follow me

常設展はここがかわった

こんにちは、くろしゅです

特別展が伊豆蔵先生の展示から、お着物の展示にガラッとかわりました

リピーターのお客様の中には
「いつも見てるから」
と、常設展をとばして特別展のみご覧になる方がいらっしゃいます

そんなお客様を見て、私はお止めした方が良いのかしらと、ヤキモキしています

常設展もかわっているのですよ

そこで、今回は「常設展の、ここがかわった」を、ご紹介致します

構造のコーナー

画像で「ここがかわった」とわかった方、かなりのリピーター様ですね
位置が替わっただけではなく、バッスルを新しく紫色も出しています
あと、クリノリンも1着展示しています。

年表のコーナー

黄色のクリノリンスタイルのドレスが、茶色のドレスにかわっています

ガラスケースに入っていた、キャロスール、シャネル、ディオール、ジヴァンシィ、カルダン、プッチ、ミュグレーのドレスを展示台に出していますので、より近くで見て頂けます

プッチのドレスは青色からピンクと紫のドレスにかわっています

リピーターのお客様も、初めてのお客様も、是非是非じっくりご覧下さいね

 くろしゅ 
神戸ファッション美術館

ミュージアムショップよりクリエイターご紹介

[ミュージアムショップよりクリエイターご紹介]
※敬称略

アマノ雅広
http://masahiroamano.net

Sign,798/Beijing,2008
サイン、798/北京、2008
額および税込価格 \15,000

今回ミュージアムショップ"Museum in museum"で取り扱う作品は、変わりゆく新芸術都市北京市内の798エリアで撮影されたたワンシーンもので、小さくとも力強い存在感を示すものがセレクトされています。自身のライフワークのひとつ「サイン」シリーズの一環。
※店頭設置のカタログにて、他の作品もお選びいただけます。

川崎輝正
http://terumasakawasaki.com

We can’t forget the scene/New York city,2004
あの光景が忘れられない/ニューヨーク、2004
額および税込価格 \15,000

"Museum in museum"に出品するにあたり、未発表作品の中から自身が印象に残る作品をセレクト。
※店頭設置のカタログにて、他の作品もお選びいただけます。

神戸ファッション美術館

KOBEL開催!

去年の8月、9月、10月に開催し毎回100人以上の女性に参加いただき、
今年1月12日も大好評だったKOBEL。
毎回様々なジャンルの講師に来ていただいておりますが、次回のコーベルは初登場のサンバ、ピラティスをはじめ、当日まで何が出てくるかわからないミステリーレッスンもあります。参加された方はあっと驚くことでしょう。

では、以下に次回のKOBELスケジュールを示しますのでご覧下さい。

2月 7日(土曜日) 〔サンバ、ピラティス、ミステリーレッスン?、フラメンコ〕

3月21日(土曜日) 〔サンバ、ベリーダンス・エクササイズ、ピラティス、フラメンコ〕

いずれも14時から神戸ファッション美術館5階オルビスホールにて開催致します。

料金は前回から据え置きの¥2000(前売価格)です。

ではコーベルホームページをチェック!

ど根性シュロの木

数年前、ある町で道端のアスファルトを突き破って生えている大根が、その類希なる生命力から「ど根性大根」と命名され世間を騒がせたのを覚えておられるでしょうか。現在も町おこしのシンボルとしてキャラクターにもなって、その町を盛り上げているようです。
        
そこで・・・。

見つけてまいりました。この六甲アイランドの島内にも「ど根性○○」があるのです!
写真を見ていただければわかりますが、石積擁壁(ヨウヘキ)と道路縁石の隙間から立派な「ど根性シュロの木」が生えております。おそらく種が石積擁壁と道路縁石の間に入って発芽したのでしょうが、高さ1メートル以上ある石積擁壁やコンクリート製の道路縁石を押しのけて成長するパワーはアスファルトを突き破るより凄いのでないでしょうか。
ご存知の方もおられるでしょうが、キリスト教ではシュロの葉は特別な意味を持っているそうで、おそらくこの木の強健な生命力にも関係しているのでしょう。

また、シュロの木がこれらの公共的構築物を押しのけている状態は、役所的に言うと安全上好ましくないかもしれないので、いつまでこの木がここに生き続けることができるかはわかりません。でも、小さな種から育って、誰も動かすことのできない“公共的構築物”まで押しのけてここまで大きくなったシュロの木を見ていると、「所詮人間の作ったものなんて自然のパワーに比べれば・・・。」というような“シュロの木の声”が聞こえてくるようです。

カツオヤジ
神戸ファッション美術館

携帯サイトがオープンしました

神戸ファッション美術館の携帯サイトがオープンしました。

神戸ファッション美術館 モバイルサイト

美術館情報を手軽にチェックしていただけるほか、
携帯サイト限定で割引クーポンのページも設けています。

割引券の画面を受付で掲示くださいますと、

一般 \500→\400 
小中高・65歳以上 \250→\200

で入館することができます。

ブログ共々モバイルサイトをよろしくおねがいします。

神戸ファッション美術館

  • 2009/01/30 |
  • 11:57 |
  • お知らせ
  • admin |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!