follow me

常設展はここがかわった

こんにちは、くろしゅです

特別展が伊豆蔵先生の展示から、お着物の展示にガラッとかわりました

リピーターのお客様の中には
「いつも見てるから」
と、常設展をとばして特別展のみご覧になる方がいらっしゃいます

そんなお客様を見て、私はお止めした方が良いのかしらと、ヤキモキしています

常設展もかわっているのですよ

そこで、今回は「常設展の、ここがかわった」を、ご紹介致します

構造のコーナー

画像で「ここがかわった」とわかった方、かなりのリピーター様ですね
位置が替わっただけではなく、バッスルを新しく紫色も出しています
あと、クリノリンも1着展示しています。

年表のコーナー

黄色のクリノリンスタイルのドレスが、茶色のドレスにかわっています

ガラスケースに入っていた、キャロスール、シャネル、ディオール、ジヴァンシィ、カルダン、プッチ、ミュグレーのドレスを展示台に出していますので、より近くで見て頂けます

プッチのドレスは青色からピンクと紫のドレスにかわっています

リピーターのお客様も、初めてのお客様も、是非是非じっくりご覧下さいね

 くろしゅ 
神戸ファッション美術館

ミュージアムショップよりクリエイターご紹介

[ミュージアムショップよりクリエイターご紹介]
※敬称略

アマノ雅広
http://masahiroamano.net

Sign,798/Beijing,2008
サイン、798/北京、2008
額および税込価格 \15,000

今回ミュージアムショップ"Museum in museum"で取り扱う作品は、変わりゆく新芸術都市北京市内の798エリアで撮影されたたワンシーンもので、小さくとも力強い存在感を示すものがセレクトされています。自身のライフワークのひとつ「サイン」シリーズの一環。
※店頭設置のカタログにて、他の作品もお選びいただけます。

川崎輝正
http://terumasakawasaki.com

We can’t forget the scene/New York city,2004
あの光景が忘れられない/ニューヨーク、2004
額および税込価格 \15,000

"Museum in museum"に出品するにあたり、未発表作品の中から自身が印象に残る作品をセレクト。
※店頭設置のカタログにて、他の作品もお選びいただけます。

神戸ファッション美術館