、温度と湿度を加え熟成させて仕上げる、
後発酵(あとはっこう)という製法で作られます。
(弱 後発酵茶/君山銀針など)

プーアル茶などで知られる茶は、熱により酸化を止めてから
微生物などによって発酵させたお茶。
ヴィンテージものには高値がつきます。
(後発酵茶)

茶葉を完全に発酵させたものが茶。
世界中で飲まれる紅茶も中国がそのルーツと言えます。
(全発酵茶)

味わいは奥深く無限に広がっていくようですね。

では日本茶はどうでしょうか。
日本でよく飲まれている「煎茶」とは、緑茶すなわち不発酵茶の
一種ですが、蒸して発酵を止めるという点で世界的にも
珍しい茶であり、生産、消費ともほぼ日本に限られています。
ただし、中国茶に近い製法をとる釜炒り茶もあります。

日本で一般に緑茶といった場合、広義の「煎茶」
(茶葉を煮出して成分を抽出する「煎じ茶」)を意味します。
つまり玉露、番茶、ほうじ茶、玄米茶など全般を指し、
さらに広義には、抹茶を含める場合もあります。

さて、神戸ファッション美術館で明日からいよいよ始まる特別展示
華麗 大正浪漫 ―渡文(わたぶん)コレクションの着物たち― 」
この特別展に関連してのイベントをご紹介します。

「出張日本茶カフェ 一日ひとひ」
会期中(1/24-4/5)の土・日・祝日 12:00-17:00
煎茶三煎と特製和菓子のセット:850円
※ラストオーダー16:30

着物をご覧になり、また日本茶でほっこり
なごまれてみてはいかがでしょうか。

皆さまのご来館をお待ちしております。

ぱはりーた

神戸ファッション美術館

  • 2009/01/23 |
  • 14:38 |
  • つぶやき
  • admin |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!