follow me

みるよむ冬

  こんにちは

    ライブラリーの新着図書のご案内です。
  
 
* * * * * * * * * * * * * * * * *

  The Art of the Snowflake: A Photographic Album
    Kenneth Libbrecht (著) 156ページ/英語

    雪の結晶ばかりを集めた本。

                    書棚-42  請求番号 4205/SNO 

* * * * * * * * * * * * * * * * *  

 【期間限定】

  The Night Before Christmas: A Pop-Up
    Clement Clarke Moore (著), Robert Sabuda (イラスト)
                 12ページ/英語  請求番号 3619/NIG

  Winter’s Tale: An Original Pop-up Journey
    Robert Sabuda (著) 12ページ/英語  請求番号 3619/WIN

   「紙の魔術師」サブダが挑む大がかりな飛び出し絵本
    
    期間限定で1ヶ月間展示。(展示後は書庫に移動します。) 

  

  

     書棚26はクリスマス装飾の本がたくさんあります

  A Nantucket Christmas   
    Leslie Linsley (著), Jeffrey Allen (写真) 108ページ/英語
  
                    書棚-26  請求番号 2603/NAN

  Christmas Inspirations
   -Practical Ideas for Creating Beautiful Gifts
    And Decorations for the Holiday Season

    Charlotte Packer (著),
    Rose Hammick (写真), Jo Tyler (写真) 127ページ/英語
         
       書棚-26  請求番号 2603/CHR
   

  Christmas Details   Mary Norden (著), Sandra Lane (著)
                  127ページ/英語
  
                    書棚-26  請求番号 2603/CHR
 ㊧ライブラツリー

  
素材本も入りました。
  
 
  きらきら素材集      井上 のきあ (著)102ページ
  
    星、宝石、金属プレート、チェーン,ラメ入り背景,
    バッジなどの光ものを掲載した素材集。

  Christmas (Clip Art)  32ページ/英語

    クリスマスの図案集。ちょっとレトロな雰囲気。

                                   mum

                   
神戸ファッション美術館

  • 2008/11/24 |
  • 10:00 |
  • ライブラリー
  • admin |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

kent FUNAYAMA

神戸ファッション美術館が応援するアーティスト、kent FUNAYAMAさんのご紹介です!

先日のecofes @ ORBIS HALL 2008に出演されました。

その時の動画がこちらです↓
ecofes @ ORBIS HALL 2008 kent FUNAYAMA

そんなkentさんは当美術館ミュージアムショップ「museum in museum」でもCDが取り扱われてます!!

視聴コーナーが設けられてますので是非お立ち寄り下さいませ!

また、神戸デイズや、自分時間でもインタビューされたりと神戸を代表するミュージシャンへとご活躍されること間違いなしです!!

Kent FUNAYAMA オフィシャルサイト
http://www.kentfunayama.com

MT

神戸ファッション美術館

斎藤統氏(イッセイミヤケ・ヨーロッパ社社長) 特別講演会

世界を代表するブランド、イッセイミヤケ・ヨーロッパ社社長斎藤統氏をお迎えし、特別講演会『21世紀ファッションのゆくえ -ファッションデザインとモードクリエイション-』を開催いたします。
斎藤氏は、12月14日に最終選考会が開催される神戸ファッションコンテストの審査委員長を、今年から務めてもいらっしゃいます。
長年パリのモード界の一線で活躍されてきた斎藤氏の経験に基づいて、ファッションデザインとモードクリエイションの違いといった観点から、フランスと日本における服飾文化の現状、パリ・モードの役割や機能、さらに21世紀ファッションの今後の展望と提言についてお話しいただきます。

日 時:2008年12月15日(月) 14:00-16:00

講演者:斎藤統氏(イッセイミヤケ・ヨーロッパ社 社長)
1973年にリヨン大学留学のために渡仏。80年にモードクリエイター山本耀司氏のパリ拠点として設立されたヨウジ・ヨーロッパ社の社長となり、約15年にわたって欧米における同ブランドの全ビジネスを取り仕切る。その後、英国のラグジュアリーブランド「JOSEPH」の日本進出総責任者として、全国百貨店を中心としたブランド展開の礎を築く。2007年からイッセイミヤケ・ヨーロッパ社の社長に就任。2008年には、日仏を結ぶファッション文化の振興や教育普及への長年の功績に対して、フランス政府からフランス芸術文化勲章を授与される。

場 所:神戸ファッション美術館5階 オルビスホール

主 催:神戸ファッション美術館

特別協力:神戸ファッション協会

お申込方法:
先着順に申込みを受付します。
メールハガキまたはFAXで、
氏名・電話番号を明記の上、
「神戸ファッション美術館」までお申し込みください。
当選の場合、お返事はいたしませんので、そのまま当日会場へお越しください。
定員に達した場合、落選の方のみに結果をご連絡いたします。

コメント欄に個人情報を書き込まないでください。
こちらに書き込みされても受付できません
メール・ハガキ・FAXでお願いいたします。

神戸ファッション美術館
〒658-0032 神戸市東灘区向洋町中2丁目9番地1
Fax:078-858-0058
info@fashionmuseum.or.jp

入場無料(要申込)

神戸ファッション美術館

神戸さんぽ

こんにちは!

先日、古い神戸新聞を見たくて、神戸市立中央図書館に行ってきました。
中央図書館は地下鉄大倉山駅から少し山のほうに上がったところにあります。
駅からでて左側、交番の前を通っても行けますが、右にでて神戸文化ホールのとなりの公園を抜けていくと少し気持ちがいいです。この公園には驚くほど彫刻がたくさんあります。

公園を抜けて横断歩道をわたると中央図書館につきます。

中央図書館の2階には借りることはできないのですが、郷土資料コーナーがあって昔の神戸のことや、神戸の人について、神戸の画家について調べることができます。

神戸ファッション美術館にも3階にライブラリーがあります。
実は神戸に関する図書もたくさんおいてあるので、普段は3階ライブラリーで調べることも多いのですが、お休みを利用して別の図書館にいってみたらなかなか新鮮な気持ちがしました。

でもでも、やっぱり神戸ファッション美術館3階ライブラリーには、世界のファッション誌や、ファッション関連のさまざまな専門図書と、なかなか市立の図書館にはない図書がそろってます。
ぜひ神戸ファッション美術館・神戸ゆかりの美術館の展示にいらした際には足を延ばして3階にも行ってみてはいかがでしょうか。

こまち

  • 2008/11/21 |
  • 12:21 |
  • つぶやき
  • admin |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

紅葉

秋の醍醐味、紅葉がますます美しくなってきましたね

色づいた木々の葉が
六甲アイランドにも彩りをそえています

紅葉は、1日の最低気温が8度以下の日が続くと色づき、
5度以下になると一気に進むといわれています
美しさの3大ポイントは気温・日光・水
なかでも気温の影響力は大きく
「秋の冷え込みが急」で「昼と夜の気温差が大きい」
ほど紅葉は綺麗になります

他にも「夏が暑く日照時間が長い」「夏に充分な雨が降る」
「湿気が少なく乾燥している」
などの条件があげられます
北国や山岳地帯の紅葉が美しいのもこのためですね

六甲ライナーの車窓から見下ろす紅葉も目を
楽しませてくれますが
六甲アイランドの並木道
陽だまりと澄んだ空気の中を歩くのも気持ち良いです

只今
神戸ファッション美術館1階展示室では
特別展示 『いのちのいろどり~自然染織家・伊豆蔵明彦の仕事~』
が開催中です(1月13日(火)まで)

明日から
4階ギャラリーでは
「Las hojas はっぱ」をテーマとした展覧会
『Y・Y・Y わい・わい・わい・愉しく愉しく』
今川昌暘さんの書、岩倉由美さんのデリカビーズ織、吉川二郎さんのスペインの写真
という三人展です

が開催されます(24日(月・祝)まで (最終日15:00まで))

ぜひお越しください

ぱはりーた

神戸ファッション美術館

  • 2008/11/20 |
  • 10:56 |
  • つぶやき
  • admin |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!